2022年卒向け就活スケジュール!いつから何を始める?

就活を始めよう!と思っても、これからどんなことをすればいいのかわからない。
採用手法やスケジュールの多様化、新型コロナウイルスの影響がどう出るのか不安に思っている…。
そんな人は、2022年卒向け就活スケジュールの全体像を理解するところから始めましょう。

就活スケジュール

2022年卒就活スケジュールは前年から変更なし
ただし、独自スケジュールで進める企業や多様な採用手法が増える

一般的な就活スケジュール

2020 2021 2022 スケジュール表

※リクナビでは、2月中旬からプレエントリーの受付が開始します。応募の内容とあなたの登録情報は3月1日に企業へ送信されます。

2022年卒の就活スケジュールのポイント

  • 「3月会社説明会、6月選考開始」のスケジュールは変わらない
  • 採用手法の多様化や新型コロナウイルスの影響含めて、上記スケジュールにのっとらない企業も出てくる。
    動き方には企業によってバラつきがあるので、行きたい業界・企業の情報収集は広く進めておこう
  • オンラインでのインターンシップ、合同企業説明会、会社説明会、面接が増える傾向に

2020年卒から就活に関するルールの取り決めは経団連(日本経済団体連合会)主導から政府主導に切り替わりましたが、スケジュール自体は「現行の日程を変更する必要が生ずる可能性は高くない」としています。そのため、2022年卒向けスケジュールも従来と大きく変わらず、3月から会社説明会受け付け開始、6月から面接や選考が解禁と発表しています。

しかし2021年卒の就活では、新型コロナウイルスの影響により、多くの業界・企業で採用計画の見直しやスケジュールの後ろ倒しが余儀なくされました。 「新型コロナウイルスの影響による2021年卒採用課題」の調査によると、76.0%の企業が「採用スケジュールの見直し」と回答(就職みらい研究所『【緊急調査 第2回】2021年卒採用活動プロセスの見直しの現状』)。
その結果、6月1日時点での内定率は、2020年卒採用では70.3%だったのに対し、2021年卒採用では56.9%に。7月1日時点で、73.2%となっており、例年の約1カ月遅れで推移したことがわかります(就職みらい研究所『就職プロセス調査』)。
例年は募集を終えている時期まで採用活動を継続する企業も多く、その影響から、2022年卒の採用計画がなかなか立てられなかったケースも見られました。

新型コロナウイルスの影響を受けて、「就職氷河期が来るのではないか」「新卒採用を控える企業が増えるのではないか」と不安に思う方もいるかもしれません。業界によって影響度の差が大きく、企業の中には、2022年卒の採用が難しくなったところも一部あるでしょう。
2021年卒の大学生・大学院生を対象とした大卒求人倍率は1.53倍(2020年6月調査)と、前年の1.83倍より0.3ポイント低下しました(リクルートワークス研究所「第37回ワークス大卒求人倍率調査」)。売り手市場が続いてきたここ数年の流れからは大きな変化が見られます。
ただ、就職氷河期やリーマン・ショック時のような低水準までは落ち込んでおらず、労働力人口が減少していく日本社会において、引き続き新卒採用を続ける企業は多いと予想されます。

また、この1年で採用手法も大きく様変わりしました。「2022年卒においてWeb説明会・面接の割合を増やす」と回答した企業は約27%となっており、オンラインツールを活用した就活はより一般的になっていくでしょう(就職みらい研究所『採用活動中間調査2021年卒』)。

コロナ禍の状況でも、6月1日時点で半数以上が内々定をもらっていることからもわかるように、独自のスケジュールで採用時期や選考を進める企業もあります。3月からは会社説明会参加、エントリーシート提出、選考など、就活が忙しくなるので、行きたい業界・企業の情報を広く集めるなど、2月までにぜひ準備を進めておきましょう。

2021
2 まで
自己分析、業界・企業研究をし、
インターンシップに参加してみましょう!

就活準備の時期。まずは自分が何に興味があるのか、業界・企業研究を進めてみましょう。並行して、自分の興味のルーツや特徴を把握する自己分析を進めることも大事です。

インターンシップに参加し、業界・企業理解を深めるという方法もあるでしょう。2020年卒のインターンシップの参加率は62.2%と年々上がっています。また、インターンシップに参加している学生の方が、不参加の学生より就活を終えた後の納得度が高いという結果も出ています(就職みらい研究所『就職白書2020』)。

企業にインターンシップの実施予定を聞いたところ、新型コロナウイルスの影響で採用計画を立てにくいことから、2022年卒向けのインターンシップについては、実施を「検討中」「未定/わからない」と回答する企業が約4割を占めました。
ただ、実施すると答えている企業は約5割あり、実施しないと決めている企業は約1割という結果になりました(就職みらい研究所『採用活動中間調査2021年卒』)。

一方、就職みらい研究所が行った、2022年卒の学生に対する調査では、2020年9月時点でインターンシップに応募した学生は51.9%、参加した学生は46.8%。平均参加社数は4.03社でした。そのうち、Web(オンライン)開催が3.19社、対面開催のものが1.33社で、Web開催のインターンシップが対面開催のインターンシップの参加社数を上回る結果となりました(就職みらい研究所『2022年卒 インターンシップ・就職活動準備の現状に関する調査』)。
このことから、コロナ禍においても企業にとってインターンシップが重要であるというスタンスは変わらず、Web開催によって機会を提供できるように各社が取り組んでいることがうかがえます。

また、就職みらい研究所が行った、コロナ禍での就職活動実態調査(2020年4月28日~5月8日調査)では、インターンシップ参加・非参加で内定取得率に差があることがわかりました。
「これまでに内定を取得したことがある」と回答した学生のうち、インターンシップ参加者では49.2%、非参加者では24.7%に。その実情を見ていくと、インターンシップ参加者は、企業の情報収集やOB・OG訪問などのさまざまな就活プロセスを、積極的に行っていたことがわかりました。
仕事や働き方についてよりリアルな情報に触れ、企業理解を深めることが、コロナ禍にも影響されにくい就活につながったといえるでしょう。

例年、2月にインターンシップを開催する企業もあります。社会人の先輩に話を聞き、具体的に働くイメージにつなげてはいかがでしょうか。時間に余裕のある準備期なら、スケジュール調整もしやすいでしょう。

2021
3 から
就活が本格化。
興味を持った企業の説明会に参加して、詳しい情報を集めましょう!

3月からは、合同企業説明会やリクルーター、OB・OG訪問など、さまざまな企業、先輩と接触する機会も増えてくるでしょう。オンラインでの実施が増えると予想されますが、時間や距離の制約がなくなり、スケジュール調整がしやすいメリットもあります。これまで進めてきた自己分析、業界・企業研究の結果から、興味を持った企業の説明会に参加して、さらに詳しい情報を集めましょう。

筆記試験や面接が始まる企業もあります。エントリーシートを書くためや、面接のために、直前になって企業研究をやり直す人もいますが、忙しさのあまり体調を崩してしまっては本末転倒。
時間に余裕のあるうちに、自己分析、業界・企業研究は計画的に進めておくことをオススメします。

2021
6 から
多くの企業で選考が解禁。
納得できるまで就活に取り組んでいきましょう!

政府主導の現行ルールで採用を実施する企業では、6月から徐々に内々定が出始めます。

ただあくまでも、就活の目的は内定ではなく「本当に自分にマッチした企業に出会う」こと。企業の採用担当者も、自社にマッチした学生を見つけるまでは採用活動を継続する傾向があります。1年を通して採用を継続している(通年採用)企業、夏休み以降に採用活動を実施する(秋採用)企業もあり、就活スケジュールはあくまで目安。個人差もあり、早く終えることがいいとは限りません。

長い社会人人生を自分らしく過ごせるよう、自分がその企業に対して何の価値を提供できるのか、逆にどんな条件を企業に求めているのかを考えながら、納得できるまで就活に取り組んでいきましょう。

就活の進め方

いつ何を始めればよい?就活準備スケジュール

就活準備が重要とはわかっていても、いつ何を始めればいいの?と思う人もいるでしょう。そんな人に向けて、就活準備としてやっておきたいことを紹介します。なお、どれから着手しなければいけないといった、順番は特にありませんので、できるところから進めてみてください。

やっておきたい就活準備の一覧
インターンシップ参加

就活準備期にぜひ参加したいのがインターンシップ。業界動向や具体的な仕事内容などについて直接話を聞けるほか、そこで働く社員の方の雰囲気、カルチャーに触れられる機会でもあります。

インターンシップ参加企業、あるいは同業種に入社する学生は増加傾向にあり、インターンシップ参加企業へ入社する学生の納得度は8割を超えています(就職みらい研究所『就職白書2020』)。その背景にあるのは、企業と学生の相互理解に必要な対話機会です。
2020年卒向けにインターンシップを実施した企業のうち、「学生との対話の機会を設けている」と答えたのは63.4%に上り、その時間は平均約50分でした。一方、本採用面接での選考過程での対話は、1学生当たり平均約1時間(就職みらい研究所『就職白書2020』)。インターンシップが、企業ホームページや説明会などでは知ることができない“働くリアル”に触れられる貴重な時間となっていることがわかります。

また、就活で学生が知りたいと思った情報と、実際に知ることができた情報には毎年大きな差があります。顕著なのは「社内の人間関係」「採用選考の基準」「残業実績」「具体的な仕事内容」。さらに企業が提供した(「開示している」と回答した)情報と学生が知ることができた情報では、その差はますます開いています。
「具体的な仕事内容」では、企業側の情報提供率が85.8%なのに対し、学生が知ることができたと回答したのは39.5%。本当に知りたい情報を集めることがいかに大変かを示しています(就職みらい研究所『就職白書2020』)。
インターンシップを活用し、ぜひ自ら情報を取りに行きましょう。

企業名などにとらわれすぎず、自分が知りたいことを教えてくれるインターンシップを選んでみるのもいいでしょう。例えば、「営業って実際にどういうことをするんだろう」「マーケティングの仕事って面白いのかな」など疑問があれば、解消してくれるプログラムもたくさんあります。大手企業だから、人気業界だから…という理由で選ぶだけではなく、何が知りたいのかを明確にして、プログラム内容から選んでいくと、得るものも多いでしょう。

新型コロナウイルスの影響で、社会全体でテレワーク活用が求められる中、オンラインでの選考、インターンシップの実施が増えています。「オンライン選考で自分の話が伝わるかどうか」など、不安を感じる方がいるかもしれません。しかし、仕事でもオンライン活用が浸透している今、対面とWebを組み合わせながらコミュニケーションを取ることが、新しい働き方の一環になるでしょう。
変化の真っただ中の就活となりますが、今後の社会変革に適応していくチャンスと考え、オンラインのインターンシップに参加するなど、前向きにチャレンジしていってほしいと思います。

自己分析

自己分析とは、「自分の特徴を理解するために、これまでの経験や考え方を振り返り、整理すること」です。例えば、これまでの人生で進学や部活、ゼミ、アルバイトなど大きな選択をする際に、何を重視して決断してきたのか。感情が大きく揺さぶられたときはどんな瞬間だったのか。人生の出来事を一つひとつ振り返ることで、自分は何に喜びを感じ、何を大切に取捨選択しているのか、何が好きで、何が嫌いなのかといった自分の性質が見えてきます。

コロナ禍で、予定していた学生生活を送れず、心苦しい思いをしている方もたくさんいると思います。悲観しがちな状況下で、自分なりに意味を見いだし起こした行動があれば、それもまた、自分の特性を伝える、一つのエピソードになるでしょう。

そもそも、なぜ自己分析が必要なのか。
それは、自分を客観的に知ることは「自分に合う場所を選ぶ」ことにつながるからです。自分はどんな環境で力を発揮できるか、喜びを感じるかという軸を持ちながら業界や企業、仕事選びができれば、入社後の活躍にもつながります。
また、選考において、企業側から聞かれる質問のすべては、「あなたはどんな人か?」につながっています。自己分析によって、自分の特徴や性質を言語化しておくことは、初めて会う他人(企業の担当者)に自分という人間をわかりやすく伝える上でとても大切です。
自己分析は、就活の時期にかかわらず、いつやってもいいでしょう。普段から、自分の言動を振り返る癖をつけておくのも大切です。

あなたに向いている仕事がわかる「リクナビ診断」を受検しよう
受検する
関連記事
業界・企業研究

業界・企業研究は、自分の志向に合う業界・企業はどこかを見極めるために行います。自己分析によって見えた自分の特徴と、企業が求める要素の共通点は何か。両方が重なる部分を見つけるためにも、業界・企業の理解を深めることが大切です。

企業研究で最も大事なのは、自分とのマッチングを見極めることです。特にカルチャーフィット(社風など、企業文化が合うかどうか)は、異動により仕事内容が変わっても、その企業にいる以上変わらずに求められるでしょう。企業文化が自分に合っているかどうかは、日々のパフォーマンスや幸福感に非常に大きな影響を与えます。就活では、その会社が重視する価値観を理解し、そこで働くイメージを描くことが大切です。
オンラインでの説明会やインターンシップでは、カルチャーを“直接感じる”機会は減ってしまいます。だからこそ、社員の方が話す言葉や内容、企業ホームページなどでよく使われる言葉などから、社風をイメージすることが重要になります。

就活を終えた先輩へのアンケートでは、就職先を確定する際の決め手に「自らの成長が期待できる」が最も高く、その傾向が年々強まっていることがわかっています(就職みらい研究所『就職プロセス調査』)。
従来の長期雇用、年功序列制度が崩れている今、「社会や企業がどう変わっても、働き続けられる力をつける」ことが、新たな“安定”の概念になっているとも考えられます。
入社後に個人のスキルアップや成長をどれだけ支援してくれる会社なのか、キャリアアップの可能性や、業界としての成長性、将来性があるかどうかも大切なポイントになるでしょう。

OB・OG訪問

企業ホームページや公開情報には載っていない“リアルな声”を聞けるのが、OB・OG訪問の最大のメリットです。
新型コロナウイルスの影響でオンラインでのコミュニケーションがより一般的になり、OB・OGの働き方も変わってきていることで、直接会う以外の方法でのOB・OG訪問を行いやすくなりました。OB・OG訪問のためのマッチングサービスを活用するのも一つの方法ですし、身近にいる“働く大人”に話を聞くことでも、「働くとは何か」への理解が深まります。
オンラインの説明会やインターンシップなどで、社風など、会社の中の情報を直接取得しづらい状況だからこそ、OB・OG訪問の機会を増やし、多方面から情報を集めるのもいいでしょう。

OB・OG訪問はいつからでも行えますが、就活が本格化する3月以降は、エントリーシートの提出、説明会参加などで自分自身が忙しくなります。
また、社会人側も、年明け以降はOB・OG訪問の依頼が集中しがちなので、早めに動いておくといいでしょう。

エントリーシートや履歴書の準備

3月ごろにはエントリーシートの提出が重なり、夜な夜な書いても終わらない…といった事態も起こります。
そこで、自己分析、業界・企業研究を進め、ある程度業界が絞れたら、エントリーシートの作成準備を進めておきましょう。
代表的な質問は「志望動機」「自己PR」「学生時代に力を入れたこと」です。コロナ禍で、予定していたイベント、行事、大会などがなくなり、「経験をアピールできなくなった」「話せるエピソードがない」と思う方もいるかもしれません。しかし、華やかな出来事や成果を語ることが就活ではありません。コロナという自分ではどうしようもない外的要因に対し、小さなことでも行動したエピソードがあれば、ぜひアピールしてほしいと思います。

自分の強みと、企業の特徴や求める人材像との共通部分はどこにあるか。双方が重なる点を意識しながら、複数パターンの文章を作成しておいてもいいでしょう。具体的なエピソード、事実をきちんと盛り込むことで、自分にしか書けない内容になります。学校の先輩、社会人の先輩、友人、家族など第三者に読んでもらい、伝わりにくい部分を推敲(すいこう)できると理想的です。

OpenESでエントリーシートを書き始めよう
エントリーシートを書く
関連記事
筆記試験の準備

就活の選考では、筆記試験が実施される企業もあります。国語、数学といった能力に関する問題、適性検査、一般常識問題、時事問題、小論文など、どのような問題が出題されるかは企業によってさまざまです。
リクナビでは言語分野(語彙<ごい>力や文章を読んで理解する力を問うような問題)、非言語分野(計算力や論理的に考える力を問うような問題)に関するリクナビオリジナル問題にチャレンジできる「言語・非言語Webテスト」が体験できます。
ぜひ就活準備の一環として受検してみてください。

リクナビオリジナルの問題にチャレンジしよう
受検する

監修:就職みらい研究所所長 増本 全

記事更新2021年1月12日