株式会社エヌティーコンサルタントエヌティーコンサルタント
業種 建設コンサルタント
建設
本社 岩手
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

地理空間情報室(エヌタス)
田中 達也
【出身】盛岡工業高校  土木科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 N+(エヌタス)でICT土工に従事しています
測量業務を経て、今はICT土工という業務を担当しています。
業務においては「UAVを用いた公共測量マニュアル (案)」「電子納品要領」「3次元設計データ交換標準」に基づき、測量から3次元設計データ作成、そして出来形管理までの一連の流れを行います。従来は建設会社が自社で行っていた事を、新技術を取り入れながら当社で行っているというとわかりやすいかもしれません。
最近よく話題になるドローンを使った空撮、3Dスキャナを使った計測を行い、3次元データを作ります。その後、さらに当社の設計部隊が手を加えた3次元設計データを建設会社に売っているというわけです。
現場に出る日も多く、現場とのコミュニケーションを大事に考えて日々仕事をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
災害復興を乗り越えたから今頑張れています
他の方々も仰ってますが、2016年の岩泉の豪雨災害は本当に大変でした。当時は測量部だったのですが、近くのホテルに泊まり込んで現場作業をする日が1か月続きました。週1度は帰って洗濯をして、少し休んで、また現場。身体的にもメンタル的にも疲れていたことを覚えています。ただ、この件を経て成長したな、と思えたのも覚えています。岩泉の件は落ち着いてきていますが、当時は急な災害だったので例外的な状況だったわけですから。
その後部署異動がありましたが、民間企業相手の仕事になったので、お役所を相手にしている時よりずっとスピードが求められたりします。そんな時は深夜まで残業が続くこともあります。しかし岩泉の時を乗り越えられたからこそ、今は頑張れている気がします。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ご縁があって受けました
高校時代、技術職の求人を探していた時、先生から教えていただきました。家から通える距離ということもあり、受けてみようと思い立ちました。
元々は測量より建設関係の仕事に就きたかったんですが、現在の部署で行っているICTの仕事では建築会社の方とお会いすることが多く、同級生との再会もあったりして、元々やりたかったことに近づいているような気がします。
 
これまでのキャリア 測量調査部4年

地理空間情報室(エヌタス)へ異動・現在2年目

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 業界やその道で有名な人とのコネクションができる仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

高校の時に測量士補の資格を取ることができておらず、働きながら7~8回受けて合格しました。
社会人になると、とにかく時間があっという間に過ぎていくため、時間がないと感じています。なので、今学校でできることは、会社に入ってでもできるだろうとは考えない方がいいです。ほしい資格があれば取った方がいいですし、時間があるうちにトライできるようなことがあれば挑戦してほしいです。
その中で当社に興味を持ってくれる人はいつでも大歓迎です!

株式会社エヌティーコンサルタントの先輩社員

測量設計・構造物の点検及び設計を行っています

設計調査部
川端 涼
秋田大学 工学資源学部(現:理工学部) 地球資源学科
[指向タイプ]人を巻き込むコーディネーター

補償コンサルタントは公共事業を支えます!

補償調査部
齊藤 早春
岩手大学 工学部 応用化学・生命工学科
[指向タイプ]活動的なイノベーター

官公庁及び民間企業を顧客としたコンサルティング業務

地理空間情報室
菊池 晴圭
東海大学 海洋学部 海洋土木工学科
[指向タイプ]わが道を行くパイオニア

入札参加、積算業務 兼 社内ネットワーク管理などなど

営業部
工藤 友陽
岩手県立産業技術短期大学校 情報技術科
[指向タイプ]共創を求めるチームワーカー

測量調査部の一員として、毎日現場で稼いでます!

測量調査部
上野 直哉
盛岡工業高校 土木科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる