福井テレビジョン放送株式会社フクイテレビジョンホウソウ
業種 放送
本社 福井
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

報道局 報道部
中道 詩織(23歳)
【出身】中央大学  法学部法律学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ニュースを読むだけじゃない!アナウンサーの仕事は多岐にわたる
普段は、アナウンサーとしてニュースを読むだけでなく、実際に現場に出向いて原稿を書いたり、カメラを回したり、ニュースで流れる映像を編集することもあります。
取材を自ら行うことで、取材内容が頭に入った状態なので、どういう風に伝えればいいのか理解しながらニュースを読む事が出来るのが一番いいところだと思います。毎日違った取材が入るので、同じ仕事はほとんどなく、刺激的で有意義な時間を過ごす事が出来ます。
他にも、番組のロケに出向いたり・・・社内で仕事をするというよりは、外に出て自分が感じたことを伝えられる仕事だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
人と毎日顔を合わせるからこそできる仕事
地元出身ということもあり、取材先で知り合いに会うことも多々あります。私が一番うれしかったのは、取材先で自分が通っていた高校の先生に会ったこと。「いつも頑張っている姿、見ているよ」とほめて下さったときは何にも代えがたい嬉しさがありました。そういった知り合いの方にお会いする中で新たに引き出せる話もあると思うので、色んな人と実際に出会って話すという事が出来るのはこの仕事の醍醐味だと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 色んな仕事を経験する中で得られる成長の度合いがほかの会社とは違う
就活を通して色んな企業を見た中で、やはり自分が昔から見ているテレビ局だったというのが一番の決め手になりました。もともとアナウンサー志望だったので、いくつかほかの県のテレビ局の試験も受けましたが、この局に対する想いはどこよりも一番強かったなと思い返すと感じます。ローカル局だからこそ一人一人の裁量は大きいですが、その分成長できる分野は多岐にわたると思います。ただニュースを読んだり、番組を進行するだけのアナウンサーではなく、色んな仕事を経験しながら知識を身に着けられるのはなかなかないと思うので、そこは一番のメリットかなと思います。
 
これまでのキャリア 2020年4月入社後、報道部に配属。

この仕事のポイント

職種系統 アナウンサー
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

一番大事だと感じるのは、「自分がどうしてこの会社を選んだのか。そしてこの会社に入って何をしたいのか」だと思います。具体的に自分がその会社で働いているイメージができるかどうかも含めて面接などに臨むと、就職活動もスムーズに進むのかなと思います。就活時は、日々悩むこともありましたが、自分をもう一度1から見つめなおすいい機会でもありました。日々感じたことを大切にしながら自分のものにして成長につなげられるような就職活動になることを願っています!

福井テレビジョン放送株式会社の先輩社員

企業にCM枠を売るセールスマン!

営業局営業部
荒井 俊哉
立命館大学 経営学部経営学科

放送の根幹!

技術局 技術部
山口 聡一朗
大阪大学 基礎工学部 電子物理科学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる