愛知みなみ農業協同組合アイチミナミ

愛知みなみ農業協同組合

JA愛知みなみ/JAグループ/農業/農協
業種 団体・連合会
農林/商社(食料品)/信用金庫・信用組合・労働金庫/共済
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

営農資材部 営農指導課
井本 樹希(25歳)
【出身】東京農業大学  農学部 農学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 農家の生産・栽培をサポート
営農指導課の中でも、野菜や花の種類によって担当が分かれていて、私の担当は「輪菊」です。
具体的な仕事内容としては、各農家の育成状況や病害虫の発生状況を把握することと、定期的な情報発信になります。各農家には蓄積されたノウハウがありますが、それらの情報交換を行ったり、新しい農薬や技術などを紹介するのがJAの役目。JAでは栽培技術向上のための栽培試験や新品種の試験栽培を行ったり、新資材の導入・普及に向けた各種試験なども担っています。
私自身は農学部の出身ですが、同期の中にはまったく別の学部出身で営農指導課に配属された人もいるなど、専門的な知識は入職してから身に付けることができる環境があります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
生産者から頼りにしてもらえた
生産者の方からJAには、「害虫が多い」や「作物が腐ってしまう」といった相談が寄せられます。実際に畑にお伺いして、過去の経験や自分の知識からアドバイスをしながら、一緒に問題の解決を目指します。例えば、今年は菊が生産途中で腐ってしまうケースが多く、その原因の究明と対策を考えて提案しました。無事に問題が解決すると「ありがとう」「助かった」という声をいただくことができ、この仕事の喜びややりがい、楽しさを感じます。これからの目標は、先輩たちのようにもっと生産者から頼られる担当者になることです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 子どもの頃から身近な存在だった
実家が農家をしていることもあり、子どもの頃からよく出荷場に行く機会がありました。今でも出荷場に行くと、「井本さんのところの息子さんだよね」「大きくなったね」と声を掛けてもらうことがあり、地域に密着した仕事ならではの深いつながりを感じます。学生時代は関東で一人暮らしをしていましたが、人は多くても、こういった温かい人と人とのつながりを感じることはありませんでした。そんな地元で、今度は自分が次の世代に向けて農業の魅力を伝え、地域の発展に貢献したいと考えたことが、就職の決め手になりました。
 
これまでのキャリア 営農指導(現職・3年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 業界やその道で有名な人とのコネクションができる仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、自分のことを見つめ直すいい機会だと思います。自分の性格や目指す将来像など、まずは自分をよく理解することが大切です。そうすることで、自分に合った道が見つかります。例えば私の場合は、「農業に携わる仕事がしたい」という漠然とした考えから、「地元で働きたい」「人のつながりの中で働きたい」と絞り込んでいくことができました。また、友人が先に内定をもらうと焦ることもあるかと思いますが、自分に自信を持って、後悔のない道を選んでください。

愛知みなみ農業協同組合の先輩社員

金融機関として、お客さまにお得な情報を提供する

金融部 金融課
小川 巧
南山大学 経営学部経営学科

一つひとつ丁寧な説明を心掛けています

金融部 田原支店
河合 那奈
日本福祉大学 国際福祉開発学部 国際福祉開発学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる