ANEOS株式会社
アネオス
2023
業種
精密機器
総合電機(電気・電子機器)/機械
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【プレエントリー・説明会予約受付中!!】
私たちは、気象観測機器や関連ネットワークシステムなどを製造販売している会社です。(株)日本エレクトリック・インスルメントと(株)小笠原計器製作所が合併し、2019年に誕生しました。開発、製造、システム設計、施工、保守をワンストップで提供。「世界最高水準の品質×先進技術によるソリューション提案力」で、お客さまの「気象観測ソリューション・パートナー」を目指します。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

“自然”と“人”を連結する、気象観測のリーディングカンパニー

気象庁の「アメダス」などを支える気象観測機器を製造販売する当社。気象観測機器メーカーとして日本トップシェアを誇り、安定した事業を展開しています。前身は、1886年の創業から130年以上にわたり業界をリードしてきた小笠原計器製作所と、先端技術に強い日本エレクトリック・インスルメンント。この2社のDNAを受け継ぎ、社会貢献度の高い製品を世に送り出しています。気象観測のIT化にも先陣を切って取り組み、情報のスピーディーな共有・分析・処理に貢献。また、情報通信機器の心臓部である各種電源機器、船の安全航行を支える舶用旋回窓・ワイパーなども手がけ、ダイナミックなモノづくりの醍醐味を味わえる環境です。

仕事内容

市場価値の高い商品を極める

取引先に、気象庁、防衛省、国土交通省、農林水産省といった官公庁をはじめ、各種研究機関、JR各社などインフラ企業などを持つ当社。気象観測機器メーカーとして、設計・開発から製造までを一貫して行っています。「気象観測機器メーカー」と聞くと、イメージが付きにくいかもしれませんが、実はあなたの生活の身近なとことで役立っています。製品は、全国のダム・川・山・空港・高速道路などで人々の生活に大いに貢献しています。当社なら、市場価値が高く、世の中に貢献できる人材を目指すことができますよ。

会社データ

事業内容 風向風速計、各種気象観測機器・データ処理システム、ネットワークシステム、船舶用旋回窓/電動ワイパー、スイッチング電源などの製造販売
設立 1965/9/9
資本金 1000万円
従業員数 180名(2019年度)
売上高 44億円(2020年7月実績)
代表者 代表取締役会長 野澤侑司、代表取締役社長 野澤裕
事業所 【本社工場】
東京都目黒区中央町1-5-12

【横浜工場】
神奈川県横浜市戸塚区平戸3-56-21

【営業拠点】
渋谷営業所、横浜事業所、春日部事業所、茨城事業所、東北営業所、関西営業所、九州営業所
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)