株式会社山全ヤマゼン

株式会社山全

総合建設業/土木工事/建築工事/地すべり対策工事
業種 建設
建設コンサルタント/建築設計/設備・設備工事関連
本社 徳島
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

工務部
山口 聖治(32歳)
【出身】香川大学大学院  工学研究科 安全システム建設工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 工事現場をスムーズに進行するための施工管理業務をしています。
土木工事の施工管理です。まずは発注された図面を基に測量して完成後のイメージを固め、続いて納期から逆算して工事工程を決め、資材や下請け業者の手配を行います。急な天候トラブルなどイレギュラーが発生する可能性もあるため、自分の考え通りに現場を進めるためには入念な事前準備が必要です。
大きな現場になると、管理する人の数が増え、施工時期の調整も複雑になるため、経験と実績が物を言う仕事だといえます。
今メインで関わっている現場では、トンネル補修工事やアンカー工事をしていますが、当社では担当する工種に垣根はありません。さまざまな現場に入って成長できることが技術者としてのメリットといえるでしょう。次に同じような現場に入り、似たようなトラブルに見舞われても臨機応変な対応が可能になるのです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
経験したことのないトラブル。頼れる先輩のアドバイスで切り抜けました。
頼りがいのある先輩たちが仕事の支えであり目標です。土砂災害を防ぐための堰堤(えんてい)工事に携わった際のことは今でもよく覚えています。冬の現場環境は厳しく、外気温がマイナス13度に達することもありました。ある時、材料となるコンクリートが凍結し、作業が進まないというトラブルが発生。当時入社2年目の私にとっては初めての経験だったため、周囲の先輩に同様の経験した人がいないか聞いて回りました。結果、先輩からのアドバイスをもとに、発注者へ代替案を提案。当初の工期内で作業を完了させられる現実的な対応であり、先輩の柔軟な発想に感動しました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 今勢いのある元気な会社。たくさんの現場に関わるチャンスがあります。
小さな頃からモノづくりが好きで、建設に関わる仕事をしたいと考えていました。新卒では公務員として就職しましたが、民間企業と仕事をしているうちに、自分も現場でモノを作る側になりたいという思いがどんどん膨らんでいったのです。山全の噂は当時から聞いており、それほど勢いのある会社なら入社後たくさんの現場を経験できるだろうと考えました。面接で訪問した際には、事務所が綺麗で大きいことに驚き、社長と専務のパワフルさとフランクさに魅力を感じたことを覚えています。
入社前、現場は個人プレイのイメージを持っていましたが、実際に現場に配属されてみると、チームワークを大切にするアットホームな雰囲気。先輩は何でも相談に乗ってくれます。この会社ならモノづくりを楽しみながら安心して仕事ができると確信しました。
 
これまでのキャリア 前職:市役所(土木系3年間)→当社へ転職(今年5年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事が自分に合っているかどうかは、実際に経験してみないと分からないものです。入社前に少しでも会社と仕事内容を知る一番の方法はインターンシップでしょう。時間があるうちに一社でも多くの会社に足を運び、比較してみてください。その際、会社について事前調査したり、先輩社員に何を聞くか決めておいたりすると、より踏み込んだ質問ができるためいっそう会社理解が深まります。とくに先輩社員からは、現場のぶっちゃけ話が聞けるかもしれませんよ。

株式会社山全の先輩社員

工務部部長として、国交省の工事現場管理と後輩育成に力を注ぎます。

工務部 部長
井上 裕史
徳島大学 工学部建設工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる