株式会社フラッシュシステムズ
フラッシュシステムズ
2023
業種
ソフトウェア
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

2008年に設立した独立系ソフトウェアベンダーで、創業当初は自動車など製造業の計測システム開発を主事業としていましたが、現在は徐々に企業の生産管理システムやインフラ構築の方面へシフトしつつあります。またその一方でAR、VR技術を使ったウェアラブル端末の開発や、さらに進化したMR(複合現実)技術活用法の研究など、新たな分野を切り拓く挑戦も積極的に行っています!

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

盤石な経営基盤の存在が、積極的な挑戦を可能にする。

当社の生産管理システムを利用しているお客様の多くは名だたる大企業。そのためシステムの規模も非常に大きく、ソフトウェアの開発からインフラ構築、運用管理までの一貫サポートを担っている当社のエンジニアたちは、業務を通じて幅広いスキルを習得することができます。生産管理システムの需要は業種を問わず非常に高く、また既存システムを応用することで幅広い横展開ができるため、現在も順調に売上を伸ばし続けています。このような安定した事業基盤が、ARやVR技術をはじめ、MRなど未知の分野にリスクを冒して飛び込むことのできる強い企業体力、そしてさらなる技術力の向上へと繋がっているのです。

事業優位性

ソフトからインフラまで、幅広い技術を習得できる環境。

当社の大きな強みのひとつが、ソフトウェアの開発のみならずそれを稼働させるためのサーバ、ネットワーク、インフラの構築も担えること。つまり、新技術の研究開発に必要なインフラ設備も自社で迅速に構築できるということです。また高度化、複雑化を続ける今後のITの世界では、ソフトウェアとインフラのどちらか片方だけでなく双方の知識が必要不可欠となっていくことは想像に難くありません。その点で言えば当社はそれぞれの分野で高い専門性を持つエンジニアがひとつのチームになって一緒に仕事をしているため、お互いに意見を交換して足りない知識をサポートしながら技術を高めあう関係性が上手く機能していると感じています。

戦略・ビジョン

私たちの技術や取り組みを発信し、さらなる発展を目指す。

当社がこれまで主事業としてきた計測システムは、プログラミングだけでなく電気や機械についても高度な技術が求められる難しい分野でしたが、市場がニッチなため事業としてはあまり伸びませんでした。しかしそこで培った経験は非常に大きく、ウェアラブル端末など形を変えて今に活かされています。現在私たちが抱える課題は、自社の高い技術力を上手く外へ発信する術を持っていないこと。そこで今回初の試みとして企画広報職の募集に踏み切りました。ウェブサイト、SNS、展示会など、活動方法に制限はありません。ぜひ今の私たちにはないアイデアを活かしたPR活動を通じて、会社に新しい風をもたらしてくれることを期待しています。

会社データ

事業内容 ソフトウェア設計、開発及びインフラ設計、保守
設立 2008年5月12日
資本金 10,000,000円
従業員数 18名
売上高 19,700万円
代表者 大野 典之
事業所 本社:愛知県名古屋市中村区井深町1-1 新名古屋センター本陣街2F-216
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)