読売新聞社ヨミウリシンブンシャ
  • グループ募集
業種 新聞
広告
本社 東京、大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

広告第一部(広告)
松尾 大輝
【年収】非公開
これが私の仕事 数ある新聞の中から読売を選んでもらうために、日々駆けまわっています。
読売新聞に掲載する広告を集めてくることが基本的な仕事です。広告主のもとへ企画提案に行ったり、広告会社に通って広告主の動向を取材したりします。テレビからインターネットまであらゆる媒体の中から新聞を、そして数ある新聞の中から読売を選んでもらうために、日々駆けまわっています。
広告局では業界ごとに担当が分けられており、私は電機メーカー、精密機器メーカー、商社などの業界を担当しています。いわゆるBtoB企業が多いので、一般紙に広告を出稿する機会はあまり多くはありません。そのため、どのような提案であれば広告主に読売新聞を使ってもらえるか、どのような企画であれば読者の目にとまるか、常に考えるようにしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規企画の成功に流したうれし涙。
新規企画を立案するプロジェクトに参加した際に、「ロングトレイル」を紹介する企画を実施。流行し始めていたロングトレイルの魅力を紙面を通じて発信すると同時に、グループの読売旅行と連携して体験ツアーを組み、その募集・催行も行うというものでした。もちろん、この企画に魅力を感じて協賛してくれる広告主(それも新規!)が見つかったことも嬉しかったのですが、何より自分が仕掛けた企画が紙面となり、たくさんの読者から反響があったことが本当に嬉しかったです。掲載日当日のお昼頃に読売旅行の担当者から「受付開始早々電話が鳴りやまず、すぐに定員になった。キャンセル待ちも多すぎるので、もう断り始めている。ようやく落ち着いて松尾さんに連絡できた。」と電話が入りました。このときは嬉しくて涙が出ました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「魅力的な商品を届けられる環境がここには、ある」と思ったから。
「広告も大切な情報」と考えている社員が多いと感じたからです。
新聞はもちろん記事が商品です。しかし、新聞紙面に掲載されている広告も、やはり大切な情報なのです。新聞の魅力の一つとして、これまで自分が関心を持っていなかった情報に出会えることが挙げられると思いますが、これは記事だけでなく広告も同じです。
そのように感じている社員が多ければ、より充実した魅力的な新聞を読者に届けられる、そう思い入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 入社1年目(2009年)東京本社広告局広告編成部⇒入社2年目(2010年)東京本社広告局メディア推進部⇒入社5年目(2013年)東京本社広告局ビジネス開発部⇒入社6年目(2014年)東京本社広告局広告第一部

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、たくさんの会社を知ることができる数少ないチャンスです。
視野を広げて色々な会社を見てみてください。
もし志望する業界や会社が具体的に決まってきていても、きっと思わぬ発見や出会いがあると思います。
そうした積み重ねが、自分だけの志望動機や自己PRにつながることもあります。
皆さんとお仕事でご一緒できる日を楽しみにしています!

読売新聞社の先輩社員

被災地への関心を風化させないために、伝える責任がある。

熊本支局(記者/西部本社)
今村知寛

日々、野球ファンを楽しませる仕掛けを考え中。

スポーツ事業部(事業/東京本社)
大西宏治

担当エリアの販売店と二人三脚で部数増を図っています。

販売第一部(販売戦略/西部本社)
下野景士

経営にかかわる情勢を予測して、上層部に報告する資料作成を行ってます。

経理部(経営管理/大阪本社)
山岡仁

新聞印刷の品質向上のために奔走しています。

技術二部(技術総合職)
坂本剛志

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる