トヨタモビリティパーツ株式会社 本部
トヨタモビリティパーツ
2023

トヨタモビリティパーツ株式会社 本部

2020年4月より社名変更 (旧 株式会社タクティー)
業種
商社(自動車・輸送機器)
専門店(自動車関連)/自動車/広告/商社(機械)
本社
愛知
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

■ロジスティクスとマーケティングの強みを磨き上げ、各地域のモビリティ社会の実現に貢献■

自動運転やIoTなどの最新テクノロジーの進化に伴い、「クルマ社会」は「モビリティ社会」へ大きく変化しています。私たちはモビリティに関わる部品用品事業を通して、時代が求めるものを常に生み出し、社会に貢献していきます。営業本部は卸売とリテール、事業企画本部はそこで取り扱う商品の企画、物流本部は物流企画を担当します。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

ロジスティクスとマーケティングでモビリティ社会実現に貢献。

クルマは購入後もさまざまなニーズが生じます。「安心・安全のためにメンテナンスをしたい」「ドライブをもっと快適にしたい」「車内を自分の趣味に合わせて飾りたい」……。そんな個性化・多様化するニーズによって生まれるのが、自動車の“アフターマーケット”。また、自働化やコネクティング化など、自動車に新しい機能が盛り込まれていきます。こうした状況に対応して、当社が持つロジスティクスとマーケティングの強みを最大限に活用し、モビリティ社会の実現に貢献することが、私たちの使命です。そのためにも、クルマに乗るすべての方々に満足していただける商品やサービスを企画・提供し、物流面でも支えていきたいと考えています。

仕事内容

どの部署であっても、お任せする仕事は「企画」です!

当社では働く部署や扱う商品・サービスが違っても、仕事の中心は「企画」です。自動車ユーザーのニーズや社会のトレンドをしっかりつかんで「こんな商品があれば多くの方に買っていただける」ということを考える商品企画や、ジェームスの認知度を上げ、『買いたい!』という気持ちにする販促ツールやキャンペーンなどを考える販促企画、ジェームスの出店や店舗構成を考える店舗企画、各支社が営業活動しやすいようにする営業企画、自動車販売店の修理工場や販売店に対する業務改善の企画、物流の効率化を考える物流企画など…。力を発揮できるフィールドは、多種多彩です。あなたの個性や発想力を活かし、「企画」の仕事に挑戦しませんか?

事業・商品の特徴

自動車に関わるすべての人を対象にサービスを拡大していきます。

トヨタモビリティパーツになり、当社の事業領域が拡大しました。当社の業務は(1)部品用品販売、(2)リテール、(3)商品管理、(4)配送、(5)業務改善、(6)移動・生活サービスの6つ。自動車販売店や修理工場などにトヨタの純正部品・用品を販売し、配送するだけでなく、業務改善のアドバイスを行います。さらに、ジェームスのフランチャイズ事業を通して、一般のカーユーザーに対してカー用品の販売やカーメンテナンスサービスを提供しています。さらに、地域の「移動や生活の困りごと」に対するサポートやサービスを提供していきます。また、すべての自動車メーカーを対象としたサービスも開始し、今後も新しい事業に挑戦していきます。

会社データ

事業内容 自動車関連部品・用品の卸売り業
<Our Business:モビリティに関わる6つの事業を展開しています>
1.部品用品販売
  お客様のニーズに合った魅力ある部品・用品をトヨタ自動車販売店や修理工場に販売
2.リテール
  カー用品とメンテナンスの専門店「ジェームス」のフランチャイズ事業
3.商品管理
  トヨタ生産方式が凝縮された高効率な商品管理システムを全国の倉庫に導入
4.配送
  「必要な時に必要なだけ」を実現する、きめ細かな配送システムを使った配送
5.業務改善
  トヨタ生産方式に基づく業務改善のお手伝い
6.移動・生活サービス
  モビリティカンパニーの一員として、地域社会に貢献する
トヨタモビリティパーツとして、新たなスタートを切りました。 2020年4月1日に、トヨタ自動車の部品・用品を扱う全国の部品共販店33社とタクティーが統合して、トヨタモビリティパーツとして新たなスタートを切りました。

私たちが担う基本的な使命は、クルマを利用する方が、安全・安心・快適にクルマをお使いいただくために、修理部品や用品を企画・販売し、お届けすることで、「豊かなモビリティー社会」の実現に貢献することです。

トヨタモビリティパーツは
・事業企画本部
・営業本部
・物流本部
の3つでの本部で構成されており、事業企画本部・営業本部・物流本部を旧タクティーが担い、モビリティー商品のマーケティング~企画~物流を担当しています。
※全国33の支社で構成されています。
ビジョン ロジスティクスとマーケティングの強みを磨きあげ
各地域のモビリティ社会の実現に貢献する
部品用品事業を核としたフロンティア企業を目指します。
経営理念 モビリティ・パーツのプロとして
お客様に安全・安心をお届けし、クルマ社会、地域社会に貢献します。
行動指針 期待を越える感動品質の商品とサービスを提供するために
モ:もっと、あたらしいことに挑もう
ビ:ビジネスのプロとして、結果にこだわろう
リ:リスペクトを忘れず、お客様の声を活かそう
テ:手間を惜しまず、今日の自分を超えよう
ィ:一層、自分たちの強みを磨こう
将来ビジョン 最近の自動車業界では「CASE」と呼ばれる新しい動きが盛んになっています。
 C:Connected:コネクティッド化
 A:Autonomous:自動運転化
 S:Shared/Service:カーシェアリング/サービス化
 E:Electric:電動化

こうした動きやIoT技術の進化に対応して、クルマ社会も大きく変わろうとしています。
そこで、当社も時代の変化を先取りし、クルマを利用される方が
より安全・安心・快適・便利にクルマを使えるようにするための
モビリティ用品の企画・開発にいっそう力を入れていきます。

また、特定の自動車メーカーや自動車向けの部品・用品ではなく、
すべての自動車メーカーを対象とした商品や、
普通乗用車や軽自動車、RV車といった様々な車種や
ガソリン車・ハイブリッド車・電気自動車・水素自動車など、
様々な動力に対応した商品を企画し、提供していきたいと考えています。

そして、モビリティーカンパニーの一員として、
地域の人々の「移動や生活の困りごと」に対するサポートやサービスを提供して、
地域社会に貢献していきます。

新しいモビリティー社会の創造に向けて、
これからも新しいことに意欲的に挑戦していきます。
自動車アフターマーケット 「アフターマーケット」とは、
一般に「商品」が購入された後に発生する
商品やメンテナンス・サービスの市場のこと。

自動車アフターマーケットの市場規模は、
国内の自動車保有台数約7800万台という大きな市場です。
(2019年度累計:一般社団法人 自動車検査登録情報協会調べ)

自動車アフターマーケットの商品には、
自動車を安全に、長く使ってもらうための部品・用品や
楽しくドライブしたり、快適な車室空間を演出するためのカー用品など
様々なものがあります。

我々は、こうしたアフターマーケットを創造すると共に、
お客さまのカーライフをサポートし、クルマをより安全・安心に、もっと楽しく
快適に使っていただくための商品の企画や、売れる仕組みづくりをしています。

また、こうした商品を全国のトヨタの自動車販売店や整備工場にタイムリーかつ
最短のリードタイムで配送する物流企画も行っています。

そして、リテール事業にも取り組み、
カー用品とメンテナンスの専門店「ジェームス」店の
フランチャイズ事業を展開しています。

このように、当社はマーケティング~企画~物流~販売まで
一貫して提供できる体制を整えており、それが大きな強みとなっています。
事業内容[卸売] ■トヨタグループのアフターマーケットを支えています。

全国に展開しているトヨタの販売店(ディーラー)を始め、
修理工場やガソリンスタンド向けに、
車検や定期点検、修理の際に必要となる
補修部品やタイヤ、バッテリー、オイル、ドライブレコーダーなどの各種用品を、
各支社を通して供給しているのが、営業本部の販売事業部です。

「品質・コスト・汎用性」にこだわった、
高い技術力と確かな実績を持つ
トヨタ純正部品メーカーで製造している弊社オリジナル商品
「DJ(ドライブジョイ)」や「キヤッスル」。
ナショナルブランドの「GOOD YEAR]「ACデルコ」等を取り扱っています。

事業企画本部では、これらの商品企画、販売促進企画を担当し、
これまでに蓄積してきたマーケティングやリテールのノウハウを活かして、
トヨタグループのアフターマーケットを支えています。

■中国で トヨタグループ事業体と連携し、日本での経験など強みを活かした事業を展開

現地トヨタディストリビューターと連携して、高級ボディーコートやメンテナンス用
ケミカルなど、高品質で付加価値の高い、「レクサス純正ケミカル品」をディーラー
向けに調整・供給しています。併せて日本での経験をベースとした販売ノウハウの
提案活動も進めています。

また自社の中国における調達機能としての役割も併せ持ち、自社消耗品やプライベート
ブランド商品の開発・調達を行い、日本へ輸出しています。
事業内容[リテール] ■カー用品店「ジェームス」を全国に展開。

ジェームス事業部は、全国に展開しているカー用品店「ジェームス」の
フランチャイズ本部として、魅力ある店舗づくりや商品、サービスの企画を行っています。

お客さまが「ワクワク、ドキドキするカーライフ」を提案し、
「お客さまの愛車を長く、安心安全にご使用いただけるサービス」を
提供するための様々な取り組みを行います。

リアル店舗としての価値を追求し、カー用品店としての充実した品揃えと
見て触れて体感できる売り場づくりに取り組んでいます。
また、親切で分かりやすい応対ができるスタッフの育成やメンテナンスの
待ち時間も快適に過ごしていただける待合いサロンなど、お客様の立場に
立った店舗づくりを目指しています。

またジェームス事業全体の戦略づくりや販売促進サポートも重要な仕事です。
お客さまにご満足いただける専門的な説明、質の高い接客をするための教育企画、
販売促進ツールの制作といった、幅広く企画の仕事を行います。

■リユースを身近なものにして、楽しいカーライフを提案しています。

年々拡大傾向にある、中古カー用品EC市場にて、リユースを身近なものにし
お客様に楽しいカーライフを提案する事を目的とし、インターネットショップ
「ジェームスリセールガレージ」を出店しています。
全国ジェームス店での「店頭展示品」「未使用品」「買取品」等、良質で豊富な
品揃えにより、お客様に安心し商品を求めいただけるインターネットショップを
目指しています。
事業内容[物流] ■商品管理や配送にトヨタのノウハウが活かされています。
ビジョンにあるように、当社の強みは「ロジスティクス」と「マーケティング」です。

ロジスティクス(物流)は、「トヨタ生産方式」や「カイゼン」で知られている
トヨタグループが長年にわたって磨きあげてきた強みです。

当社でも、トヨタ生産方式を凝縮した効率的な商品管理システムを全国の倉庫に導入。
絶え間ない「カイゼン」によって、数万点にもおよぶ部品・用品を素早く、ミスなく
出庫できるシステムを導入しています。

配送においても、「トヨタ生産方式」で確立されている
「必要なモノを、必要な時に、必要なだけ」配送する
きめ細かな配送システムを導入。
各地にある部品倉庫から全国の自動車販売店や整備工場に
部品・用品をタイムリーかつ最短のリードタイムで配送しています。

2020年7月には、自動車メーカの垣根を越えた
共同輸送を開始。今後さらに広げていくことも検討しています。

こうした物流の企画も、重要な仕事です。
設立 2020年1月6日
※営業開始/2020年4月1日
資本金 150億円
※株主/トヨタ自動車(株)51%、トヨタ販売店計 49%
従業員数 7600名(正社員5700名)
※そのうち、トヨタモビリティパーツ株式会社 本部=旧タクティーの
 2020年10月1日現在の従業員数は494名
売上高 〔旧タクティーの売上高〕
1159億円(2019年4月~2020年3月)
1179億円(2018年4月~2019年3月)
1173億円(2017年4月~2018年3月)
1108億円(2016年4月~2017年3月)
1080億円(2015年4月~2016年3月)
1072億円(2014年4月~2015年3月)
代表者 代表取締役社長 吉武 一郎

同 事業企画本部
本部長 山崎 信幸(トヨタモビリティパーツ株式会社 取締役)

