防衛装備庁
ボウエイソウビチョウ
2022
業種
公社・官庁
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【信頼される装備品の創製と国の安全保障への貢献】
防衛装備品の適切な研究開発、生産、維持整備は、我が国の安全保障上、極めて重要です。防衛装備品の構想段階から研究開発、取得、維持・整備といったライフサイクルを通じた一貫した管理が必要であり、防衛装備庁は防衛装備品に関する業務全般を一元的に担っています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

効果的な防衛装備行政に向けて

防衛装備庁は、防衛装備品の適切な開発、生産、維持整備等の我が国の安全保障上、極めて重要な課題に対して効果的な防衛装備行政を実施しています。また、高品質の装備品の一層効率的な取得やコスト管理の徹底を図るため装備品の構想段階から研究開発、取得、維持・整備等のライフサイクルを通じた一元的かつ一貫的なプロジェクト管理等の効果的な防衛装備行政を実施し、我が国の国防を担っています。

魅力的な人材

~研究職~技術的専門知識が、国の防衛に役立つ

航空装備研究所において、対空誘導弾の誘導制御技術に関する研究業務、対艦誘導弾の試験業務に携わっています。<仕事のやりがいについて>研究開発では、新しいことに挑戦する特性上、予期していなかった事象が多々発生します。このようなときでも、防衛省・自衛隊及び製造担当メーカ等が一体となり、原因究明、対策を行い、目的を達成できたときには、苦労した分、感慨もひとしおです。また、研究開発・試験評価に携わった1つ1つの装備品には、各々苦楽の思い出がありますので、これらがユーザである自衛隊に装備されている様子を見る度に、我が国の平和・独立・安全を保つ一翼を担っていることを実感します。

魅力的な人材

~行政職~最先端の技術に携わり自らも成長できる職場

防衛装備品等の取得を前提とした試作及び試験などに関する予算要求や、これらの業務に関わる年度の業務計画の作成などについて、防衛装備庁におけるとりまとめを実施しています。<仕事のやりがいについて>将来の装備品等に関係する予算要求や業務計画の作成など、防衛省・自衛隊における装備品に重要な役割を担っていることから、緊張感や責任がありますが、同時にやりがいも感じるところです。<職場の雰囲気について>私の職場は、一般行政を担当する行政職の職員のほか、主として研究開発に携わっている研究職の職員や自衛官もいるなど、多様な職種の職員がいることもあり、とても活気があります。

会社データ

事業内容 防衛装備品に関する業務全般
設立 2015年10月1日
資本金 -
従業員数 約1,800名(総数)
売上高 -
代表者 防衛装備庁長官 武田 博史
事業所 【防衛装備庁】
〒162-8870 東京都新宿区市谷本村町5-1
TEL:03-3268-3111(代表)

【研究所等】
 ・航空装備研究所
 ・陸上装備研究所
 ・艦艇装備研究所
 ・電子装備研究所
 ・先進技術推進センター

【試験場】
 ・千歳試験場
 ・下北試験場
 ・岐阜試験場
予算高 約5兆2千億円(平成31年度防衛予算)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)