アイ・シー・エンジニアリング株式会社アイ・シー・エンジニアリング

アイ・シー・エンジニアリング株式会社

(自動車プラントエンジニアリング)
業種 自動車
プラント・エンジニアリング/機械/建設/その他製造
本社 神奈川
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

パワートレイン技術第2部
渡邊 翔
【出身】横浜国立大学大学院  工学府 システム統合工学専攻 卒
【年収】非公開
人を巻き込むコーディネーター
これが私の仕事 より良い生産工程、生産ラインを検討し、お客様へ提案、遂行する仕事
私が所属するパワートレイン技術第2部/加工技術グループはエンジン、あるいはアクスル部品の加工ラインに関する工程設計、改善、新設ライン導入、移設、モデルチェンジ対応等、多岐に渡る仕事を行っております。
自社としての工場はありませんが、お客様の生産ラインに手を加えたり、時には新設ラインを導入したり、お客様の生産技術部門の中で業務をすることもあります。
お客様の目は社員に対するものよりも当然厳しく、時には厳しい叱咤激励を受けることもありますが、それを乗り越えて業務を遂行した時の達成感は何とも言えません。
国内だけでなく海外のお客様を相手にすることも多いのでコミュニケーションは非常に苦労しますが、普通の生活の中ではなかなか出来ない経験が出来ることも魅力の1つだと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
うまく行かない時でも頑張る姿勢を続けていればお客様に認めてもらえる。
ある国内のお客様の工場で新設ラインの据付、立上げ業務を行った時のことですが、予算/納期共に非常に厳しく、いざ現地で据付てみたらもぐらたたき的に不具合が発生してしまいました。
生産計画に対して毎日ぎりぎりのアウトプットを出すことしかできず多大な迷惑をかけてしまいましたが、死に物狂いで不具合を潰し込み、何とか生産を軌道に乗せることが出来ました。
引揚げの際には送別会を開いて頂き、また何かあったら是非お願いしたい、という一言を頂いたとき、必死に頑張って良かったと感じました。
努力は報われる、という諺は嘘では無かったと実感したプロジェクトでした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大きな会社ではない。
従業員100名弱と大きな会社ではありませんが、その分風通しが良く、自分のやりたいことや意見が比較的通りやすい体制であると感じます。
人数が少ない分、一人ひとりの業務負荷が高くなることもありますが、反面、多様な経験が積めます。
上司に相談しやすい環境にあることも、大きな会社ではなかなか無いことではないかと思います。
繁忙期(特に据付工事期間中)はとても忙しいですが、そこさえ乗り切れば比較的休みが取りやすいことも強調しておきたいです。
 
これまでのキャリア パワートレイン技術第2部 技術職
海外業務経験 : アメリカ、タイ、インドネシア

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

初めから何でも出来る人はいません。勉強も就職活動も仕事も同じだと思います。
失敗しても恥をかいても、それが次への糧となるはずです。
喰わず嫌いをせず、何事にも興味を持って、就職活動を楽しんで下さい。

アイ・シー・エンジニアリング株式会社の先輩社員

お客様の要望を形にする仕事

パワートレイン技術第1部
清水 雅也
横浜国立大学 工学部生産工学科
[指向タイプ]堅実なサポート役

お客様のニーズにあった効率的な自動車生産ラインを提案する仕事です。

車両技術部 車体技術グループ
角町 幸一
東京工業大学 工学部 土木工学科
[指向タイプ]わが道を行くパイオニア

より良い自動車工場のために、なんでもやります。

車両技術部 組立技術グループ
守谷 真呂
足利工業大学大学院 機械工学専攻
[指向タイプ]冷静なエキスパート

「クルマをつくる工場」をつくる仕事です。

車両技術部 組立技術グループ
大滝武彦
北見工業大学大学院 博士前期課程 機械システム工学専攻
[指向タイプ]活動的なイノベーター

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる