株式会社レールテック
レールテック
2023

株式会社レールテック

JR西日本グループ
業種
鉄道
建設/設備・設備工事関連/建設コンサルタント/メンテナンス・清掃事業
本社
大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

JR西日本管内すべての新幹線および在来線の軌道線路。 鉄道を通すための橋梁、トンネルといった構造物。
それらを列車が安全で快適に走るために最良の状態に保つことが レールテックの技術者が持つ使命。
鉄道技術のプロ集団としての意識を一人ひとりが持ち 日々の保守・検査・診断の業務に向き合っています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

JR西日本の安全運行を支えているのは私たちです。

JR西日本管内すべての新幹線および在来線の軌道線路。鉄道を通すための橋梁、トンネルといった構造物。 それらを列車が安全で快適に走るために最良の状態に保つことが レールテックの技術者が持つ使命。鉄道技術のプロ集団としての意識を一人ひとりが持ち、日々の保守・検査・診断の業務に向き合っています。線路の上でしか見れない大型保守用機械や一般立入ができない場所での専門的な現場作業から生まれるのはJR西日本全体の資産。これまで以上の安全性・快適性を生み出す兆しを探し、改善策を打ち出せる役割を担うからこそ、当社は「総合技術集団」としての自負を持っています。現場を誰よりも知っていることは私たちの誇りです。

戦略・ビジョン

最前線から見えてくるものは、未来の鉄道業界の兆し。

技術者たちが数多の整備や点検を通じて得ているものは、何も技術や知識だけではありません。現場には、鉄道業界の安全をより高度なものにするためのヒントが必ずあります。私たちレールテックの仲間一人ひとりが、現場作業からヒントを見つけ、チームや部署、会社全体に対して提案ができる技術者集団でいることが、私たちの強みであり目標です。現場の数は何千・何百とあるため、経験を積めば積むほど学びがあり、スペシャリストとしての力と自負を持つことができます。社会や技術の環境が加速度的に進歩発展する流れの中で、私たちは、鉄道の線路を取り巻く将来をみつめながら、鉄道技術のコアを結集した「Only One」の会社を目指します。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症の対応】 【WEB開催】 【新型コロナウイルス感染症の対応】
予定通り自社にてインターンシップを実施します。来社に不安のある方は、個別にお電話にて相談に応じます。
実施に伴い、下記の通り新型コロナウイルス感染症の対策をいたします。
(1)マスクの着用等による予防
   ・会場スタッフのマスク着用
   ・学生へのマスク着用のお願い

(2)手洗い、うがいの実施

(3)アルコール消毒
   ・会場にアルコール消毒の設置

(4)体調確認の実施
  ・会場スタッフについては当日朝に検温を行い、37.5℃前後の発熱がある場合は不参加。

(5)定期的な換気の実施
  ・休憩時間において換気の実施
  ・空気清浄機の活用

【WEB開催】
(1)コロナウイルスの状況により、WEBでの仕事研究を実施。
  ※自社でのインターンシップが中止になった場合のみ開催予定
事業内容 【軌道部門】
 ○新幹線、在来線の軌道検査
 ○マルチプルタイタンパ(MTT)、スラブマルタイ(SMTT)による線路整備
 ○レール削正車によるレール削正
 ○新幹線の高速確認車による線路確認
 ○新幹線電気軌道総合試験車(通称:Dr.イエロー)による軌道検測・分析
 ○在来線高速軌道検測車(キヤ車)による軌道検測・分析
 ○レール探傷車による超音波レール探傷測定・分析

【機械部門】
 ○MTT、DGS、SMTT、高速確認車、レール探傷車、レール削正車、
  バラスト作業車、トンネル覆工表面撮像車等の大型機械の修繕および定期検査

【構造物部門】
 ○コンクリート構造物、橋梁、トンネル、斜面、盛土等、土木構造物の検査・
  調査
 ○トンネル覆工表面撮像・分析
 ○列車走行による振動・騒音・トンネル微気圧波の測定・分析による環境調査
 ○土木・軌道工事の施工監理

【その他コンサルティング事業】
 ○レール溶接およびレール探傷の技術管理
 ○技術開発およびこれらの販売および特許事業
設立 1992年4月1日
資本金 1億円
従業員数 1,264人(2021年4月1日現在)
売上高 200億円(2019年度)
代表者 代表取締役社長 筒井 俊幸
事業所 【本社】 新大阪

