読売新聞社ヨミウリシンブンシャ
  • グループ募集
業種 新聞
広告
本社 東京、大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

販売第一部(販売戦略/西部本社)
下野景士
【年収】非公開
これが私の仕事 担当エリアの販売店と二人三脚で部数増を図っています。
担当エリア販売店訪問が一番の仕事です。
前月までの業務検証と今後の展開の指示、販売戦略提案、経営状況や他紙状況、スタッフ体制の確認など打ち合わせ内容は多岐にわたる。販売店それぞれの強みを最大限に引き出し、弱みがあれば一緒に悩み、解決方法を提示します。ときには酒を酌み交わし熱く語り合うことも。
系列TV局や読売旅行など関連会社や地方支局と打ち合わせ、イベントなどでのPR策を企画・提案するなどグループ力を最大化して魅力発信をするのも重要な仕事です。
担当エリアで巨人公式戦が開催される際は増紙作戦・PR方法などの立案をして指揮を執ります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
人との出会いが最高の醍醐味です。
正担当初任地の熊本北部で、阿蘇山間部の販売店主が辞めることになりました。突然の販売店の引き継ぎでしたが、読者に迷惑はかけられません。後任が決まるまで私が新聞を配達することを決断しました。朝は配達、昼間は新たな販売店経営者を探す日々が続きました。3日目にして候補者が見つかった時には涙が出るほどうれしかったです。
とはいえ、ここからが大変で、新聞販売未経験者に一から教えることになりました。
その後、新米販売店主の努力のかいあって読者が増えたのです!
新聞販売はまさに「人」。人との出会いが最高の醍醐味です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き やるのなら、一番でかいフィールドでやりたかった。
学生時代はインターンハイを目指して、バドミントンに熱中しました。その時に同じ夢を追いかけた仲間が一番の親友になっていることに、就活中に気付きました。
そこで「人と同じ夢に向かって突き進む仕事がしたい」と思い、様々な業種を調べる過程で「新聞社の販売担当社員」を知りました。
日々、新聞を読者の元に届ける販売網は「人」無しでは成立しない。「1軒でも多くの家庭に読売新聞を」という気持ちや、販売網強化を命題に、同じ思いで経営する販売店と新聞社の架け橋として、苦楽を共にする仕事だと知ったときに、「これだ!」。
その中でも、なぜ読売かと問われれば、「やるのなら、一番でかいフィールドでやりたかった」の一言に尽きます。
 
これまでのキャリア 1年目(2006年)西部本社販売第一部>2年目(2007年)西部本社販売第三部>3年目(2008年)晴れて担当社員に!>6年目(2011年)西部本社販売第二部>10年目(2015年)西部本社販売第一部

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職は人生のひとつの岐路。だからこそ、ミスマッチは不幸です。
学生時代、バドミントンしかなかった私は、就活においてもその経験が基準となりましたが、まずは「どんな仕事がしたいか」「それは何故なのか」を熟慮して、業種・職種を選ぶ事が大事だと思います。
就活当時は不安や焦り、不採用の通知に「たった10分の面接で俺の何が分るんだ」と、やけになったりしましたが、焦らずに自らの基準を見つけて欲しいと思います。
あとは情熱と行動力!

読売新聞社の先輩社員

被災地への関心を風化させないために、伝える責任がある。

熊本支局(記者/西部本社)
今村知寛

数ある新聞の中から読売を選んでもらうために、日々駆けまわっています。

広告第一部(広告)
松尾 大輝

日々、野球ファンを楽しませる仕掛けを考え中。

スポーツ事業部(事業/東京本社)
大西宏治

経営にかかわる情勢を予測して、上層部に報告する資料作成を行ってます。

経理部(経営管理/大阪本社)
山岡仁

新聞印刷の品質向上のために奔走しています。

技術二部(技術総合職)
坂本剛志

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる