山田コンサルティンググループ株式会社ヤマダコンサルティンググループ

山田コンサルティンググループ株式会社

経営コンサルティング/M&A・事業承継【東証1部上場】
  • 株式公開
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

経営コンサルティング事業本部
渡部 浩平
【出身】早稲田大学  教育学部 教育学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 雇用を守る、やりがいのある仕事
今の山田コンサルは、会社としての仕事の幅が広がっていますが、私が就職活動中だった頃は大半が事業再生の仕事でした。
ちょうど、リーマンショックで企業の業績が急降下し、内定切り等が話題になった時期でもありました。
面接でお会いした社員の方から「100人の従業員がいる会社ならば、その家族を含めれば400~500人の生活があって、それをいかにして守るかが私たちの仕事である」と聞き、私も再生の仕事がしたいと思って、入社を決めました。
最近では事業再生以外のコンサルティング業務も増えてきましたが、悩んでいるクライアント企業の力になるという点は、今も変わらない、山田コンサルの仕事の魅力そのものだと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
泥臭く、どんくさく、徹底的にクライアントに向き合う
どの案件にも共通しているのは、「経営者は色々な悩みを抱えていること」です。実質倒産寸前なのに、状況を奥様に話すことができず、出口の見えない道を突き進むような経営者も過去にはいました。
極端な例ですが、こういう類の悩みは、通常なら素通りしがちですが、時として最も重要な要因になり得ます。まずはお客さまの声を「聴くこと」です。得られた悩みに対し「真剣に向き合って、解決をサポートすること」です。
人は自分のことを思ってくれる人、自分のために頑張ってくれる人のことは悪く思いませんし、心を開きます。自分の主張をする前に、まず人の話を聴くこと、真剣に向き合うことです。コンサルタントという仕事は、理詰めで小器用なイメージを持たれますが、少なくとも私は、正反対な、ある意味で「泥臭いコンサルタント」です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「らしくない」コンサルティング会社。
就活初期からコンサル業界を志望しており、あらゆるコンサル会社の説明会に参加しました。しかし、どこか上から目線に感じてしまい、「誰に、何のために、何をして、結果どうなったのか」があまり見えませんでした。

そんな中、大学の先輩が当社で働いていることもあり、選考に参加。倒産の危機が迫った会社に対して、計画だけではなく実行支援を行い、困っている人のために一緒に課題を乗り越えていく。まさに私が求めていた働き方でした。

説明会で当社の社長が語った「目の前で困っている人を一生懸命助けるだけ。一緒にやるだけだ。」という言葉にも、泥臭さと謙虚さを感じ、直感で「ここだ!」と決めました。今もそのときの決断は間違っていなかったと感じています。
 
これまでのキャリア 新卒入社以降、現所属部署で経営コンサルティング(現状分析・改善施策立案~実行支援)に従事

この仕事のポイント

仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 経営ノウハウが身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は「運」もあるのではないでしょうか?たとえ、第一志望の会社と縁がなかったとしてもそれがあなたの価値とイコールではないはずです。なので、結果に一喜一憂しなくても良いと思います。
学生にとって社会は未知の世界ですので、様々な人の話を聞くことをおすすめします。前向きに、そして自分に自信を持って就職活動を進めて行きましょう!

山田コンサルティンググループ株式会社の先輩社員

国内企業の海外進出支援

海外事業本部
高野 佑
東京大学大学院 工学系研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる