ヒルタ工業株式会社ヒルタコウギョウ
業種 自動車
設備・設備工事関連/機械/輸送機器/重電・産業用電気機器
本社 岡山

先輩社員にインタビュー

開発部 開発課
樋口 哲也(28歳)
【出身】大分大学  工学部 機械・エネルギーシステム工学科 卒
【年収】400万円位
これが私の仕事 大手自動車メーカー向けサスペンション部品の開発/設計を行っています!
開発課に所属し、大手自動車メーカー/トラックメーカー向けにサスペンション部品の開発、設計を行っています。
サスペンション部品は足回り部品なので自動車部品の中でも目につきにくいですが、不具合があれば人命に関わる、自動車を支える大変重要な部品です。
仕事内容は、お客様から設計の大まかな条件を受け取り、ヒルタ工業として更に良い案を考案し、図面に織り込んで製品設計をすることです。近年は自動車メーカーの予想を超える形状提案/製品設計をすることが当社の強みとなっています。サスペンション部品は破損すると人命に関わるものが多いので、部品形状を工夫して強いものを設計しなければなりませんが、コストとのバランスも考えなければなりません。そこで、CADや解析ソフトを用いて、最適設計を行っていきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が設計したものが形となり、街を走っているときの達成感!
設計業務は自分の考える形状を自由に作ることができると考えていましたが、車両レイアウトやコスト面を考慮すると、意外と制約が多いことに気づかされました。
それらに気を配りながら、強度を満足する部品を検討するとなると、行き詰まることが多々あります。また、納期もある為、限られた時間の中で答えを出す必要もあります。
調整を行いながらの設計は周りの先輩方の手を借りて図面を作成することもありますが、自分が設計した部品が実際に形になったときにはとても嬉しいですし、これまでにない達成感を味わうことができました。
開発は自分の手でものをつくる仕事ではありませんが、ものづくりに関わっているという意識は変わりません。
自分の仕事が街を走る自動車に直結するので、非常にやりがいのある仕事だと思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 設計から製造まで一貫生産している会社!
私は自動車が好きだったので、自動車部品の設計業務に就きたいと考えていました。
ヒルタ工業は若い人も設計ソフト、解析ソフトを用い、積極的に設計業務をさせてもらえます。また、一貫生産をしていることで、設計だけの視点でだけでなく、ものづくり現場の視点からも
物事を見ることができます。パソコンの中だけで作業をしていると、現場に目を向けることを忘れてしまいがちです。そういったことを防ぐ為にも一貫生産はとても意味のあるものだと感じて
います。
実際に就職してみて、職場環境に関しては入社前に思っていたよりも、もっと上司や先輩にも相談をしやすい環境が整っており、仕事がしやすい会社だと思いました。
 
これまでのキャリア 新入社員研修(2ヶ月)→製造現場研修(4ヶ月)→開発課(現職:今年で5年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動で一番重要なことは、「自分に合った会社かどうか」を見極めることだと思います。企業は世の中に星の数ほどありますが本当に自分にあった会社を見つけることはとても大変だと思います。私は会社説明会だけでなく、機会があれば工場見学をするべきだと思います。そこで働くイメージがとても湧いてきます。また、会社説明会での先輩社員との座談会や質問コーナーは時々本音が出てくるのでとても参考になると思います。悔いの無いように積極的な活動をして下さい。

ヒルタ工業株式会社の先輩社員

ヒルタ工業の窓口となり国内と海外をつなぐことが私の仕事です。

海外業務部
岡部  洋平
山口大学 工学部 循環環境工学科

受注業務および生産管理システムの運用を行います!

生産管理部 生産管理課
山村 修司
愛媛大学 工学部 情報工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる