株式会社イハラ製作所イハラセイサクショ

株式会社イハラ製作所

工作機械/治具/自動車部品(2輪・4輪)/産業用ロボット
業種 機械
自動車/輸送機器
本社 静岡

先輩社員にインタビュー

開発部
奥宮 竜一(30歳)
【出身】愛知工業大学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 お客様のご要望に沿った製品の開発・設計・試作品製作を行っています。
2輪車・4輪車、マリンエンジン用のオイルポンプ、ウォーターポンプの開発設計やハンドルクラウンの設計・鋳造解析を行い、それらの製品の試作・性能検査までしています。
開発をするにあたってはまず、お客様と打ち合わせを行い必要とされている機能・性能を満たし、尚且つ実際に生産可能な製品か検討します。
それらの点で問題があるようであれば、それを解決するための方法を検討・提案していきます。
さらに開発が始まると設計から試作品の手配や組み立て、性能検査まで一貫して行うためとてもやりがいのある仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が開発に携わった製品が実際に形となったこと。
開発設計課に異動して初めて開発に携わったハンドルクラウンの1回目の試作トライでは思ったようには行かず、問題が発生し開発・設計の難しさを実感しました。
そこで、先輩社員と話し合い、どうしてその様な問題が発生したのか検討を行い、解決策を出し合い有効と思われる対策を織り込みました。
その後、試作トライを重ね3回目のトライで問題を解決することができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の希望に合った会社だった!
大学では機械工学を専攻していて、そこで学んだ知識を生かしたものづくりができる地元の企業に就職したいと考えていました。
特に大学では製図・CADについて主に学んだのでそれを生かして設計の仕事がしたいと思っていました。
そこで大学に求人が来ていたこの会社を見学した際に、自分の希望を満たしている会社であると感じたことがこの会社を選んだ決め手です。
 
これまでのキャリア 2011年新卒入社。3ヶ月間の研修を経て加工ラインに配属。2014年2月~重力鋳造ラインに異動、重力鋳造ライン移管のため半年間出向。2018年1月~開発設計課に異動。

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では、企業説明会・見学会に積極的に参加することが重要だと思います。
自分が何をしたいのか、何に重点をおいて企業を選ぶのかという点を明確にしておき、それらの点でいろんな企業を比較して自分に合った企業を見つけてください。

株式会社イハラ製作所の先輩社員

生産技術グループ、製品の生産準備

生産技術部
西尾 純一
静岡大学

自動車トランスミッション部品加工ラインの管理からトラブル対応まで

部品事業製造部
重松 秀和
名古屋造形芸術大学

サプライヤメーカーとしてバイクメーカー殿に部品供給する部品営業。

営業
熊谷隆秀
北見工業大学

ダイカスト品の鋳造方案検討から量産品の品質・生産性向上対策を担当

インドネシア駐在(鋳造部)
森朗
芝浦工業大学

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる