愛三工業株式会社アイサンコウギョウ

愛三工業株式会社

(東証一部上場企業)
  • 株式公開
業種 自動車
輸送機器/機械/精密機器/金属製品
本社 愛知
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

FCプロジェクト
匿名(25歳)
【出身】金沢大学  理工学域 電子情報学類卒 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 FCV(燃料電池車)の空気の供給量を制御する製品を開発しています
FCV(燃料電池車)とは、水素と酸素の結合による電気エネルギーによって走る次世代モビリティです。現在私が開発しているのは、FCVの空気の供給量を制御する製品です。詳しくは守秘義務のため言えないのですが、今後FCVをさらに普及させるために、様々な地域や色々な車両の用途に適した製品・システムの先行開発を行っています。必要な空気の流量を計算し、センサの信号に基づいて精密にバルブを開閉するためのモータの制御ソフトを開発する仕事には電子制御の要素が多く、大学時代の知識を発揮できています。担当製品は、すでに営業を通じて世界中のお客様にPRをすすめており、どのお客様からも好反応を得ています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
現象を知り尽くしているのはAisan、その中でも自分が第1人者だという自信。
FCV向け製品は歴史が浅いこともあり、開発は順調にいくことばかりではありません。
以前、寒冷地を模したお客様先施設で実車に搭載して行ったテストで、車が動かなくなってしまいました。FCVの排出物である水によって、バルブが凍結したのです。当時の社内にはその現象を評価する決められた手順がまだなく、自分で考える他ありません。原因を究明する方法を考えて試験を行い、発生メカニズムを突き止め、バルブに水が付着しにくくなるように対策をするまでの一連を、上司のアドバイスを受けながらやり遂げました。この経験が「お客様以上に、この現象を知るのはAisan、その中でも自分だ!」という自信につながっています。企業規模が大きすぎないからこそ、早くから責任ある仕事を、広範囲にわたって任せてもらえることが嬉しいですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社規模が大きすぎないから埋もれずに自分の力をしっかり発揮できる
大学時代は電気電子について学んでいました。就職活動の際には、電気系のメーカーよりも、これから電気・電子系が必要とされる業界の方が活躍できるのではと考え、選んだのが自動車業界でした。たくさんある自動車部品メーカーの中でもAisanは、安定していながらも会社規模が大きすぎず自分の力を発揮できること、設計から評価まで一貫してモノづくりに携われること、さらにFCVという新しい分野に挑戦していること、これらすべてが魅力でした。実際に入社してみて3年経ちましたが、この会社を選んでよかったと心から思っています。
 
これまでのキャリア FCプロジェクト

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では、内定欲しさに自分を作ってしまうことがあると思います。そのため、ついマニュアル本に頼ってしまうのですが、大事なのは自分の意志を大切にすることです。自分を作ったり、飾ったりしても長続きしません。とにかく自分らしさを見つめ直すこと。そうすれば必ず道は開けます。私自身、自分らしさが出せたと感じられるようになってから、内定をいただくことができました。

愛三工業株式会社の先輩社員

新しいモビリティの開発を担当しています!

未来づくり推進部
匿名
信州大学 工学部 電気電子工学科

自動車用燃料ポンプの製品開発・設計を担当しています。

第2製品開発部
匿名
福井大学 工学部 機械工学科

インテークマニホールドの生産準備

生産技術部
匿名
鳥取大学 工学部 機械工学科

車両システムの制御を担当しています

システム開発部
匿名
三重大学 工学部 電気電子工学科

販売計画の策定から受注業務まで行う営業の「納入」業務のプロ。

第1営業部
匿名
南山大学 法学部 法律学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる