愛知みなみ農業協同組合アイチミナミ

愛知みなみ農業協同組合

JA愛知みなみ/JAグループ/農業/農協
業種 団体・連合会
農林/商社(食料品)/信用金庫・信用組合・労働金庫/共済
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

金融部 金融課
小川 巧(25歳)
【出身】南山大学  経営学部経営学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 金融機関として、お客さまにお得な情報を提供する
金融部というのは、いわゆる“銀行業務”を担当している部署です。
1年目は、支店の渉外(営業)として、お客さまのご自宅などを訪問。お客さまのニーズに合った商品を案内したり、自動車ローンなどの融資のご相談に乗っていました。
2年目になり本部に異動してからは、本部から各支店の渉外担当者の活動をサポートしています。具体的には、支店から来る融資案件の取りまとめをしたり、県や市への各種申請書類の作成などになります。直接、お客さまと接する機会はなくなりましたが、支店と本部をつなぐ大切な役割に、責任とやりがいを感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客さまとの信頼関係を築くことができた
JAは、地域に密着した活動を行っている組織ですので、渉外でご自宅を訪問しても、温かく迎え入れてくれます。ただ、実績を上げられるかは別の話で、私も入組してすぐの頃は苦労しました。それでも先輩にコツを聞いたり、自分でやり方を工夫しながら、お客さまと仲良くなることができると、次第に結果もついてくるようになり嬉しかったです。
また、お客さまのニーズに合った少しでもお得な商品を提案することができたときに、「教えてくれてありがとう」などと、喜んでいただけたのもよかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元で馴染みのある仕事に就くことができた
田原市の出身で、実家もキャベツやミニトマトの農家をしています。大学で一度名古屋に出ましたが、地元を離れたことでより「社会人になったら地元に貢献したい」という気持ちが強くなりました。最初は業界を絞らずに就職活動をする中で、「やはり地元で働くなら馴染みのある農業系の仕事がいい」と考えるようになりました。いくつかの候補がある中でも、JAは実家にいた頃から馴染みの組織でもあったため、安心してお世話になることを決めました。
 
これまでのキャリア 支店渉外担当(1年) → 本部業務(現職・2年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(個人向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

まずは業種・職種を絞らないで、視野を広げてたくさんの企業を見ることが大切です。選択肢を増やすことが、悔いのない就職活動につながります。また、説明会だけでは会社の中身まで知ることはできません。インターンシップや会社見学などの機会があれば、ぜひ参加して、先輩社員の方と交流してみてください。それが入社後のギャップもなくすことになります。羞恥心や面倒だと思う気持ちは捨てて、「迷ったらやる!」を選ぶのがいいですよ。

愛知みなみ農業協同組合の先輩社員

農家の生産・栽培をサポート

営農資材部 営農指導課
井本 樹希
東京農業大学 農学部 農学科

一つひとつ丁寧な説明を心掛けています

金融部 田原支店
河合 那奈
日本福祉大学 国際福祉開発学部 国際福祉開発学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる