日本ライフライン株式会社ニホンライフライン

日本ライフライン株式会社

東証一部上場/心臓ペースメーカー/カテーテル/人工血管他
  • 株式公開
業種 医療機器
商社(医療機器)/商社(機械)/精密機器/医薬品
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

開発一部
W・T
【出身】工学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 不整脈治療・検査用カテーテルの開発。
心房細動等の不整脈に対する治療・検査用カテーテルの開発を担当しています。
担当内容は、上市までに数年を要する新製品の開発や、半年程度を要する既存製品の改良等多岐にわたります。
カテーテル開発では、求められる長さ・太さのチューブの中に、どのように機能実現のためのネタを盛り込んでいくかがカギとなります。患者様へのダメージを低減すること、ドクターが思い通りに扱えること等、ニーズを反映するための機能とそれを実現するための構造とのせめぎ合いになります。この求められる機能とそれを実現するための構造との最適化が設計開発の難しいところであり、且つ、醍醐味でもあると感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
初めて担当した製品が医療現場のドクターの下へ。
日本ライフラインの開発職は、ある方向性の定まったテーマに対して自分なりのアプローチでその実現を目指し進めていくことができ、設計・開発から量産まで一連の流れに携わることができます。
入社後間もなく、私は新製品の開発担当を任されました。製品のかたちは既に定まってはいたのですが、それをどのように量産へ、そして製品化へと繋げていくかがポイントでした。右も左も分からず四苦八苦していた私を周囲の先輩方が手助けしてくださり、なんとか製品化に結び付けることができました。現場のドクターからは、製品化を待ち望んでいる声をいただいていたこともあり、それに応えることができたときは喜びもひとしおでした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 機能の凝縮されたカテーテルの開発を国内で。
モノづくりが大好きで、幼い頃から医療系に関心のあった私は、医療機器を自分の手で生み出してみたい!という夢がありました。大学時代に病院見学の機会があり、そこで院内は多種多様な医療機器メーカーの製品で溢れていることを知りました。
そんな中出会ったのが日本ライフラインの扱うカテーテルです。開胸をせず、低侵襲で不整脈治療を行う機能の凝縮された細長い医療機器に目を奪われました。外資系の企業が多い中、日本ライフラインは国内でカテーテルの開発を行っており、また、開発から上市までの一連の流れに携わることができると知り、自身もその一員になりたいと魅力を感じ入社しました。
 
これまでのキャリア 2016年新卒入社→開発部門に所属、EP/アブレーション関連製品の開発を担当

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では多数の選択肢があり、各企業の雰囲気や働き方等をすべて把握することは簡単ではありません。視野を広げて就職活動に取り組むことはもちろん大切ですが、企業選びは広げ過ぎず、狭め過ぎずが肝要と感じます。
また、入社前に面白みを決めつけてしまおうとするのではなく、入社後に新たな発見として面白みを探るという気持ちで挑んでいただければと思います。

日本ライフライン株式会社の先輩社員

医療機器を市場に出すための許可を厚生労働省から取得する

薬事申請部
K・K
農学部

心臓血管外科に関わる製品の営業・学習

営業部
S・Y
法学部

医療機器営業。オペの立会いから患者様のペースメーカーフォローアップまで

営業部
J・N
経済学部

心筋梗塞や狭心症など、血管の治療に使う医療機器の営業

TVI事業部
N・Y
生命科学研究科

大阪の病院・ドクターに対して、不整脈領域の医療機器を提案

大阪支店
Y・M
英語英文科

治療・検査用のカテーテルやワイヤーの開発を担当

開発生産本部
T・Y
医療工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる