エヌ・イー ケムキャット株式会社エヌ・イー ケムキャット

エヌ・イー ケムキャット株式会社

【化学】総合触媒メーカー
業種 化学
非鉄金属/自動車
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

研究開発センター自動車触媒開発部基盤技術室
中山裕基
【出身】東京工業大学大学院  総合理工学研究科 化学環境学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自動車排気ガス浄化触媒の研究・開発
ガソリン車用の排気ガス浄化触媒の研究および開発を担当。クライアント様のご要望にお応えした商品の開発を行うだけでなく、コア技術を育てていくための研究を日頃から行う必要があります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
開発を担当した触媒が量産採用された時は嬉しかったですね。
入社2年目の夏に嬉しいことがありました。私の設計した触媒がお客様評価において良好な性能を示したため、量産採用されることが決定したのです。自分で設計した触媒が量産採用されたのはこの時が初めて。大変嬉しかったことを覚えています。お客様のご要望通りの性能を発揮する触媒を開発するためには、研究者のアイデアも重要。新しいアイデアを生み出すためには幅広い知識が必要となります。たとえば、触媒の性能についてだけでなく、製造方法や評価方法まで把握していなければ良いものはできません。また上司を含めグループ内の他の研究者と実験結果について議論することも大切。意見を言いやすい環境なので、意思疎通もスムーズです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 技術に特化した触媒メーカーであったから。
未知の可能性を秘めた触媒分野に興味を持ったのは学生時代。大学で当社製の触媒試薬を使用していたため、在学中から当社のことは知っており、当時から「触媒分野で高い技術力を持つ会社」という認識がありました。また、化学触媒、自動車触媒の2つの事業を持つ化学メーカーであるため、事業間での技術共有による強みがあると考えたのが入社を決意した理由です。現在は研究開発センターに所属し、ガソリン車用触媒の研究開発を担当。触媒というのは、開発過程におけるほんのわずかな違いで性能が大きく左右されます。ですから、つねに新しい発見があり、新鮮な気持ちで取り組める刺激的な仕事だと思っています。
 
これまでのキャリア 研究開発(現職・今年で16年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 とことん地球環境に貢献する仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 常に新しいものに敏感な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分がどのような仕事をしたいのかを具体的にイメージし、そのイメージを現実のものとできるような会社を探すために就職活動を行うことが大事。目標を持って活動すれば、もしつらいことがあったとしても乗り越えられると思うのです。また、もし可能なら、できるだけ多くの会社を見てみると良いでしょう。会社訪問で得た具体的な印象は、選択の際に役立つと思います。

エヌ・イー ケムキャット株式会社の先輩社員

ディーゼル車用排気ガス浄化触媒の研究開発

研究開発センター自動車触媒開発部ディーゼル触媒室
伊藤友章
静岡大学大学院 理工学研究科 物質工学専攻

自社開発製品の物性解析を担当

研究開発センター分析技術部つくば分析室
松本友和
名古屋大学大学院 工学研究科 応用化学専攻

化学触媒の研究開発

研究開発センター化学触媒開発部沼津化学触媒室
金 仁寿
東京大学大学院 工学系研究科 応用科学専攻

化学触媒の生産技術

沼津事業所製造部化学触媒製造課
横道 健
電気通信大学大学院 情報理工学研究科 先進理工学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる