兼六土地建物株式会社ケンロクトチタテモノ

兼六土地建物株式会社

【兼六グループ】総合ディベロッパー・注文住宅・リフォーム
業種 建設
住宅/建築設計/建設コンサルタント
本社 東京

先輩社員にインタビュー

注文建築部
T.U
【年収】非公開
これが私の仕事 リフォームの案件キャッチから見積もり、調査、施工まで全般対応
注文や分譲で住宅をご購入頂いたお客様や、HPから反響を頂いたお客様を中心に定期点検やリフォームを行っています。住宅を建ててから、通常15年程度で風呂やトイレ、キッチンなどの住宅設備に関してはメンテナンスやリフォームが必要になる場合が多く、外装の修繕や交換を行う必要も出てきます。近年は案件をHPで公開し、各社からお見積りをとったうえで依頼会社を決定する場合がメジャーになってきており、反応が早い会社に決まりやすいため、現地調査をしたら10日以内に見積もりを出すことを心がけています。お客様が抱えている問題は様々で、実際に自分の目で見た方が見積もりもしやすいため、私は案件獲得から施工までを自らの手で行っています。そのため、営業には答えにくい専門知識を必要とする依頼にもお応えすることを得意としています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
現場視点で提案・施工ができる!
案件を獲得してくるだけでなく、現場作業も自分でできるところに楽しさを感じています。
今までの現場の経験から、作業する側の視点から考えて提案・施工を行うことができるため、自分の思った通りに提案できる点にやりがいがあります。
また、誠実な対応も心がけています。リフォームは100%お客様のご要望にお応えできないこともあるため、できないことはできないときちんとお伝えします。その代わり、全部自分でやる分責任感を持って業務に従事しています。
もちろん、そうした働き方を実現するには経験を積む必要があるので、新入社員の方には、
最初のうちは外装など比較的難易度の低い業務のサポートなどから経験を積んでいただき、少しずつ難易度の高い現場を経験してもらうことで技術を磨いてもらっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 全部自分で手がけることができ、お客さまからの「ありがとう」も聞ける!
私はもともとゼネコンで現場監督をしており、中途で当社に入社しました。
仕事自体は楽しいと感じていましたが、法人営業だったためエンドユーザーのお客様と直接関わりがないことや、
指示されたものを造ることよりも、自分で考えて最初から提案できる仕事がしたいと考えるようになりました。
当社への決め手も、そうした望む働き方が実現できると思ったからです。
入社してみて、自分がやりたい業務に従事できているため、ギャップもあまり感じていません。
現場で経験してきたスキルや知識を生かしながら、自分の考えで提案ができる今の業務にy利害を感じています。
 
これまでのキャリア 前職:現場監督→当社へ転職(リフォーム営業)

この仕事のポイント

職種系統 営業(個人向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル どちらかと言うと個人プレーな仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

どの職種においても組織でうまくやっていくには、自分本位でなく、報連相など相手とのコミュニケーションをきちんととることが大切だと思います。

兼六土地建物株式会社の先輩社員

お客様、営業、施工管理、皆で協力しながら進めていきます

M.N
青山製図専門学校 インテリア工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる