本田金属技術株式会社ホンダキンゾクギジュツ

本田金属技術株式会社

Hondaグループ
業種 輸送機器
自動車/非鉄金属/金属製品
本社 埼玉
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

生産技術部素材技術BL
K・.Z(29歳)
【出身】熊本大学大学院  自然科学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 世界一のものづくりを目指しています!
私の所属する生産技術部門の主な仕事は、新しい自動車部品の量産に向けて、部品の製造条件を決定し、量産ラインの立上(設計・構築)業務を行っています。新機種が安定して量産できるよう、量産前に製造上の課題や困りごとを検討・抽出し、設計部門や製造部門とも連携しながら解決策を考えより良い量産ラインの立ち上げに向けて取り組んでいます。また、社内部署との連携だけでなく、お取引先である本田技研工業(株)や(株)本田技術研究所の技術者の方々ともやり取りをしながら、どうすればよいものづくりが出来るのかを日々考えています。様々分野の技術者との交流も多く仕事を通じて、ものづくりに関する知識や経験を積むことが出来ます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
チームみんなで協力して課題を解決!
新機種の立ち上げは、決められた日程の中で様々な課題を解決する必要があります。数名のチームで推進をしていきますが、課題に対して原因を追及し対策を考えて課題解決に向けて取り組みます。なかなか解決できずに苦労することも多くありますが、自分が考えた対策案で解決できたときや、チームのみんなで考えた対策案を実行して成功したときには、達成感とともにやりがいを感じることができます。仕事をしていくうえで、他部署と協力するため、多くのことを学べ、自分自身の成長を実感できます。
また、学生時代に勉強したことや社会人になって身に付けた知識や経験が役に立った時もうれしく思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 好きなことを仕事にでき、プライベートと両立できる!
私は以前から自動車に関わる仕事に興味がありました。特に、車の性能に大きく関わるエンジンに興味があり、エンジン部品に携わる仕事に就きたいと考えていました。弊社は、エンジン部品の製造から創業しており、この会社でななら自分のやりたい仕事ができると考え魅力を感じました。
また、ホンダグループの福利厚生が利用できること、週休2日制であり有給休暇の取得率も高く仕事とプライベートのメリハリをつけたワークライフバランスが送れることも魅力のひとつです。
 
これまでのキャリア 入社後、2年間は製造部門で、エンジン部品(シリンダーヘッド)の製造業務(溶解工程→鋳造工程)や品質業務に携わりました。現在は、生産技術部門でシリンダーヘッドの立上業務を担当しています。

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は多くの業界・企業・職業を知ることができる良い機会なので、他人からの話だけではなく自分の足でたくさんの説明会に参加してください。たとえすぐに内定が出たとしてもすぐに会社を辞めては意味がありませんので、自分は社会に出てからどういった人生を歩んでいきたいのかを常にイメージしていくことも大事だと思います。

本田金属技術株式会社の先輩社員

未来を見据えた技術の開発をしています!

研究開発BL
S・K
東洋大学大学院 理工学研究科 機能システム専攻

商品として価値のある完成品の在庫管理をしています!

工務BL工務Gr
A・Y
日本大学 経済学部経済学科

新機種の立ち上げや新規設備導入など

生産技術部 川越生産技術ブロック
Y・K
日本大学 生産工学部 マネジメント工学科

自動車エンジン部品の鋳造用金型の製作

開発部 金型技術ブロック
H・M
日本大学 生産工学部機械工学科

エンジン部品(ピストン)試作品の加工全般

研究開発部 開発試作ブロック
K・Y
千葉工業大学 工学部 機械サイエンス学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる