株式会社デンソー北海道デンソーホッカイドウ

株式会社デンソー北海道

デンソーグループ/センサ/半導体・電子
業種 半導体・電子部品・その他
自動車/精密機器/輸送機器/機械
本社 北海道
インターンシップ・1day仕事体験の評価50件~60件
  • 総合評価
  • 4.75 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 職場雰囲気の理解 4.81

先輩社員にインタビュー

技術部 生産技術3課
土江 太一郎(31歳)
【出身】函館工業高等専門学校  電気電子工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 圧力センサライン立上、改善
圧力センサラインの立上および稼働・品質の維持、向上業務に携わっています。
私が担当している製品は月に数百万台も生産する弊社の中でも主力製品の一つであり、小さな改善でも目に見えてわかるほど大きな効果を実感できます。
たとえば、設備の生産サイクルを0.1秒短縮するだけで、1日当たり1000台も生産能力がUPします。
そんな小さな改善をコツコツと続けながら、良いラインづくりを目指して業務を進めています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
生産技術の醍醐味「新規生産ライン立上」
圧力センサの増産に伴い、新規ラインの増設を担当することになりました。
その頃私は入社6年目で、別製品を担当していたため、右も左もわからないところからのスタートでした。
既設ラインの問題点や改善内容を現場の方々に聞き込みながら新規ラインの仕様に落とし込み、設備メーカとも何度も打合せをしながら1年後には無事稼働に持ち込むことができました。
初めて担当する製品で、ラインの立上も初めての経験だったため、うまくいかないこともたくさんありましたが、現場の方々と「どうすればいいラインを作れるか」を話し合いながら改良を重ねていきました。その中で育まれてきた現場とのチームワークは今も生かされていますし、今後もさらに強固なものになっていくと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大きな母体と若さが決め手
弊社は2007年に愛知県のデンソーのグループ会社として設立され、2009年に操業を開始しました。
私は2008年に就職活動をしていましたが、その頃はまだ社屋すらなく、社員は全員愛知県のデンソー本社で研修を行っていたそうです。
設立されたばかりの会社のため社員の平均年齢も若く、自分も対等な立場で仕事ができると思ったこと、また「デンソー」という安定した母体があることが大きな決め手となりました。

もう一つ、就活中に何度か本州に行きましたが、北海道出身で暑がりの私にとって、本州の気候に耐えられなかったことも道内の会社に入社する大きな決め手となりました(笑)
 
これまでのキャリア 生産技術課(現職・今月(2020年4月)で11年0か月目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「自分のしたいことは何か」「自分にできることは何か」「目指す将来の姿は何か」
を考えながら自分に合った企業を選んでください。
人生を左右する選択なので、焦らず、慎重に。

株式会社デンソー北海道の先輩社員

品質向上や生産性向上、コストダウン等を検討計画し推進すること!

技術部 生産技術1課
大久保 知貴
室蘭工業大学大学院 機械創造工学系専攻 材料工学コース

自動車用圧力センサの設計業務。仕様検討、設計成立性評価、製品売り込み等

技術部 設計1課
鎌田 恵介
立命館大学 理工学部 電子情報デザイン学科

デンソー北海道の“品質の番人”、それが品質保証部

品質保証部 品質企画課
蛇池 修
北陸先端科学技術大学院大学 材料科学研究科 半導体材料専攻

車載用半導体センサの工程設計

技術部 生産技術3課
木戸 加奈子
岩手大学 工学部 応用分子化学科

生産計画の立案や部品の手配を行います!

製造部 生産管理1課
鈴木 照大
熊本大学大学院 自然科学研究科 機械システム工学専攻

ラインの立ち上げや、生産性の向上、不良の低減など

技術部 生産技術3課
長谷川 明
北海道大学大学院 工学院応用物理学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる