水戸証券株式会社
ミトショウケン
2022

水戸証券株式会社

東証1部上場
  • 株式公開
業種
証券
生命保険/損害保険
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

水戸証券は、2021年に100周年を迎える独立系老舗証券会社です。“お客さま第一主義”を掲げ、地域に密着した「対面営業」スタイルでお客さまとの深い信頼関係を築いてきました。今後ともお客さまのご期待に応えられるよう、経営側と社員側とが一体となって次の100年に向け更なる飛躍を目指しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

地域密着型の対面営業だからこそ生まれる、お客さまとの深い信頼

近年スマホやタブレットの普及により、どこにいても情報を得られます。AIが投資判断を行うとの話題も耳にします。ただし投資の世界は、政治・経済・世界情勢・企業活動など多くの情報により、その価値が大きく変動します。当社はさまざまなネットの情報、未来が見通せるのではなく過去のビッグデータから分析を瞬時に行うAI、それらを取捨選択し総合的に判断するのは人の力だと考えています。お客さま一人ひとりのニーズに合わせ、真摯に対応できるのが、「対面営業」の強みであり、当社の強みであります。

事業・商品の特徴

「人気商品」+「未来戦略」で様々な商品をタイムリーに提案

お客さま第一主義のもと、推進してきたことの筆頭として「地域密着型の対面営業」が挙げられます。お客さまの大切な資産をお預かりし、運用させていただくからには、お互いが強い信頼で結ばれていることが重要になります。そのためには、地域に根ざした証券会社として、地元の皆さまと実際にお会いし、顔を見ながら豊かなコミュニケーションを育んでいかなければなりません。そんなハートフルな営業方針により水戸証券ファンは着実に増え、現在では中・長期的な商品を中心に、当社戦略商品であるファンドラップの残高は堅調に伸び続けています。

社風・風土

「水戸証券は、顧客・株主・社員にBESTをつくす企業でありたい」

水戸証券は創業100周年に向け、経営側と社員側とが一体となって次の100年を、より豊かなものにしていこうという機運に満ちています。「人生最大の幸福は、正直に働くにあり」とは創業者の言葉ですが、証券会社の仕事は人と人との関わりが全てであり、社員一同実直な対応でお客さまとの絆を深めることが、お互いの幸せにつながると信じています。これからも「水戸証券は、顧客・株主・社員にBESTをつくす企業でありたい」という経営理念を貫き、次の100年に向け、果敢に挑戦し続けていきます。

会社データ

事業内容 ■金融商品取引業
(金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第181号)
設立 1921年(大正10年)4月1日
資本金 122億7,298万円
営業収益 115億3,300万円※2019年3月末現在
従業員数 730名(男533名、女197名)※2019年3月末現在
代表者 代表取締役社長 小林 克徳
事業所 関東一円を中心に26店舗を展開
東京都   本社/本店営業部(東京都中央区日本橋2-3-10)
神奈川県  横浜・秦野
埼玉県   川口・所沢・草加・熊谷・東松山・鶴ヶ島営業所
千葉県   千葉・柏・館山・佐原
茨城県   水戸・日立・土浦・つくば・取手
      石岡・下館・かしま・守谷
栃木県   小山・足利
群馬県   高崎
福島県   いわき
沿革 大正10年(1921年) 4月 小林静が岸正と共同出資で証券業「小岸商会」を開業
昭和2年(1927年)   6月 商号を小林株式店に変更
昭和17年(1942年)  8月 商号を小林証券(株)に変更
昭和19年(1944年)  6月 有価証券業整備要綱に基づき丸水証券(株)を統合、商号を水戸証券(株)とする
昭和23年(1948年) 10月 証券取引法に基づき証券業者として登録
昭和26年(1951年)  6月 協同証券(株)(東京証券取引所正会員)を買収
昭和31年(1956年)  4月 協同証券(株)(形式上の存続会社)と合併し商号を水戸証券株式会社 に変更、本社を東京都中央区日本橋兜町一丁目8番地におく
昭和43年(1968年) 4月 改正証取法に基づき証券業免許取得
昭和47年(1972年) 7月 秦野証券(株)を合併、資本金5億2,000万円となる
昭和49年(1974年) 4月 本社を東京都中央区日本橋三丁目13番5号に移転
昭和60年(1985年) 7月 資本金を30億4,998万円に増資、総合証券となる
                            6月 大阪証券取引所正会員となる
昭和61年(1986年) 10月 水戸コンピュータサービス(株)を設立
昭和62年(1987年)  9月 名古屋証券取引所正会員となる
平成1年  (1989年)  4月 資本金を108億2,498万円に増資、東京証券取引所市場第二部に上場
平成4年 (1992年)  5月 小島証券(株)を合併、資本金108億6,898万円となる
平成10年(1998年)  12月 改正証取法に基づき証券業者として登録
平成11年(1999年)  8月 イセキ証券(株)より営業の全部を譲り受ける
                9月 インターネット取引開始
平成13年(2001年)   5月 水戸コンピュータサービス(株)の株式の一部を(株)日立製作所に 譲渡、 持株比率33%となる
               6月 水戸コンピュータサービス(株)商号を日本金融情報システム(株)に変更
               9月 東京証券取引所市場第一部に指定
平成16年(2004年) 11月 有価証券店頭デリバティブ取引業務の認可取得
平成17年(2005年)   5月 「証券共同事務センター」創設に関する事業提携についての覚書を締結
              6月 資本金を122億7,298万円に増資
平成18年(2006年)   6月 中間配当制度導入
平成19年(2007年)   2月 本社を現在の東京都中央区日本橋二丁目3番10号に移転
平成21年(2009年)   1月 投資運用業として「水戸ファンドラップ」の取扱いを開始
平成23年(2011年) 10月「外国株式」の取扱を開始
平成26年(2014年) 1月 NISA口座開始
平成27年(2015年) 10月投資助言・代理業者として登録
【新型コロナウイルス感染症への対応】 説明会は、予定通り実施いたします。
なお、新型コロナウイルスを含む感染症の予防および拡散防止対策のため、
会社説明会に参加される皆さまには、以下のご協力をお願い申し上げます。

・会場の出入口にはアルコール除菌スプレーを設置しておりますので、
 入室前にご利用ください。

・季節性インフルエンザに代表される感染症などの予防対策をお願いいたします。
 (手洗い・手指消毒、うがい、マスクの着用など)
 当日は、マスク着用のままでご参加いただいて構いません。
 また、マスクをお持ちでない方には当日お配りいたしますのでお申し付けくださ
い。

・予防対策のため、採用担当者もマスクを着用して説明会を行います。
 ご理解をお願いいたします。

・咳エチケット等、皆さまのご協力とご理解をお願いいたします。

・説明会当日、発熱、咳等の症状があり、体調が優れない場合は、
 状況を確認させていただきますので、ご来社前に必ず、当社へ電話連絡をお願いい
たします。

 水戸証券株式会社 新卒採用担当
 TEL:03-6625-4438(受付時間:9時~18時)

感染症対策へのご協力、よろしくお願いいたします。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)