株式会社オートテクニックジャパン
オートテクニックジャパン
2022

株式会社オートテクニックジャパン

【クルマ・バイク】研究開発・設計/解析・評価試験・テスト走行
業種
自動車
機械/ソフトウェア
本社
栃木
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

私たちは四輪・二輪・汎用製品の研究開発・品質保証をサポートするテストプロデュースカンパニー。
モビリティ開発に必要な設計・解析から実車のテストまで、これまで培った経験と高い技術に基づいて今とこれからのモビリティ社会を創造していきます。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

あらゆる思考と挑戦から、新たな技術が誕生する

当社は四輪・二輪・汎用製品全般にわたる研究・開発から試作組立などに携わっています。自動車のボディ・ブレーキなど、各種機能部品の強度・耐久テストやテストデータの解析をはじめ、悪路や高速など多様な状況での走行テストを行っており、モノづくりを通してお客様との信頼関係を築いています。失敗を恐れずチャレンジし続けて、社員一人ひとりがプロフェッショナルを目指し精進しています。

魅力的な人材

自他共に認める、元気な会社

企業は「働く人」が核となり成長するものです。だからこそ当社は、知識や技術よりも本人の「やりたい」「モノづくりが好き」という気持ちを重視します。先輩には、「開発段階のクルマに携わりたい」「機械を触ることが好き」という理由で入社した社員がたくさんいます。それでいいんです。その気持ちがより良い商品をつくりだす原動力となるのです。当社は社員が充実して働けるよう、様々な研修制度やレクリエーション活動を用意しています。また、有給休暇消化率100%なので、プライベートも満喫させることが可能です。栃木県には独身寮があるので、遠方の方も安心です。

社風・風土

技術が人を育て、人が技術を進化させる

当社は四輪車・二輪車・機械やものづくりが好きな人たちの集まり。社員全員が共通意識を持っているからこそ、年齢・役職に関係なく良い意見は共に尊重し合える社風です。若いうちから働きやすい環境も整っており、技術者を目指す上で必要な経験を積みながら、スキルアップが可能です。技術の幅を広げ多様な経験を積みながら、スペシャリストへの道を歩むことができます。当社は社員の意欲と能力の発揮を重視し、「人を育て、人が育てる企業」を目指しています。だからこそ私たちは、『学ぶ意欲』と『やる気』を持って挑戦し続ける人を最大限応援します。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応 】 【説明会についての対応 】
状況により、延期・変更の場合もございますので
その際は、対応が決まり次第ご案内します
参加に不安のある方は、個別に電話やメールにて
面談等の相談に応じますので遠慮なくお問い合わせください。

【採用試験応募について】
3月1日より受付いたします。
応募される方は、下記必要書類を送付ください。
・履歴書(写真貼付)
・卒業見込証明書
・成績証明書
・健康診断書

※締切までに発行のできない書類がある場合につきましては、
現時点で揃う書類のみご郵送下さい。
※不足書類については、送付可能日の目安を明記して応募書類を送付してください。
※発行され次第、不足書類を後日追加送付して下さい。

<送付先>
321-3321
栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢4518-14
株式会社オートテクニックジャパン
人財開発課 採用担当
事業内容 ■テスト事業 
単体試験 ・ 実機試験 ・ 走行試験

■設計・解析事業
四輪車設計 ・ 二輪車設計 ・レース車設計 ・ 強度・剛性解析 ・ 各種解析

■組立事業
試作組立 ・ 分解解析

■製品事業
試験装置 ・ 機械加工
企業理念 ■存在理念
わが社は、社員の高い技術力を通して、お客様と社会の発展に貢献し、
わが社を創り支える人々の幸せを実現する

■経営理念
・顧客の期待に応え、新たな期待を創造することで、顧客信頼度No.1の企業を
 目指す
・成果責任を明確にし、安定した収益と、キャッシュフローを実現する
・社員の意欲と能力の発揮を重視し、人を育て、人が育てる企業を目指す
・社員一人ひとりの実績を尊重し、公正に評価し、処遇する
設立 1982年7月 (創業1971年7月)
資本金 4000万円
従業員数 1960名(2019年10月現在)
売上高 199億円(2018年3月期)
代表者 代表取締役社長 高田 隆幸
事業所 本社 (栃木県芳賀郡芳賀町)
栃木テクニカルセンター (栃木県芳賀郡芳賀町)
開発センター (栃木県芳賀郡芳賀町)
首都圏事業部 (埼玉県朝霞市)
西日本事業部 (静岡県浜松市北区)
北海道営業所 (北海道上川郡鷹栖町)
厚木営業所 (神奈川県厚木市)
鈴鹿営業所 (三重県鈴鹿市)
株主 ニッコンホールディングス株式会社(東証一部)
関係会社 Auto Technic Americas, Inc.(米国)
SIAM AUTO TECHNIC CO.,LTD.(タイ)
主要取引先 【国内】
本田技研工業株式会社
株式会社本田技術研究所
日産自動車株式会社
株式会社ホンダアクセス
株式会社ホンダ・レーシング
武蔵精密工業株式会社
株式会社ショーワ
日信工業株式会社
株式会社ユタカ技研

【海外】
Honda R&D Americas,Inc.
Honda R&D Asia Pacific Co.,Ltd
本田技研科技(中国)有限公司
沿革 *1971年07月 
:(株)本田技術研究所車両試験課の要請により、ニッコン・プロモーション(株)を設立、四輪・二輪車の走行テスト・品質管理業務を受託

*1973年05月 
:(株)オートテクニックと改称

*1979年04月 
:(株)本田技術研究所栃木センター発足に伴い、(株)オートテクニック栃木営業所を新設、耐久走行テスト業務を受託

*1982年07月
:テスト部門専業化のため(株)オートテクニック栃木営業所から分社独立、(株)オートテクニック栃木を設立

*1983年04月 
:栃木県芳賀郡に(株)オートテクニック新社屋完成

*1983年12月 
:自動車分解整備事業の認証取得

*1989年05月 
:社名を(株)オートテクニックジャパンと改称

*1989年10月 
:栃木テクニカルセンターを新設

*1989年11月 
:栃木テクニカルセンターにて研究開発業務及びエンジン・ミッション組立業務を開始

*1993年06月 
:浜松テクニカルセンター新設、ATミッション性能解析業務を開始

*1996年02月 
:鷹栖事務所を新設

*1997年04月 
:朝霞出張所新設、(株)本田技術研究所朝霞研究所の業務を受託、 (株)ツインリンクもてぎ(現(株)モビリティランド)の業務を受託

*1997年06月 
:真岡出張所新設、本田技研工業(株)栃木製作所真岡工場の業務を受託

*1998年04月 
:(株)ホンダ・レーシングの研究開発業務を受託

*1999年11月 
:本田技研工業(株)浜松製作所(細江テスト場)の船外機テスト業務を受託

*2000年06月 
:日信工業(株)栃木センターの研究開発業務を受託

*2001年04月 
:本田技研工業(株)埼玉製作所狭山工場の業務を受託

*2002年10月 
:(株)本田技術研究所鷹栖プルービングセンターの耐久走行テスト業務を受託

*2004年03月 
:(株)本田技術研究所朝霞東研究所の研究開発業務を受託

*2005年10月 
:鷹栖事務所を鷹栖営業所として業務拡張

*2006年02月 
:栃木第2テクニカルセンター新設

*2006年06月 
:朝霞テクニカルセンター新設

*2012年05月 
:厚木営業所新設

*2013年10月  
:Auto Technic Americas, Inc.(米国) 合弁会社を設立

*2014年04月 
:開発センター新設

*2014年04月 
:鈴鹿営業所を新設

*2015年12月
:SIAM AUTO TECHNIC CO.,LTD.(タイ) 合弁会社設立
社内クラブ躍進中! 2輪のATS(Auto Technic Sports)をはじめ、様々なクラブが活動中です。
今年も新しいクラブが誕生しました。
活動については Facebookにも載りますのでご覧下さい。

<社内クラブ>
ATS、エコラン、野球、モータースポーツ(女子四輪、鈴鹿、厚木)、スノー、ランニング、農業、ロボット、ジェットスキー、ミニ四駆、ゴルフ
ATJ Facebookページ ATJの社風や雰囲気などをより身近に感じていただけるよう、Facebookページを開設しています。
日々の出来事やちょっとしたニュースなどを掲載していますので、ご覧いただければ幸いです。
当社HP内にFacebookページへのリンクがございます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)