税理士法人 久保田会計事務所クボタカイケイジムショ
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
本社 京都

先輩社員にインタビュー

経営財務部
K・H
【年収】非公開
これが私の仕事 経営者との密な対話から経営課題の解決策が見えてくる。
この仕事はお客様の経営に寄り添う存在です。その人が何を大切にしていて、何を守りたいのか。この商売を続けたいのか、事業を子供に引き継ぎたいのか。人によって違うからこそ、お客様それぞれにあったコンサルティングを行うことが大切です。業務としては大きく二つに分かれます。お客様の経理・税務申告をサポートする業務と経営に関する相談を受ける業務です。最近ではお客様と直接お会いしコミュニケーションを取る比重が増えていますね。今後どんな商売をしていくのがいいかといった相談を受けたり、経営を良くするならこの分野を伸ばしたほうがいいといった提案です。正解があるわけではないので、税理士としての数字や経験をもとに、企業の経営課題を探りながらアドバイスをしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
人に頼られ、自分が頑張ることでそれに応えられる。
この仕事のやりがいは、人に頼りにされること。そして自分が頑張ることで、期待に応えられることです。入所一年目の時の話ですが、先輩が担当するお客様から消費税に関するお問い合わせが入ってきたことがあり、先輩に聞かずに直接回答したことが印象に残っています。そのお客様はゆくゆくは引き継ぐ予定で、前任の先輩担当者と一緒に業務にあたっていたのですが、この時ははじめて直接質問をいただいたのです。それ以降、経理の担当者からだけでなく社長からも直接連絡をいただけるようになりました。このお客様は今でも担当させていただいており、非常に良好な関係性ができています。キャリアは浅くとも、努力さえすればお客様から信頼してもらえる。あの時の対応で付いた自信が、その後の自分の成長に大きく影響していると感じますね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き どこよりも「人を大切にする」事務所であると感じました。
就職活動をしていた時、いろいろな企業の会社説明会に行きましたが、その会社で働いている自分がイメージできずにいました。何をするかイメージもつかず、何がしたくて就職するのかもわからない。 ただ何となく理由をつけて、普通の就職活動を続けている中で、見えてきたのは自分のがんばりがダイレクトに仕事につながることをしたい、人に直接頼られる仕事がしたいという想い。ちょうどその時、税理士志望の友人の話を聞いて、自分も税理士になることを決めました。久保田会計事務所を選んだ理由は、会社の歴史や実績はもちろんですが、教育体制がしっかりしていたこと。経験者優遇で採用する事務所が多い中、当時は未経験者しか採用しないというスタンスだったんですね。ここであればじっくりと税理士としてのキャリアを築けると思えたのです。
 
これまでのキャリア 財務事業部

この仕事のポイント

職種系統 財務・会計・経理
仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動をしていると、まわりに流されることも多いと思います。しかし、それでは自分に本当に合った仕事をすることはできません。入社してから違うと感じても手遅れです。辞めるにしても、転職するにしても、相当の労力を必要とするでしょう。そうならないためにも最初にじっくりと企業研究をして、自分がワクワクできる会社、自分の能力が活かせる会社を探すことが大切です。最初は全く興味がなかったとしても、調べるうちに興味を持つことはいくらでもあります。

税理士法人 久保田会計事務所の先輩社員

常に念頭に置いているのは企業を発展させ、社会に貢献する提案であること。

経営財務部
T・M
工学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる