東急リバブル株式会社
トウキュウリバブル
2023

東急リバブル株式会社

東急グループ/売買仲介/賃貸仲介/新築販売受託/不動産開発
  • 株式公開
業種
不動産
住宅/その他サービス
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

「不動産の売買仲介」・「不動産ソリューション」・「賃貸仲介」・「新築販売受託」・「不動産開発業」など、既存の枠にとらわれず、幅広く事業を展開!当社ならではのサービスや事業を創造し、お客様に信頼される企業を目指しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

■常識に囚われず、お客様満足を追求する組織風土■

1972年に大手不動産会社で初の仲介事業に乗り出した東急リバブルは、誕生して以来、お客様一人ひとりの声にお応えしていくため、業界に先駆けたサービスやシステムを提案しながら業界の発展に努めてきました。個人向けの売買仲介を軸に、様々なお客様にご満足いただけるよう、対象エリアや事業領域を拡大しています。これからも多様化するお客様のニーズにお応えするため、さらなる成長と価値創造に挑み続けていきます。

社風・風土

■社員満足度向上に向けた働き方改革に力を入れています■

お客様ニーズの多様化や企業間競争の激化等の社会環境が大きく変化する中で、企業に求められることは変化への対応であり、生産性向上とイノベーションです。当社では、働き方を変えるため、まずは時間と場所に捉われない柔軟な働き方=モバイルワークを推進しています。このような人事制度の整備をはじめ、就労環境の向上も図っています。また社員のキャリア形成支援・意識改革、育児両立支援策等を推進や、シニア社員の活躍推進にも力を入れており、多様な人材の活躍も支援しています。2021年版「働きがいのある企業」ランキング(大企業部門)、4年連続ベストカンパニーを受賞。社員が働きやすい環境づくりにも力を入れています。

会社データ

事業内容 売買仲介:
お客様に寄り添い、地域密着の営業活動を展開
不動産ソリューション:
国内外問わず企業や投資家のお客様の不動産ニーズを幅広く解決
賃貸仲介:
賃貸物件の仲介や、オーナー様に向けて資産運用のアドバイス等も行う
販売受託:
東急グループを中心とした、広く不動産関連企業の新築物件の受託販売を行う
不動産開発:
自社開発の新築マンションおよびリノベーションマンションの用地取得から
分譲までを行う
海外事業:
国内での豊富な不動産取引のノウハウを生かし、
対日不動産投資ニーズに応えている
設立 1972年3月10日
資本金 13億9,630万円
代表者 代表取締役社長  太田 陽一
従業員数(連結) 3,606名(2019年9月末現在)
売上高(連結) 1,209億円(2019年3月期)
1,003億円(2018年3月期)
 836億円(2017年3月期)
 817億円(2016年3月期)
 760億円(2015年3月期)
 722億円(2014年3月期)

※2013年10月より、
東急不動産ホールディングスとして経営統合しているため、
参考値となります。
事業戦略 ■パイオニアとしての東急リバブル■
当社は1972年、国内で初めて「※不動産流通業」に特化した会社として
誕生し、首都圏を拠点とした店舗展開から、個人・中小企業が中心で
あった売買仲介のステージの拡大に貢献してきました。
※大手不動産会社が、不動産流通の専門会社を設立したことが国内初。
 (東急不動産の売買仲介部門より分離独立)

■東急リバブルの将来ビジョン:【3つの業界NO.1】■
1.お客様評価NO.1
地域に密着した不動産流通企業として、お客様の信頼をベースに
業績を伸ばしてきました。お客様のさまざまなニーズにお応えできるよう、
サービスの充実にめており、2012年10月には、「リバブルあんしん仲介保証」を始め、
業界のスタンダードを確立してきました。
これからもお客様評価NO.1を目指し、情報とサービスの充実に努めていきます。

2.事業競争力NO.1
社員が確かな能力を培い、充実して働けるよう専門的・系統的な
教育体系の整備をしています。さまざまな研修を実施し、スキルアップや、
資格取得支援などを全力で行っていきます。
社員の宅建合格率、保有率も不動産業界トップの水準を誇っています。

3.働きがいNO.1
社員一人ひとりが成長し、キャリア形成の為の環境づくりを
大切にしています。意欲的な社員のチャレンジの幅を広げるための、
公募制、FA制、コース転換制度など、様々な制度を設け、
女性社員やシニア社員など多様な人材が活躍するための
環境整備にも努めています。
キャリア支援の一環として、売買仲介営業職の
若手女性社員のスキルアップやメンタル面のサポートを目的とした
「メンター制度」を導入しました。若手社員だけでなく、
アドバイスする側の先輩社員にとっても、良い刺激となっています。
こうした取り組みが評価され、厚生労働省が実施する2015年度の
「均等・両立推進企業表彰」で「東京労働局長優良賞」を
大手不動産流通企業で初めて受賞しました。
また、2020年版「働きがいのある企業」ランキング(大企業部門)で3年連続ベストカンパニー入りを果たしました。


■東急不動産ホールディングスグループとしての総合力■
2013年10月、東急不動産、東急コミュニティー、東急リバブルの
3社が経営統合し「東急不動産ホールディングス」を設立しました。
グループとしての総合力を生かし、幅広い価値の提供に挑戦していきます。
経常利益(連結) 151.5億円(2019年3月期)
139.5億円(2018年3月期)
119.2億円(2017年3月期)
101.2億円(2016年3月期)
105.6億円(2015年3月期)
104.2億円(2014年3月期)
事業所 首都圏、関西圏、札幌市内、仙台市内、名古屋市内、福岡市内

※東急リバブルネットワーク全国195ヶ所(2019年12月26日現在)
関連会社 東急不動産ホールディングスグループ/ 東急不動産、東急コミュニティー、
                          東急ハンズ、東急住宅リース 他

東急グループ/東急株式会社、東急建設、東急百貨店、東急ストア、
          東急エージェンシー 他

子会社/エルスタッフ、東急リバブルスタッフ、リバブルアセットマネジメント、
      リバブル・ピーエイ、東急麗邦投資諮詢(上海)有限公司、
      東急房地産股ブン有限公司(台湾)
沿革 1972年  (株)エリアサービスとして設立
1978年  東急不動産地域サービス(株)に社名変更
1982年  地方主要都市(札幌・仙台・福岡)へ支店開設
1987年  名古屋へ支店開設
      東急不動産近畿地域サービス(株)と合併
1988年  東急リバブル(株)に社名変更
1990年  新築商品販売受託開始
1995年  賃貸仲介の本格的事業進出
1999年  東京証券取引所市場第二部に上場
2000年  ソリューション事業部を設置
2001年  東京証券取引所市場第一部に上場
      賃貸事業本部設置
2003年  リバブルアセットマネジメント(株)設立
2004年  本社を東京都渋谷区道玄坂に移転
2008年  「2007年度 能力開発優秀企業賞」本賞受賞 
      (※一般社団法人 日本能率協会主催)
2012年  中国上海市に「東急麗邦投資諮詢(上海)有限公司」設立
      業界に先駆け、「リバブルあんしん仲介保証」サービス開始
2013年  ルジェンテ事業統括部を設置
      相続税納税を目的とした「相続税立替払サービス」を開始
      東急不動産、東急コミュニティー、東急リバブルの3社による
      持株会社「東急不動産ホールディングス(株)」設立
2014年  台湾台北市に現地法人を設立
      次世代認定マーク『くるみん』取得
      シンガポールの大手不動産会社「オレンジティー・ホールディングス社」
      に資本出資
      レンタル収納事業を開始
2015年  (株)東急コミュニティー、東急リバブル(株)、東急リロケーション(株)
      の3社の賃貸住宅管理事業を東急住宅リース(株)に統合
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)