同 営業本部
本部長 中本 卓治(トヨタモビリティパーツ株式会社 取締役)

同 物流本部
本部長 池田 裕幸(トヨタモビリティパーツ株式会社 取締役)
事業所 本社/名古屋市熱田区六野1-2-9
本部(名駅)/名古屋市中村区名駅4-4-10 名古屋クロスコートタワー

研修センター
・トレーニングセンター<愛知県日進市>

支社
■北海道地区
 北海道統括支社
■東北地区
 北東北統括支社、宮城支社・山形支社、福島支社
■関東地区
 茨城支社、栃木支社、群馬支社、埼玉支社、千葉支社、
 東京・山梨統括支社、神奈川支社、新潟支社
■中部地区
 富山支社、石川支社、福井支社、長野支社、岐阜支社、
 静岡支社、愛知支社、三重支社
■近畿地区
 滋賀支社、京都支社、大阪支社・和歌山支社、
 兵庫支社、奈良支社
■中国地区
 岡山支社・鳥取支社、広島支社・島根支社、山口支社
■四国地区
 四国統括支社
■九州地区
 九州北部統括支社、熊本支社、宮崎支社、鹿児島支社

中国駐在員事務所
・北京駐在員事務所
関連会社 株式会社ジェイオー/カー用品店『ジェームス』の運営など
※トヨタモビリティーパーツ株式会社100%出資
主要取引先 トヨタ自動車、全国トヨタ販売店各社、ジェームス店(全国94店舗)
デンソー、アイシン精機、ACデルコ、アレスコ、ボッシュ、バスマン
クリアスター、コンパクト、EMGルブリカンツ合同会社、富士化工研究所、
ゴージョー、グッドイヤー、日本バーズ、日本ケミカル工業、ジョイボンド
クニペックス、小糸製作所、京都機械工具、オスラム、プリーマ、パーカーコーポレーション
PB、ポラーグ、レイブリック、スピージー、スタビレー、スタンレー電気、
スリーボンド、槌屋ヤック、トムス、TRD、石原薬品、ユーエスシー、
ウェッズ、スリーエムジャパン など
沿革 1996年 名古屋市の第二豊田ビルにタクティー設立
     全国トヨタ部品共販店を通じて、部品用品の卸売事業の営業開始
     グッドイヤータイヤ取扱開始
     ACデルコバッテリー取扱開始
     カー用品ジェームス1号店「ジェームスグリーンロード店」オープン
2000年 ジェームス店舗運営子会社(株)ジェイオーワン設立(関東エリア)
     ジェームス店舗運営子会社(株)ジェイオーワイ設立(東海エリア)
2001年 ジェームス店舗運営子会社(株)ジェイオーエー設立(北陸エリア)
2005年 春日物流センター本格稼動開始
      ジプロ株式会社から物流センター(熊谷・亀山)を譲り受ける
2009年 中国に合弁会社 中昇泰克提汽車服務(大連)有限公司設立
2011年 中国に合弁会社 提愛希汽車用品商貿(上海)有限公司設立
2012年 名古屋市の名古屋クロスコートタワーに本社を移転
2013年 トレーニングセンター開設(愛知県日進市)
2015年 ジェームス店舗運営子会社3社を統合し、
     株式会社ジェイオー設立
     EC市場にアウトレット品&中古カー用品専門ショップ
     「ジェームス リセールガレージ」オープン
2020年 全国33のトヨタ部品共販と統合し、「トヨタモビリティパーツ株式会社」設立
      ※旧タクティーは同 事業企画本部・営業本部・物流本部に再編
【新型コロナウイルス感染症への対策】 ・今後の感染状況によっては説明会の中止または内容の変更の可能性もございますので、予めご了承ください。

・説明会当日、高い発熱があったり、体調が優れない方は、参加をお控えいただき無理をされないようお願いいたします。体調不良の際は、キャンセルのご連絡をお願いいたします。その際、可能な限りになってはしまいますが、別日への振り替えや個別対応にて調整させていただきます。

・会場ではアルコール消毒液を用意しておりますので必ずご使用願います。

・またお越しの際は、必ずマスクの着用をお願いいたします。

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)