理研産業株式会社リケンサンギョウ

理研産業株式会社

【理研産業補聴器センター】
業種 専門店(メガネ・コンタクト・医療関連)
その他専門店・小売/商社(医療機器)/福祉・介護/医療関連・医療機関
本社 愛知、静岡

先輩社員にインタビュー

静岡エリア 店長
永合 裕一郎(34歳)
【出身】静岡大学  農学部 森林資源科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 補聴器の販売,調整,フォロー。補聴器に関わる事は何でもご相談ください!
難聴によりコミュニケーションが不自由になったお客様に、聴力やご使用環境にあった補聴器をご提供し、再びコミュニケーションがとれるようお手伝いを行います。具体的には、店頭や耳鼻科医院での補聴器外来にて、補聴器のご紹介、試聴等の初回のご相談。その後ご相談を重ね、ご購入いただいた方へは、補聴器の点検、調整、カウンセリング等、安定してご使用いただける為のフォローを行います。また店長として、店舗の管理運営、スタッフの教育、アドバイスや、近隣耳鼻科医との面会相談、介護施設などへの対応など、店舗内外で活動をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
きこえと想いを共有する仕事。お客様に教えていただいたやりがい。
入社2年目、あるご年配の女性ご相談者様から非常に暗い表情で目も合わせずに「きこえる人に私の気持ちは分からない。同情して欲しくない。」と厳しいお言葉がありました。難聴を抱える方の心情を共有する事の難しさを痛感した私は、それから今まで以上に誠心誠意、ご相談者様のお話に耳を傾け、少しでもお気持ちを汲み取れるよう試行錯誤しました。その後、再度その女性相談者様をご対応した際、笑顔で私の目を見て「あなたとお話をすると安心できる。またお願いしたい。」とのお言葉を頂き、嬉しくて涙が出そうでした。補聴器は音を増幅しきこえを補助するものですが、同時に心もサポートさせていただけるものだとお客様に教えていただきました。補聴器を通してきこえときこえる安心をお届けする、この仕事の奥深さとやりがいを強く感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 超高齢社会の日本-増加する『補聴器を必要とされる方』へ聞こえを届けたい
自身が仕事をするにあたり、直接的に人の役に立てる仕事をしたいと思って会社探しをした事。
また高齢化社会が進み、補聴器を必要とされる方が今後増えていくと予想され、需要の高まりが期待される本業種に関心を持った事が現在の会社と出会ったきっかけでした。
会社見学の際の現場のアットホームな雰囲気や、社長や採用担当と話をした際に感じた温かい人柄にも安心感を感じました。加えて希望していた地元への勤務を考慮された点も入社の決め手となりました。
 
これまでのキャリア 補聴器販売営業(5年) → 店長職 補聴器販売・店舗管理(現職・今年で6年目)

この仕事のポイント

職種系統 店長(店舗経営など)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

とにかく色々な職種、業界を見て下さい。自分に出来る事から仕事を探す事も大切ですが、それ以上に何をしたいのかをとにかく考え、それに向けて情熱を持つ事が大切だと思います。誇りとやりがいを持って取り組めば相手にもその情熱が伝わります。一生懸命に取り組めて、その結果、人に喜ばれる仕事が出来れば、きっと就職後の毎日もとても充実するものになると思います。

理研産業株式会社の先輩社員

補聴器販売からアフターフォロー

愛知エリア 店長
波多野 貴久
愛知大学 経済学部 経済学科

補聴器のプロとして“よい聞こえ”を提供する仕事

愛知エリア
稲本 勇紀
愛知学院大学 商学部・商学科

補聴器を通してお客様の聞こえをサポートします。

静岡エリア
冨田 大貴
静岡大学 理学研究科 地球科学専攻

店頭や耳鼻科での補聴器相談・販売・アフターフォロー

福井エリア
広瀬 美季
仁愛大学 人間学部 心理学科

店頭や耳鼻科での補聴器相談・販売・アフターフォロー

岐阜エリア
八尋 竜弥
日本福祉大学 経済学部 経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる