株式会社吉田号
ヨシダゴウ
2022
業種
商社(食料品)
商社(総合)/その他商社
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

『吉田号』は、創業から130年以上を誇る
農産物や加工食品、機械類の専門商社です。

中国で事業をスタートさせ、
日中間の貿易を中心に事業を展開してきました。
農産物の中でも豆類や雑穀類の取り扱いが多く、
日本の食品メーカーの依頼を受けて輸入し、提供しています。

現在ではそのノウハウを生かし、
中国以外にも北米、南米、南アフリカ、東南アジアからの
輸入も手掛け、グローバルに事業を拡大しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

◆ネットワークを活かし、農水産物や加工食品を扱う専門商社◆

1885年、上海にて農産物各種を取り扱い、製油、製粉の製造からスタートした当社は、1945年に日本に引きあげた後は、それまでのつながりを活かして農産物の卸業をスタート。その経緯から、中国とのつながりは強く、日中貿易をメインとして事業を展開してきました。現在は、北米、中南米、オーストラリア、東南アジア、南アフリカなど世界各国との取引にまで事業を拡大。農産物を輸入するだけでなく、産地や原材料にこだわった加工食品の製造を中国で行い、原材料の調達から製造、販売まで一貫して管理できるのも強みです。また、中国向けの食品加工機械などの機器類の輸出代理業務にも対応し、幅広く事業を展開しています。

仕事内容

◆お客様が求める食品を世界各地から日本に取り寄せるお仕事◆

【営業】のミッションは、食品メーカーからの依頼に応じ、必要となる農産物や食品をネットワークを駆使して探し出すこと。新製品の発売をする際の依頼にはさまざまなサンプルを取り寄せたり、ときには現地に赴いて食品の状態や安定的に仕入れられるかを確認することも。【貿易事務】は、商品の輸出入に必要な貿易書類の作成や管理、そのほか、通関のための手配や倉庫での在庫量チェック、空港からお客さま先までの輸送の手配などを担当します。荷物が届かなかったり、数量や内容が間違っていたり、イレギュラーな状況においては、海外の取引先とのメールや電話でのやり取りも行うことも。職種を超えて支え合う風土が根付いています。

会社データ

事業内容 【 輸入 】 穀物、豆類、ナッツ、乾燥果物、水産食品、食品加工品
【 輸出 】 船舶、船舶用機器、食品加工機械、水産物、食品加工品
設立 1959年4月16日
資本金 8000万円
従業員数 32名(***年*月時点)
売上高 163億円(2019年*月時点)
代表者 代表取締役社長 氏山 裕也
事業所 【本社】
東京都中央区八丁堀1丁目11番6号
【福岡営業所】
福岡県福岡市東区塩浜1丁目3番地10号
●海外営業所
北京駐在事務所
上海駐在事務所
大連駐在事務所
●海外現地法人
吉田号貿易(上海)有限公司
吉田号(香港)有限公司
天津吉田号食品有限公司
沿革 1885年 当社の前身「吉田號」創業。上海に本社を設置
1945年 在外会社のため終戦により解散。中国から引き揚げる
1952年 食料統制解除後、ただちに同社の有志により再建を計り「互明商事株式会社」を設立
1959年 互明商事株式会社内に同社系列会社「株式会社万友商会」発足
朝鮮民主主義人民共和国との輸出入業務を行う
1962年 中国より友好商社の承認を受ける
1974年 社名を「株式会社 吉田号」に改称。同時に互明商事株式会社から独立
1977年 東京都中央区八丁堀 互明ビルに本社移転。北京、上海等に駐在事務所を設ける。
1990年 「吉田号(香港)有限公司」を設立
1995年 「天津吉田号食品有限公司」を天津に設立
1997 年 九州 福岡営業所開設
2007年 「吉田号貿易(上海)有限公司」を設立
ホームページ http://www.yoshidago.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)