株式会社 杉本組スギモトグミ

株式会社 杉本組

杉本組グループHD/建設/設計/不動産/飲食店経営/生活支援事業
業種 建設
住宅/不動産/建築設計/建設コンサルタント
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

工務部
山田 達也(29歳)
【出身】名城大学  理工学部 建築学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新人の頃はベテランの職人さんに指示一つだすのも苦労・・・
施工管理の仕事は「現場監督者」として施工図から情報を読み取り、職人さんに伝え施工してもらうのがメインの役割です。言葉にしてみると簡単そうに見えますが、右も左もわからない入社当時は自分よりも大ベテランの職人さんに対して指示を一つ出すのにも苦労したのを覚えています。現在担当しているのは名古屋市北区の鉄筋コンクリート造9階建ての共同住宅の新築工事。この案件はお客様が建築士の方ということもあり毎回厳しいチェックが入る一方、お客様と施工側の意思のズレが起きにくいためやり易い現場であるとも感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「山田さんに担当してもらえてよかった」その一言で報われる
建設業はよく「地図に残る仕事」と言われますが、やはり「自分が携わったものが形になった時の喜び」がこの仕事における大きなやりがいではないかと思います。例えば、工期が短く設定されている工事などは「朝早く夜遅い」という勤務状態が慢性的に続き、精神的にキツイと感じることもあります。しかし建物が完成し、お客様から「山田さんに担当してもらえてよかった」と言っていただけた時に、その苦労がすっかり報われるように感じるのです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元密着で名古屋に根を張る杉本組
私は元々福井県の出身で、名城大学の理工学部建築学科へ進学したのをきっかけに名古屋へ出てきました。就職先を探す際にも、大学以来慣れ親しんだ地であるこの名古屋で働きたいと考えていたので、地元密着で名古屋に根を張る杉本組がとても魅力的に映ったのです。実際に入社してみてわかったことは、「社員の年齢が比較的若い会社」ということ。特に私の所属している工務部は20~30代の若手の社員が多くフレンドリーですので「会社に馴染めるか心配・・・」と考えている学生の皆さんには是非入社をおススメします。
 
これまでのキャリア 杉本組工務部・現場監督(8年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「数年後のなりたい自分」をキチンとイメージして就職活動に取り組んでください。

株式会社 杉本組の先輩社員

50代の現場所長の背中に学ぶ

工務部
栃井 文平
愛知工業大学 工学部 建築学科

「段取り7割」で仕事の良し悪しが決まる世界

工務部
山田 満隆
中部大学 工学部 建築学科

不動産の専門家

不動産部
堀内 智史
岐阜大学 教育学部英語英文科 中退

経理を中心に、多岐に渡る業務をカバー。

総務部
三谷 健人
同志社大学 商学部 商学科

お客様の要望を聞きながら柔軟に対応

工務部
松本 一彦
東海工業専門学校 建築ライセンス科

図面からキチンと読み取り、キチンと伝える

工務部
今泉 敦司
名古屋工業大学 工学部 社会開発工学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる