株式会社小田急エンジニアリングオダキュウエンジニアリング

株式会社小田急エンジニアリング

小田急グループ/鉄道/電気・土木・軌道工事の施工管理
業種 鉄道
設備・設備工事関連/輸送機器/コンサルタント・専門コンサルタント/メンテナンス・清掃事業
本社 東京

先輩社員にインタビュー

軌道部 喜多見軌道工事事務所
上西 敦士(48歳)
【出身】大阪産業大学  工学部 土木工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 小田急線の線路における軌道工事の施工管理
現在、小田急線の喜多見~和泉多摩川間のレール交換を担当しています。関係各所と綿密な打ち合わせを行い、限られた時間内に無事工事が終了した時の達成感がたまりません。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
またあの人に仕事をやってもらいたいと言われた時がとてもうれしい
2018年に終了した小田急線複々線化工事の中で、1998年頃に高架上で新しい線路の建設を行う仕事をしていた時が最も印象に残っています。
当時はまだ私も若手でしたので仕事の進め方も解らず、よく先輩方に指導を受け、協力会社の職長さんのアドバイスを聞いたりしながら仕事をしていました。今では考えられないくらい頻繁にあった線路切替の準備作業や関係者との打ち合わせ等、ものすごく忙しかった記憶があります。失敗したこともありましたが、長かった工事が終わった今でも、当時先輩や職長さんが言っていた事を思い出しながら仕事をしています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 多くの人の生活にかかわる仕事ができる
いろいろな会社を見ていく中で、線路に関わる仕事に興味を持ちました。実際に仕事をして新しい線路の建設や夜間作業で既存の線路のレール交換などの工事に携わり、完成した線路を列車が何事もなく走っている姿を見ると誇りに感じます。一般的には知られていない仕事かもしれませんが、やりがいは大きいと思います。
 
これまでのキャリア 旧小田急建設(株)入社 → (株)小田急エンジニアリング 海老名軌道工事事務所(6年間)→喜多見軌道工事事務所(1年間)→下北線増立体軌道工事事務所(1年間)→喜多見軌道工事事務所(現職・1年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が一生続けられる仕事=自分が興味の有る(好きな)仕事だと私は思うので、良く考えて選んだ方が良いと思います。

株式会社小田急エンジニアリングの先輩社員

鉄道の軌道工事における施工管理

軌道部 海老名軌道工事事務所
関根 俊
日本大学

軌道工事の施工管理および所内全体の工程管理と作業計画

軌道部 海老名軌道工事事務所
深沢 匡
東京製図専門学校

列車運行に係わる電気設備のメンテナンス

鉄道電気部 大野統括工事所 信通工事所
匿名

送電線、配電線、き電線、電車線路とその付帯設備の新設、改良ならびに保守

鉄道電気部 大野統括工事所 電力工事所
山口 瑠也
神奈川県立平塚工科高等学校 総合技術科機械系

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる