大建工業株式会社
ダイケンコウギョウ
2023

大建工業株式会社

東証一部上場【住宅・ビル・店舗用建材、産業用資材・エコ素材】
  • 株式公開
業種
住宅
建設/設備・設備工事関連/文具・事務機器・インテリア/建材・エクステリア
本社
東京、大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

住宅用の内装建材分野ではトップクラスのシェアを誇るとともに、著名な建造物やビル・店舗、さらには様々な業界へ資材供給するなど住宅という枠にとらわれない幅広い分野で地球環境と人々の暮らしに貢献しています。事業内容は幅広く活躍できる場も国内から海外まで多岐にわたります。色々なことに挑戦したい方には魅力のある会社です。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

業界屈指の技術力・開発力に培われた信頼のメーカーで夢を実現!

住宅用の内装建材分野でトップクラスのシェアを誇る、創立70周年のメーカー=DAIKEN。住宅分野だけでなく、著名な建造物・ビル・店舗の資材供給や工事・施工管理まで幅広く活躍しているDAIKEN。環境に配慮した素材開発を強みとして様々な業界へ産業用資材を供給しているDAIKEN。業界にとらわれない幅広い分野で「環境」を基盤に「ものづくり」を展開しているメーカー=DAIKEN。事業フィールドは広く、活躍の場も国内から海外まで多岐にわたるDAIKEN。社員が活き活きと活躍し輝ける魅力的な会社がDAIKENです。業界屈指の技術力・開発力で新たな需要創造に取組み続けている“DAIKEN”であなたの夢を実現してみませんか?

戦略・ビジョン

製品と技術力を武器に世界へ!国家的プロジェクトにも着手!

DAIKENグループでは、素材の生産からエンジニアリング分野まで多岐にわたって海外事業を展開しています。日本からは、東南アジア諸国を中心に世界各国に建材を輸出。また、東南アジアを中心に計画的に植林された木を使った合板やフロアー、収納などを輸入しています。さらに、マレーシアやニュージーランドの自社工場で生産したエコ素材を東南アジアや中国などに輸出すると共に、中国の自社工場で生産したドアや収納などを現地販売するなど、環境の変化に合わせて常に新しい分野にチャレンジし、事業フィールドを拡大しています。エンジニアリング事業では都市づくりにも積極的に参加し、国家プロジェクトにも参画する程の実績を重ねています。

技術力・開発力

新たな需要創造と資源循環型社会の構築に取り組んでいます

DAIKENは、地球にやさしく、人にやさしい、モノづくりを追求し続け、快適で良質な住まいづくりに貢献しています。たとえば、国産材の魅力・価値の普及を推進し、農林水産省が取り組んでいる「木づかい運動」において感謝状を受章しました。最近では富山県産スギ材を活用した不燃アルミ壁材が、北陸新幹線・富山駅の内装壁面へ採用され、地産地消モデルを実現し、地域の復興にも貢献しています。当社は、業界屈指の技術力・開発力で新たな需要創造に取組むとともに、地球の未来を見据え、資源循環型社会の実現のために積極的に活動しています。

会社データ

事業内容 ■一般住宅用内装建材
・住宅の床・壁・天井など建築材料の開発・製造・販売
・住宅設備機器(収納、室内ドア、床暖房など)の開発・製造・販売
・防音音響製品等の開発・製造・販売
・ショールームでの住宅用建築材料の提案

■集合住宅・中高層ビル・店舗・公共施設用建材
・各建物向けの建材・工事部材の開発・製造・販売

■エコ素材・産業用資材
・素材の用途開発、新規事業の企画
・産業用・工業用資材の企画・開発・製造・販売
・リテール商品の企画・製造・販売

■海外
・繊維板の開発・製造・販売(輸出)
・エンジニアリング等の輸出
・木材製品の貿易および国内販売
設立 1945(昭和20)年9月26日
資本金 153億円
従業員数 (連結)3,807名 (2020年3月31日時点)
売上高 2024憶8100万(2020年3月期)
代表者 代表取締役社長 億田 正則
事業所 ■主要な営業所
札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡 他 国内各地
シンガポール、インドネシア

■ショールーム
札幌、仙台、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡

■生産工場
富山県、岡山県、茨城県、三重県、
アメリカ、カナダ、中国、ニュージーランド、マレーシア、インドネシア
沿革 1945(昭和20)年 大建産業(株)林業部の全事業を継承し、大建木材工業(株)として発足。
1958(昭和33)年 木質繊維板(A級インシュレーションボード)の生産を目的とした岡山工場(現日本ダイケンプロダクツ)を建設。商品名「ダイケンボード」
1964(昭和39)年 製鉄時の副産物であるロックウールを活用した不燃天井材「ダイロートン」を生産開始。
1970(昭和45)年 木材を樹脂により硬化するWPC技術を開発。
1971(昭和46)年 東京証券取引所第一部へ上場。
1973(昭和48)年 ドアのファッション化を推進、モダンデザインの業界水準を創造。
1996(平成 8)年 岡山にダイライト工場を建設。機械すき和紙を使用したメンテナンス性に優れた「畳おもて」の精算開始。
2000(平成12)年 TOTO(株)と包括的業務提携。富山工場を富山大建工業(株)に分社。
2002(平成14)年 TOTO、YKKAPとリモデル分野で提携。
2010(平成22)年 TOTO・DAIKEN・YKK AP3社協同運営による「TDY大阪コラボーレーション ショールーム」を梅田にオープン。パナソニック電工(株)との生産・調達面で業務提携。
2016(平成28)年 公共・商業建築分野に向けた「秋葉原テクニカルスペース」オープン。
2018(平成30)年 ニュージーランドのMDF製造会社・ドンファ・ニュージーランド社を子会社化、新社名をダイケンサウスランド社とする。研究開発拠点「DAIKEN R&Dセンター」を開設
2019(令和元)年 日南町森林組合、(株)オロチ、越井木材工業(株)との4社合弁でLVL用単板の加工会社 日南大建(株)を設立。リフォーム事業を展開する(株)リフォームキュー、無垢・厚単板フローリングの製造、販売、工事を手掛ける(株)テーオーフローリングを子会社。
株主 伊藤忠商事(株)/(株)三井住友銀行/住友生命保険(相)/大建工業取引先持株会/三井住友信託銀行(株)/住友林業(株)/丸紅(株)/日本マスタートラスト信託銀行(株)信託口/日本トラスティ・サービス信託銀行(株)信託口
関連会社 ■国内
ダイケンホーム&サービス(株)、ダイケンエンジニアリング(株)他

■海外
大建工業有限公司(中国)、大建アメニティ上海商貿有限公司(中国)ダイケンミリ(マレーシア)、ダイケンサラワク(マレーシア)、ダイケンニュージーランド、ダイケンダルマインドネシア、CIPA Lumber Co. Ltd.(カナダ ブリティッシュコロンビア州)、PACIFIC WOODTECH CORPORATION(米国 ワシントン州)他
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)