株式会社東京フイルム・メートトウキョウフイルム・メート
業種 放送
通信
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価70件~80件
  • 総合評価
  • 4.47 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 事業内容の理解 4.71

先輩社員にインタビュー

編集部
佐藤 圭太(27歳)
【出身】明治大学  理工学部情報科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 撮影された映像を加工し、“スポーツの感動をより多くの人に”。
撮影された素材を尺に合わせて編集し、色味などの加工・テロップ入れなど、映像の仕上げを行う「ポストプロダクション」業務を担当する部署に所属しています。
その中で、私は主にテロップの作成や素材の画像加工などをする編集アシスタント業務をしています。
「こんな映像加工をしたい、特殊効果を付けたい、テロップを入れたい」 などその時々によって求められることが異なります。
ディレクターと相談しながら、ひとつとして同じものがないスポーツ番組を制作し、それが全国に放送された時には、大変やりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
何千何万という視聴者の目に触れる“やりがい”。
自分がデザインしたテロップや加工した映像が実際にテレビで放送されているのを見るとやはり嬉しいです。
特に、昔から見ていた「WOWOWのテニス番組」で自分がデザインしたテロップが採用され、無事放送された時は、この仕事を選んで良かったと感じました。
ディレクターによって編集側に求めらる事は様々なので、コミュニケーションをとりながらテロップを作成していきます。
その過程で、自分のデザインや映像加工の引き出しがどんどん増えていくことに、今は楽しさを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き スポーツ番組を“見る側”から“作る側”に。
とにかくテレビが好きで、何がなんでもテレビ業界に就職したいと思っていました。
特に、編集の仕事に一番興味があり、編集部のある会社を探していました。
その中で、スポーツを中心としたテレビ番組の制作をしている弊社を見つけました。
もともと学生時代にサッカーをしていたこともあり、スポーツが好きだったので、この会社しかないと思い入社を決めました。
 
これまでのキャリア 撮影部(1年間)→編集部(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

仕事をする上で、自分にとって一番優先すべきことをはっきりさせておくことが大切だと思います。
自分がやりたいと思う仕事内容か?、プライベートな時間を確保できる勤務形態であるか?、自分の納得できる給与か?
これら全ての条件を満たす仕事は、この放送業界ではなかなか難しいと思います。
自分にとって優先順位が高いものは何なのか、そこを明確にした上で、「自分に嘘つくことなく就職活動に取り組むこと」が何より大事だと、私自身の就職活動で気づきました。

株式会社東京フイルム・メートの先輩社員

スポーツニュースの撮影、音声からアシスタント業務まで

撮影部
R.M
江戸川大学 社会学部経営社会学科

フジテレビスポーツニュース・中継番組 映像編集

編集部
E.M
大妻女子大学 文学部

テレビ番組の制作

制作部
熊倉 拓也
中央大学 文学部社会学科

営業とテレビ番組のAD及びAP業務

営業企画部兼制作部
堀田 実那
成城大学 社会イノベーション学部社会心理学科

スポーツニュースを中心とした撮影収録

撮影部
前田 貴紀
東京情報大学 総合情報学部総合情報学科

フジテレビ野球番組の制作

制作部
S.U
日本大学 芸術学部文芸学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる