エヌ・イー ケムキャット株式会社エヌ・イー ケムキャット

エヌ・イー ケムキャット株式会社

【化学】総合触媒メーカー
業種 化学
非鉄金属/自動車
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

研究開発センター分析技術部つくば分析室
松本友和
【出身】名古屋大学大学院  工学研究科 応用化学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自社開発製品の物性解析を担当
化学触媒・自動車触媒の物性解析。さまざまな測定装置を用いて試作品等の物性を解析し、開発部門をサポートします。また、新しい測定装置の調査、解析手法の探索も大事な仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
不良原因を発見した瞬間、この仕事の楽しさを実感します。
私が所属するつくば分析室には多くの分析装置があり、装置ごとにさまざまなデータを得ることができます。製品の性能を決定する要因や不良原因を解析するために、分析装置を駆使してデータ解析を行うのが私の仕事。これらの要因を明らかにできた瞬間は嬉しいですね。この仕事の楽しさが実感できます。メーカーから新しい分析装置が発売される際に、その性能を調査するのも大事な仕事。当社の分析業務や研究開発に有効であることが確認できれば上司に導入の提案を行います。分析装置は非常に高価なものもありますが、当社の業務に役立つのであれば導入するというのが、会社の方針。分析に注力していると感じます。とても仕事がやりやすいですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 分析業務を重要な技術として位置づけていたから。
大学で分析化学を専攻していたため、学んだことを活かせる仕事に就きたいと考えていました。当社に入社を決めたのは、分析に力を入れていると感じたから。就職活動中に当社の分析室を訪問した際、先輩社員の話を聞くことができました。その話から、積極的に分析装置を導入したり、新しい分析方法を確立したりと分析を重要な技術と位置づけていることを強く感じたのです。以前は、分析を「補助管理部門」と位置づけていた企業もあったようですが、最近では開発の方向性を決める重要なポジションという認識が強くなっています。「これからますます力を入れていく必要がある大切な部門」と語っていたその先輩社員は、現在私の上司です。
 
これまでのキャリア 分析(現職・今年で18年目/うち製造部門1年あり)

この仕事のポイント

職種系統 基礎研究
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動初期から希望する会社を絞り込まず、少しでも興味を持った会社の説明会には積極的に参加した方が良いと思います。知名度に関わらず、技術力があり、興味深い仕事をしている会社がきっと見つかるはず。また、面接で緊張してしまう人は、「就職活動は企業が人を選ぶのではなく、自分が企業を選ぶ機会だ」というくらいの気持ちで臨めば、自分の考えをうまく伝えられると思いますよ。

エヌ・イー ケムキャット株式会社の先輩社員

ディーゼル車用排気ガス浄化触媒の研究開発

研究開発センター自動車触媒開発部ディーゼル触媒室
伊藤友章
静岡大学大学院 理工学研究科 物質工学専攻

自動車排気ガス浄化触媒の研究・開発

研究開発センター自動車触媒開発部基盤技術室
中山裕基
東京工業大学大学院 総合理工学研究科 化学環境学専攻

化学触媒の研究開発

研究開発センター化学触媒開発部沼津化学触媒室
金 仁寿
東京大学大学院 工学系研究科 応用科学専攻

化学触媒の生産技術

沼津事業所製造部化学触媒製造課
横道 健
電気通信大学大学院 情報理工学研究科 先進理工学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる