大塚テクノ株式会社
オオツカテクノ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

大塚テクノ株式会社

大塚グループ
  • OpenES
  • 正社員
業種
医療機器
半導体・電子部品・その他/その他製造
本社
徳島
残り採用予定数
1名(更新日:2021/06/18)

私たちはこんな事業をしています

医療品の輸液容器部材の開発・製造からスタートした大塚テクノ。高い品質と安全性が、市場から高く評価され、成長を続けています。また、海外工場も展開するグローバル企業として、アジア圏の医療需要にも対応。2019年には国内に新工場を設立、生産を拡大しています。そして、今まで培ってきた技術力を活かし、新たな医療分野の製品開発にも挑戦しています。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

コミュニケーションが人と技術をつなぎ、プロジェクトを推進する

明るく活発な社員がお互いに交流を深めることで、先輩社員が後輩社員に技術を継承し、若手社員が先輩や上司に自分のアイディアを伝えることができます。意思疎通しやすい環境が、製品開発の原動力となり、会社成長の原動力にもなっています。人と人とのつながりを大切にすることで、開発に関わる技術者や研究者をつなぎ、共にプロジェクトを推進する総合力がうまれます。大塚グループ全体での共同開発や交流も多く、阿波踊りの「うずまき連」の活動や、徳島ヴォルティス主催の親子サッカー教室などイベントも豊富。会社全体の和気あいあいとした交流が、社内の明るい雰囲気を作っています。

待遇・制度

働きやすい環境づくりを

仕事とプライベートを両立できる働きやすい環境を目指しています。有給休暇の取得率は60%以上。ノー残業デーも導入し、社員のワークライフバランスを推進しています。また、イクボス宣言を行い、社員やその家族の幸せを考えた働きやすい職場づくりを目指しています。女性の産休育休の取得率、その後の復帰率は100%。時短勤務の導入や男性の育休取得の後押しなど、育児と仕事の両立をサポートしています。また、大塚グループ所有の保育所は、恵まれた設備環境の中で英語教育やサッカー教室などカリキュラムも充実しています。グループ所有の保養所もあり、福利厚生が手厚く、社員が安心して働くことができる環境がそろっています。

戦略・ビジョン

まだ見ぬ新製品の開発へ繋がる挑戦

医療分野での新商品開発を視野に入れ、研究開発が進められています。今まで培ってきた技術を活かし、新たな医療関連部材や医療用電子機器の開発をおこない、成長を続けます。生産拠点は、国内はもちろん、海外にも展開しアジア圏の医療需要にも対応しています。2019年には国内に新工場を設立し、生産をさらに拡大。人と人とのつながりを大切にし、開発に関わる技術者や研究者と共に医療分野へチャレンジを続けます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

■技術系総合職
・製品開発
医療用製品、精密製品などの製品開発をおこないます。化学、機械、電気などの知識を活かすことができます。
・生産技術
工場内の機械設備の導入や保守・メンテナンス、改良などをおこないます。機械、電気などの知識を活かすことができます。
・技術営業
製品の性能など、技術的な知識を活かした製品提案をおこないます。理系全般の知識を活かすことができます。

会社データ

事業内容 「医療製品」と「精密製品」を事業の柱として展開しております。

■医療用プラスチック製品
点滴用のバッグやキャップ、薬品を保管するためのケースなど、用途に応じた軽くて丈夫なプラスチック製品。当社が最も得意としてきた製品であり、技術的な基盤にもなっています。また、喘息治療用の薬剤吸入デバイスや人工透析の医療機器の製造なども行っており、海外拠点を中心に販売を広げています。これからも医療現場のニーズを拾い上げ、それを的確に製品に反映させていきます。

■スーパーエンジニアリングプラスチック
プラスチックを熟知しているからこそ扱える、高付加価値のプラスチック素材。機能設計によって、金属と同じ性質を与えることもできます。耐熱性、耐薬品性、導電性、耐久性、耐摩耗性を高め、精密機器の部品として利用します。金属の代替ではなく、金属を超えるプラスチック製品を生み出すことができます。

■フープ成形製品
プラスチックと金属を組み合わせた複合部材。高いプラスチック成形技術があるので、ミクロン単位での精密な製品を作ることができます。また、製品の機能や安全性、耐久性を高めることも可能です。様々な電子機器に使われ、特にLEDの普及に伴って生産を伸ばしてきました。

■サーマルプロテクター
これからますます普及することが予測されている、リチウムイオン電池の安全装置。リチウムイオン電池の温度の上がりすぎを防ぎ、安全な使用を実現しています。これまでのプラスチックとその成形技術を土台としながら新しい技術を取り入れ、大塚テクノの新たな事業の柱となるオリジナル製品として、生産を開始しました。
設立 1985年12月2日
資本金 4000万円
従業員数 466名(2020年12月)
売上高 110億円(2020年12月期)
代表者 代表取締役社長 月井 完治
事業所 本社/徳島県鳴門市瀬戸町明神字板屋島120-1
鳴門工場/徳島県鳴門市
鷲敷工場/徳島県那賀郡那賀町
東京営業所/東京都千代田区
海外/楽山大塚科技有限公司(中国四川省)、南京大塚泰邦科技有限公司(中国江蘇省)、Otsuka Techno Vietnam Co., Ltd.(ベトナム ドンナイ省)
主要株主 株式会社大塚製薬工場
大塚製薬株式会社
主要取引先 大塚グループ各社、日亜化学工業株式会社、株式会社関口商事、パナソニックグループ各社
会社沿革 1985年 徳島県鳴門市に、株式会社大塚製薬工場の子会社として、大塚テクノ株式会社を設立
1986年 徳島県那賀郡那賀町(旧鷲敷町)で大塚テクノ株式会社鷲敷工場竣工
1991年 鷲敷第2工場竣工
1993年 鷲敷第3工場竣工
1996年 東京都千代田区に開発部東京事務所開設
1997年 大阪府大阪市に大阪営業所を開設
2004年 鷲敷第4工場竣工
2005年 ISO9001取得
2005年 中国四川省楽山市に楽山大冢科技有限公司設立 
2008年 本社棟竣工
2008年 鳴門工場竣工
2010年 モールドセンター竣工
2011年 中国江蘇省南京市に南京大冢泰邦科技有限公司設立
2012年 鳴門第2工場竣工
2013年 中国江蘇省常州市に常州大冢怡康科技有限公司設立
2019年 鳴門第3工場竣工
2019年 ベトナムドンナイ省に大塚テクノベトナム有限会社設立
2020年 経済産業省認定「グローバルニッチトップ企業100選」

連絡先

大塚テクノ株式会社
人事総務部/中山
〒771-0360 徳島県鳴門市瀬戸町明神字板屋島120-1
TEL:088-683-7111 
Email:Nakayama.Shinichi@otsuka.jp
FAX:088-683-7113
http://www.otsuka-techno.co.jp/
掲載開始:2021/02/15

大塚テクノ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

大塚テクノ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2022における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)