東日本電信電話株式会社
ヒガシニホンデンシンデンワ エヌティティヒガシニホン
2022
業種
通信
インターネット関連/情報処理
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

NTT東日本はこれまで、日本におけるあらゆる通信サービスの根幹に携わってきました。128年前、日本で初めて電話が開通。26年前、インターネットの商用利用がスタート。そして今、クラウド、IoT、AI(人口知能)の誕生により、通信に寄せられる期待、果たすべき役割はますます大きくなっています。通信の力で世の中の「つながり」を守り、創り出す。それが通信のリーディングカンパニーであるNTT東日本のミッションです。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

「新しい価値」をうみだし、「新しい時代」へ世の中を導く仕事

「通信」と聞いて何を想像しますか?電話?インターネット?スマホ? 実はもっと多くのシーンで皆さんは通信を利用しています。例えば、信号、コンビニのPOSレジ、ATMやクレジットカードなど、普段「あたりまえ」に利用しているこれらのサービスも、通信の力によって創り出されたもののひとつです。通信のリーディングカンパニーであるNTT東日本は、すべての通信サービスの根幹となる固定ネットワークをつくり・支えるだけでなく、社会のあらゆるプレイヤーとつながることで、「新しい価値」をうみだし、「新しい時代」へ世の中を導くため、日々奮闘しています。

事業・商品の特徴

教育とICT・AIをつなげて、最高の教育環境をうみだせ。

日本の教育現場において、「教育のICT 化」が進んでいます。NTT東日本では、教育のICT化を目指す学校とコラボレーションしてタブレットや電子黒板、Wi-Fiアクセスポイントなどを導入。近年では、AIを活用した英語スピーキング学習を提供しています。AIを活用することで、日本人ならではの英語の発音を理解出来るので、生徒のモチベーションを維持しながらスヒピーキンクグの学習量を増やすことができます。このようにNTT東日本では、ICTを通じて児童・生徒一人ひとりに合わせた教育環境をつくっています。

事業優位性

生活やビジネスを支える巨大な「固定ネットワーク」

ひとびとの生活やビジネスに欠かせない通信を支える、NTT東日本の固定ネットワーク。普段あたりまえのように使っている「LTE」や「Wi-Fi」といった無線サービスも、実は固定ネットワークに支えられているのです。東日本エリア全域に張り巡らされた「光ファイバー」の長さは、なんと地球18周分(72万km)!今後やってくるIoTの時代にも、固定ネットワークは、すべてのサービスの根幹となります。

会社データ

事業内容 東日本地域(※1)における地域電気通信業務(※2)及びこれに附帯する業務、目的達成業務、活用業務
※1北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県及び長野県
※2県内通話に係る電話、専用、総合デジタル通信などの電気通信サービス
設立 1999年7月1日
資本金 3,350億円
従業員数 4,900名(2019年3月現在)
売上高 1兆7,406億円(2018年度)
代表者 代表取締役社長 井上 福造
事業所 本社/東京都新宿区
東日本全域
(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県及び長野県)
株主   日本電信電話(株)100%
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)