奈良電機重工株式会社
ナラデンキジュウコウ
2023
業種
電力・電気
機械設計/ソフトウェア/設備・設備工事関連
本社
香川

私たちはこんな事業をしています

奈良電機重工は、鉄工・食品・化学・エレクトロニクス産業など、あらゆる業界の設備工事を手掛ける電気技術者集団です。大規模なプラント設備やFA設備での施工のほか、配電盤や制御盤の製作、工場内部の電気配線・機械設備の電源工事など幅広く対応。お客様の要望に丁寧に応え続ける技術者の姿勢は、多くの企業から高い評価を受けています。日本各地の製造業の自動生産設備に携わり、日本のモノづくり現場に貢献している会社です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

自社一貫体制によりハイクオリティな施工を実現。

奈良電機重工は、自動機械の設計、製造、施工、アフターメンテナンスまで自社一貫体制で行っています。設備工事におけるすべてのプロセスを自社で完結することで、当社からの積極的な提案と、お客様の要望に合った設備の実現を可能にしているのです。さらに、一つの案件をまるごと受けることで、施工中に何らかのトラブルが生じても自社でスピーディーに対応できます。「奈良電機重工になら全て任せられる」とお客様からは高く評価され、長期的に取引をしている企業も多数。バイオマス発電設備やゴミ処理プラント、電子部品・食品・各種フィルム製造ライン、高圧変電設備、無人搬送装置など、日本全国にある自動生産設備の施工に携わっています。

技術力・開発力

技術者同士が連携することでお客様への信頼を勝ち取ります。

当社の自社一貫体制を可能としているのが、豊富な実戦経験を持つ技術者たち。業界や分野を超えた多岐にわたる工事実績は各自のノウハウとして蓄積され、誰がどの現場に行っても高い水準で業務を行っています。その証拠に、一度取引をしたお客様は、ほぼ100%といえるほどリピートしてくださっているのです。さらに各プロセスの技術者同士が部署を超えて連携することで高い対応力を発揮できることも強み。一人の技術者が壁にぶつかっても、奈良電機重工全体であれば必ず解決できるのです。会社としても従業員教育や社内協力体制の整備に力を入れており、一人ひとりのスキルアップはもちろんのこと、会社全体の技術力・対応力を磨いています。

企業理念

社員一人ひとりのやりがいを守り、日本のモノづくりに貢献。

当社の取引先は、プラント、食品、液晶パネル業界など様々です。誰もが知る大手企業と仕事をすることも多く、ふと手に取った商品が自分の携わった工場で作られていた、ということもしばしば。自分が社会に役立っていることを実感するシーンが多いでしょう。自動生産設備は今後もニーズ拡大が続く分野であり、技術者の活躍の場がたくさんあります。安定した業界でコツコツとキャリアを重ね、プロフェッショナルを目指したい人にはぴったりです。私たちは『全従業員の物心両面の幸福を追求し、社業を通じて社会の進歩発展に貢献する。』という企業理念のもと、社員のやりがいと生活の糧を守り、日本経済の発展のために成長を続けます。

会社データ

事業内容 工場内における高低圧受配電工事、プラント設備における電気計装工事、FA設備における制御設計、制御盤製作、電気配線工事一式
設立 1957年4月23日(創業 1946年8月20日)
資本金 1,000万円
従業員数 35名(令和3年1月現在)
売上高 4億1000万円(2019年度)
代表者 代表取締役社長 奈良 俊介
事業所 本社/香川県綾歌郡綾川町陶1500-32
主要取引先 三菱電機株式会社、アオイ電子、栗田工業 ほか多数
企業ホームページ https://www.nara-e.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)