株式会社オーバル
オーバル
2023

株式会社オーバル

東証一部上場/流体計測制御メーカー
  • 株式公開
業種
精密機器
機械
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

当社は液体・気体・蒸気などの移動量を量る「流量計」の研究・開発・製造を行っている流体計測制御の専門メーカーです。70年以上の歴史があり、東証一部上場企業として業界トップクラスのシェアを誇ります。「流れに価値を加えます」という企業メッセージのもと、時代に合った新しい価値の創造と流量の標準供給を通じて社会に貢献。今後はグローバル展開も加速させ、計測技術を通じたモノづくり支援を行っていきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「流量計」の製造で70年以上。流体計測制御の専門メーカーです。

「流量計」という装置をご存じでしょうか?これは液体や気体、蒸気などの流体の移動量を量る装置のこと。高度な技術で作る装置ですが、当社はこの流量計を製造して70年以上になる流体計測制御の専門メーカーです。ちなみに「文明はものを測ることから始まった」と言われ、計測を表す度量衡という言葉は紀元前11世紀には出現。計測とは人類にとって大切な役割を担っています。そして、常に形の変わる液体・気体・蒸気の流れを正しく計測することは、産業にとって不可欠な技術。そのため、流量計のような製品は「産業のマザーツール」と言われ、幅広い分野の製造プロセスで欠かせない存在となっています。

事業優位性

業界トップクラスのシェアと取引先の幅広さで、安定経営を実現。

当社は流量計の分野において業界トップクラスのシェアを誇っており、様々な業界のお客様と取引があることが大きな強みになっています。石油や化成品、電力、食品、自動車、化粧品などの製造分野で、計測技術をベースとした制御装置が活用されています。例えば、大型の石油出荷設備や検査設備、あるいは焼肉のタレのように様々な原料や調味料をブレンドする設備などに利用。当社は「流れ」+「温度・圧力・密度」など様々な計測を組み合わせて、お客様の製品作りを支えているのです。このように特定の業種や企業に依存することがない取引先の幅広さが、当社の安定した経営につながっています。

社風・風土

“堅い仕事と柔らかい社風”が特徴のアットホームな職場です。

当社の特徴は“堅い仕事と柔らかい社風”です。仕事は手堅く、でも社風は柔らかく。そのため、職場では上司や先輩との距離が近く、積極的に意見が言い合える関係です。いつもアットホームな雰囲気で、若手とベテランの垣根を越えた交流を大切にしています。また、流量計という専門分野の事業なので、当社の技術力の源泉は社員の「探究心」と「主体性」。好奇心旺盛な人には面白い環境でしょう。会社が社会に貢献し続けるためには、社員一人ひとりが個性や能力を最大限に発揮できることが不可欠。主体的に仕事に取り組み、継続的に成長できるよう、当社では様々な教育プログラムや研修制度も用意しています。

会社データ

事業内容 1. オーバル歯車式およびその他各種流量計の製作販売
2. 計測管理およびエネルギー管理用諸機器、諸装置の製作販売
3. 計装および環境制御に関する諸工事ならびにこれに関連する諸機器の製作販売
創業 1949年(昭和24年)5月10日
資本金 22億円(発行済株式総数2618万株)
従業員数 677名(2020年3月)※連結
454名(2020年3月)※単体
売上高 118億8662万円(2020年3月実績)※連結
102億9188万円(2020年3月実績)※単体
代表者 代表取締役社長 谷本 淳
事業所 本社、横浜事業所、北海道営業所、東北営業所、新潟営業所、北陸営業所、鹿島営業所、北関東営業所、千葉営業所、神奈川営業所、静岡営業所、中部営業所、四日市営業所、大阪営業所、加古川営業所、岡山営業所、山口営業所、九州営業所、大分営業所、北京事務所
株主構成 明治安田生命保険相互会社
東京計器(株)
轟産業(株)
(株)三笠
日本生命保険相互会社
横河電機(株)
損害保険ジャパン(株)
関連会社 山陽機器検定(株)
(株)山梨オーバル
(株)宮崎オーバル
オーバルアシスタンス(株)
オーバルエンジニアリング(株)
台湾オーバル(株)
合肥オーバル儀表有限公司
合肥オーバル自動化制御システム有限公司
オーバルアジアパシフィック(株)
OVAL Corporation of America
会社沿革 1949年5月  東京都品川区東大崎にて創業
1953年7月  ガスメータの製造許可を受け、水量メータ、ガソリン量器、オイルメータとともに
       4種の製造許可を有する日本最初の計量器製造事業所となる
1961年10月  東京証券取引所第2部に株式上場
1982年8月  神奈川県横浜市金沢区臨海工業団地にて横浜事業所を開設
1992年12月  社名をオーバル機器工業(株)より(株)オーバルへ変更
1994年9月  当社主力工場である横浜事業所が、品質システムに関する国際規格ISO9001を認証取得する
1994年10月  中国・北京に北京事務所を開設
2003年4月  当社山梨工場と東洋精機(株)を統合し、(株)山梨オーバルを設立
2006年8月  当社主力工場である横浜事業所が、環境マネジメントシステム規格ISO14001を認証取得する
2006年9月  計量法校正事業者登録制度(JCSS)に基づく登録を取得する
2009年3月  電気計器および変換器の製作を一元化するため、(株)吉河電機と合弁で(株)宮崎オーバルを設立
2011年7月  東京計器(株)、長野計器(株)、(株)チノーとともに海外水市場を開拓するため、
       4社間の業務提携契約を締結
2014年5月  東京証券取引所第1部に指定
2018年6月  本社および横浜事業所が情報セキュリティマネジメントシステムに関する
       国際規格ISO27001を認証取得
HP 会社HP:http://www.oval.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)