株式会社三井開発 住宅事業部ミツイカイハツ 

株式会社三井開発 住宅事業部

住宅/建築/施工管理/設計住宅
業種 住宅
建設/設備・設備工事関連/機械/建材・エクステリア
本社 広島

先輩社員にインタビュー

住宅事業部 工務
S.I(26歳)
【出身】岡山理科大学  工学部建築学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 設計+施工管理…現場を知らなければいい図面は描けない
営業からの依頼を受けて、建築の段取りに取り掛かります。まず図面や資料を揃える。規格住宅の場合は調整が主ですが、フルオーダーの場合はイチからの設計です。イメージしているものが実際に建てられるか、理想と現実の折り合いをつけていく。設計者としての醍醐味ですね。並行して施工日程を組み、協力会社を手配します。そして工事が始まったら、適宜、現場で作業内容や進捗を確認。職人さんとも打ち合わせを重ねながら、完成までを指揮していく…。私の仕事の流れを紹介するとこんな感じです。
私はもともとデザイン住宅の設計がやりたくて当社を選びましたが、現場を知らないといい図面は描けません。その点、当社はオールマイティに何でもやることができますから、設計者として成長するには恵まれた環境だと思いますね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ミリ単位で描いた複雑な手すりの図面。仕上がってピタリとハマった時には…
以前、複雑な形状の手すりを設計したことがあって。フルオーダーの注文住宅でしたが、お客様のご希望で階段と吹き抜けが一体となったデザインを仕上げて、そこに手すりを配した。階段を斜めに上がって、上がった先で吹き抜けをぐるっと一周する…そんな複雑な図面をミリ単位で描いて、鉄工所に特注でお願いしたんです。それが仕上がってきて現場で取り付けた時に、寸分の狂いもなくピタッと収まった時には気持ちよかったなぁ。
やっぱりイチから設計してつくるのは面白いですね。これだ!というデザインを保ちつつ、実際に建てるにはどうすればいいか?スケッチブックに鉛筆を走らせながらああでもないこうでもないと考えてる時が至福の時です。建てる家に一番夢を描かれているのはお客様でしょうけど、つくる側も夢を抱いてつくってますからね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き こんな家を建てられるようになりたい!321ハウスの家を見てそう思った
デザイン住宅の設計をしたいという思いが最初にあって。それができるところということで就活を進めたんです。まず、考えたのが大手か中小か?で、その時の私には、大手は確かに入社後のレールはきちんと敷かれているけれど、逆に敷かれたレール以外のことはできないような気がした。それで中小の建築会社に的を絞って、さらにいろんな会社を検討しました。そんな中で「321ハウスの家」をホームページで見つけた時に、他の会社の家とはまったく違う雰囲気を感じたんです。単純に「こんな家を建てられるような技術を身に付けたい」と思った。それが当社を選んだ理由です。
当社は新規事業として住宅建築を始めて8年ほどで、従業員数もまだ5名(住宅事業部のみ)。事業や組織、いろんなことが固まっていない。それがかえっていいんだと思っています。
 
これまでのキャリア 工務(入社以来、5年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

何をやりたいかって難しいですよね。私もそうでした。
建築をしたいんだけど、「何の?」というのが漠然としていた。
そこで二者択一で絞っていきました。
大きい建物と身近な住宅…そう考えると住宅のほうが魅力的だった。
住宅やるならカッコいいほうがいい。だったらデザイン住宅か…と、絞られていったんです。
絞れた後は、いろんな会社を見に行って、実際に比較検討。
そうやって、私は納得できる就活ができました。
大切なのはやる気と行動力、ですかね。

株式会社三井開発 住宅事業部の先輩社員

営業…お客様と一緒に、お客様の望む家づくりをサポートするのが仕事です

住宅事業部
K.Shimono
広島国際学院大学 工学部電気工学科

事業責任者として、次のステップへの舵取りが当面のテーマ

住宅事業部 統括
S.Segawa

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる