飯塚ゴム工業株式会社
イイヅカゴムコウギョウ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

飯塚ゴム工業株式会社

コンベヤ部品・伝導品販売、ベルトエンドレス加工、樹脂加工
  • 正社員
業種
その他商社
輸送機器/機械設計
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

飯塚ゴム工業株式会社は1952年に創業。当初は、主にコンベヤベルトをつなげるエンドレス加工を行っていました。その後、取引先からの厚い支持と、仕入先からの支援によって、着実に事業を拡大。現在は『ゴムの総合商社』として、工業用ゴム製品・プラスチック製品と伝導機器の販売事業を展開しています。また、創業当初からのコンベヤベルトエンドレス加工をはじめとする各種工事も行っています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

「コンベヤベルトの老舗」として、未来の技術を担う総合商社

飯塚ゴム工業の歴史は、創業者の西川隆士がコンベヤベルトとキャプタイヤーケーブルの修理加工業を行ったことにはじまります。1950年代の日本は石炭業がさかんで、採掘した石炭をコンベヤで運搬しており、当社の創業者はその修理を担っていました。高度経済成長期に入ると、新工場を設置し、本格的な機械工事に着手。その後、名古屋や大阪、滋賀に拠点を拡大し、各所に工場を新設して、プラスチック加工などの新事業もスタートしました。現在は4つの事業所・工場を擁する総合商社へと成長。コンベヤ・伝導機器関連部品や工業用プラスチック・ゴム製品、建設資材を取り扱い、ベルトコンベヤのエンドレス加工などの各種工事も行っています。

技術力・開発力

飯塚ゴム工業の原点「エンドレス加工」をはじめ、高い技術を提供

みなさんは「コンベヤ」をご存じでしょうか。モノを一方向に一定の速さで運搬する装置で、工場見学などで見たことがある方もいると思います。コンベヤには通常、ゴムベルトが使われています。コンベヤをまわすためには、ベルトの端々をつないでリング状にする必要があり、この技術を「エンドレス加工」といいます。当社では創業当初よりエンドレス加工を行っており、技術力の高さに定評があります。ベルトに不具合が生じたときは、お客さまのもとへと技術者が駆け付け、迅速に設備復旧を行います。ほかにも、プラスチック加工や搬送ローラー加工にも対応。信頼のおけるメーカーから素材を仕入れ、先鋭設備を導入した工場で加工を行っています。

事業・商品の特徴

コンベヤ関連・各種製品を取り扱い、モノづくりの現場を支える

長年にわたり、モノづくりにたずさわってきた当社では、その強みを活かして、商材の提案を行っています。主に取り扱っているのは、コンベヤ関連の運搬用ゴムベルトと、減速機や歯車などの伝導用品。ほかにも、シートやパッキンなどの工業用プラスチック・ゴム製品、ゴム製・樹脂製のホース各種、土木建設用資材など、幅広い製品群を提供しています。現場のニーズを熟知しているからこそ、的確な製品提案を行うことができ、取引先から厚い信頼を寄せられています。私たちが目指すのは、商材提供と技術提供の両面から、モノづくりの現場を支えること。これからも、取引先の頼れるパートナーとして、社会と産業に貢献したいと考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

営業職として、取引先企業に機械部品の販売や修理工事の提案を行います。主要取引先は倉庫メーカーや運搬関連設備メーカーなど。アポイントを取り、取引先を訪問し、ニーズをヒヤリングして商談を進めます。契約手続きも行い、納品後はアフターフォローにも対応。お客さまとのやりとりを通じて、信頼関係を築きます。はじめは先輩社員に同行して、仕事の進め方やコツなどを覚え、慣れてきたらひとりで数社の取引先を担当します。

会社データ

事業内容 ■コンベヤベルト修理加工販売
■運搬用樹脂ベルト加工販売
■ベルトエンドレス工事
■ベルト表面裏面に各種桟付加工
■ゴム板 各種パッキン
■ローラーゴムライニング
■収縮チューブ加工
■工業用プラスチック製品加工
設立 1962年5月(創業1952年)
資本金 1,600万円
従業員数 80名(2021年10月現在)
売上高 21億5千800万円
2021年5月実績
代表者 代表取締役会長 西川 正隆
代表取締役社長 西川 隆之
事業所 本社・飯塚工場/福岡県飯塚市鯰田2391
名古屋支店・名古屋工場/愛知県小牧市間々原新田今池17-1
大阪営業所・大阪工場/大阪府摂津市鳥飼野々3-34-7
滋賀営業所/滋賀県蒲生郡日野町いせの209
主要取引先 株式会社ダイフク、株式会社マキテック、三ツ星ベルト販賣株式会社、株式会社トキワ、伊藤伝動工業株式会社、大矢伝動精機株式会社、東洋ゴム工業株式会社、横浜ゴムMBジャパン株式会社、中部ゴム株式会社、ナニワ産業株式会社
沿革 1952年 福岡県嘉穂郡穂波町平垣・三菱鉱業株式会社飯塚鉱業所内において、西川隆士がコンベヤベルト及びキャプタイヤ―ケーブルの修理加工業を始める
1955年 三ツ星ベルト株式会社サービスステーションの指定を受ける
1961年 飯塚市大字鯰田2391(現在地)に新工場を設立し、本格的工場修理を始める
1962年 飯田ゴム工業株式会社に改組(資本金100万円)
1964年 名古屋営業所(愛知県小牧市大字小牧字大輪3173)開設
1965年 大阪営業所(大阪府高槻市桜ケ丘北町3―11)開設
1967年 資本金400万円に増資、日本社工場の増築工場、設備拡充完成
1968年 資本金1,000万円に増資
1969年 名古屋工場新設、工場修理を始める
1972年 福岡工場新設、工場修理を始める
1973年 資本金1,600万円に増資
1974年 二代目社長に西川正隆が就任
1980年 愛知県小牧市間々原新田今池17-1に名古屋工場を移転・新設
1985年 名古屋工場でプラスチック加工を始める
1987年 大阪府摂津市鳥飼野々3―34-4に大阪工場新設、工場エンドレス作業開始
1989年 飯塚工場でプラスチック加工開始
1990年 飯塚工場に樹脂ベルト加工設備設置
1993年 本社社屋改築工事完成
1996年 愛知県小牧市間々原新田今池129-1にゴム加工専門工場新設
1999年 三代目社長に西川和佐が就任
2003年 四代目社長に手嶋清が就任
2004年 本社にプラスチック加工工場を増築、樹脂ベルト加工工場を増設、プラスチック工場新設
2014年 本社駐車場に資材置き場拡張
2015年 五代目社長に西川隆之が就任
会社HP http://iizukagomu.co.jp/

連絡先

〒820-0001 福岡県飯塚市鯰田2391
飯田ゴム工業株式会社 採用担当
TEL: 0948-22-2557
E-MAIL: nishikawa@iizukagomu..co.jp
掲載開始:2022/01/31

飯塚ゴム工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

飯塚ゴム工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2023における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)