【支店】 (金沢支店)金沢、(近畿支店)新大阪、(岡山支店)岡山、
      (米子支店)米子、(広島支店)広島、(新幹線西支店)新山口

【支所】 福知山、東京
【営業所・センター・駐在】
    (金沢支店エリア)  金沢市、富山市、福井市、白山市、糸魚川市 
    (近畿支店エリア)  大阪市、草津市、福知山市、和歌山市、
                    京都市、明石市
    (岡山支店エリア)  岡山市、福山市、姫路市、神戸市
    (米子支店エリア)  米子市、出雲市
    (広島支店エリア)  広島市、山口市
    (新幹線西支店エリア)山口市、岩国市、北九州市、直方市
                                                     ほか
株主構成 JR西日本100%出資
主な取引先 JR西日本、JR四国、JR九州、JR貨物、智頭急行、北近畿タンゴ鉄道、嵯峨野観光鉄道、大鉄工業、九鉄工業、広成建設、大阪メトロ、京阪電鉄、京急電鉄、各自治体
企業理念・安全理念 【企業理念】
レールテックは、たゆまぬ技術の向上によって、安心で、より快適な社会の実現に貢献します。

【行動規範】
1.私たちは、担当する施設や機械への想いと、型の徹底により、安全を確立します。
2.私たちは、業務の公共的使命に鑑み、コンプライアンスの実践により、問題の未然防止を図ります。
3.私たちは、自らの技術に誇りを持ち、自らが主役となって品質改善と技術力向上に挑戦し、広く社会に提言します。
4.私たちは、コミュニケーションの充実により、情報の共有化と課題の速やかな解決に努めます。
5.私たちは、自らと仲間の幸福のため、企業理念の実現に向けて行動します。


【安全理念】
私たちは、過去の触車事故や自動車事故による死亡事故を忘れることなく、人の命を守るため、安全最優先こそ最大の孝動であるとの決意のもと、安全理念を定めます。

【行動目標】
1.私たちは、一人ひとりの命の重みを常に自覚し、触車事故防止・自動車事故防止に努めます。
2.私たちは、安衛法(労働安全衛生法)・営近示方書(営業線近接工事保安関係標準示方書)等に決められたルールを守り、基本動作を実行することにより、思い込みや憶測を排除し、安全を確立します。
3.私たちは、日々自己研鑽に努め、設備や機械への想いを持ち、常に自らの技術や技能を向上し、安全性を高めます。
4.私たちは、情報の共有化を図るとともに、不安全な行動を見逃さず、お互いに注意が出来る、風通しの良い職場環境を作ります。
5.私たちは、異常時や判断に迷ったときには、列車を抑止する等の手立てを講じたうえで、最も安全と認められる行動を取ります。

【スローガン】
社会に安心を提供するレールテックを築こう!!
沿革 1992.4
西日本機械保線株式会社として会社設立登記

1992.7
西日本機械保線株式会社として営業開始
山陽新幹線の軌道整備業務、保線用機械の検修業務を受注

1995.1
阪神・淡路大震災の復旧工事に従事

1998.1
広島支店、小倉支店を設置

1999.10
株式会社日本線路技術大阪支店の業務を譲受、大阪支店を設置
軌道検測業務、レール探傷車業務を開始

2000.1
在来線の軌道整備業務を新規受注

2004.12
商号を株式会社レールテックに変更(本社を大阪市淀川区西中島に移転)

2005.4
金沢支店、神戸支店、米子支店を設置
工事監理業務、レール溶接業務及び工事積算業務を受注

2005.7
軌道検査業務及び構造物調査、検査業務を受注

2005.12
企業理念及び行動規範の制定

2011.6
近畿支店、新幹線西支店を設置

2012.6
監査室を新設

2013.7
JR西日本グループ優秀会社賞を受賞

2014.10
OB会設立

2015.3
北陸新幹線開業

2015.7
執行役員制度を導入

2018.4
京阪電気鉄道株式会社よりMTT業務を受注

2018.11
京浜急行電鉄株式会社よりMTT業務を受注

2019.3
大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)より溶接技術者指導業務を受注

2019.4
東京支所を設置
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)