東邦工業株式会社トウホウコウギョウ
業種 機械
化学/家電・AV機器/コンピュータ・通信機器・OA機器/自動車
本社 群馬

先輩社員にインタビュー

製品設計部
S.K(24歳)
【出身】群馬大学  理工学部 化学・生物化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 設計=製品が市場からなくなるまで責任が続く仕事
製品をつくるの上でとても重要な、製品設計(機構設計)をおこなっています。
具体的には、目的や仕様に基づいて製品の形状を決定・完成させ、3D-CADを使って設計図を作成。さらに、CAEツールを使用して、製品が仕様に適しているか、コンピュータ上でシミュレーションしたり、実物でのテストを実施したりしています。

日頃業務に取り掛かる際は、自分の作業に対して、理由とその根拠について考える時間を設けるようにしています。なぜなら、初めに方針をしっかり定めておくことで、スムーズに業務を進められるからです。
また、設計は、手掛けた製品が市場からなくなるまで、その責任が残る仕事。だからこそ、常に形状が最適かどうか、仕様に即しているかどうかを繰り返し検討するようにしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
グループの一人として、初めて製品設計に携わったときのこと
入社1年目の12月頃のこと。研修が終わってすぐに、グループの1人として製品設計の業務に携わる機会がありました。
チャンスをいただいたものの、初めてのことだらけで必死の毎日。学生時代に別の分野を専攻していた私は、自分の知識不足を痛感しました。特に、シミュレーションは形状・構造の役割を理解していないとできない工程のため、しっかりとした知識が必要です。そのため、分からないことは自分で調べたり、上司や先輩社員にアドバイスをいただいたりしながら進めていきました。
そうした試行錯誤ののち、ついに自分が手掛けた試作品が完成。今まで3Dモデルとして画面で見ていたものを、自分の手で触れられたことに感動しました!実際に自分で考えた形状もしっかり確認できて、とても嬉しかったです!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き トータルプロデュースメーカーだからこそ、自分も成長できる
就職活動の際は、「関東の企業であること」、「転勤がないこと」、「自分のかかわったものが世に出ること」を企業選びの軸にしていました。学生時代に学んだことにとらわれず、さまざまな職種の企業説明会に参加。その中で、たまたま参加した合同企業説明会で出会ったのが当社でした。
製品設計という職種に興味を持ったことと、自分の企業選びの軸をすべて満たしていたことが決め手で、入社を決意。現在は、トータルプロデュースメーカーだからこそ各工程の専門知識を社内で共有できるということが、自分自身のスキルアップにもつながっており、入社して良かったと感じています!
 
これまでのキャリア 2018年4月新卒入社
社内研修、部内研修を経て、2018年11月製品設計部に正式配属

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

入りたいと思える企業に出会えるまで、いろいろな分野を見て回ってください!社会には本当にたくさんの企業があるため、たくさんの説明会に参加することで、新たな発見が必ずあると思います。そこで新たにやりたいことが見つかるかもしれませんし、学んできたことを社会で活かしたいという思いが強まるかもしれません。就職活動を通して得た経験は、社会人として必ずプラスになると思いますので、頑張ってくださいね!

東邦工業株式会社の先輩社員

製品の量産開始までの立ち上げ

営業技術部
M.K
群馬大学 理工学部 環境創生理工学科

研修は、設計者としての土台を築く場

製品設計部
Y.T
山口県立大学大学院

製品設計としてチームで製品をつくる!

製品設計部
T.K
工学院大学 工学部 機械工学科

お客様の“創りたい!”をカタチに。

営業技術部 営業担当
A.S
工学部

プラスチック成形の技術面を担当!

営業技術部 技術担当
T.S
ものつくり大学 技能工芸学部

社内とお客様をつなぐ営業アシスタント

営業技術部
C.N
立正大学 心理学部 対人・社会心理学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる