DIC株式会社
ディーアイシー
2022

DIC株式会社

東証一部上場
  • 株式公開
業種
化学
印刷関連/化粧品/繊維/総合電機(電気・電子機器)
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

―Color & Comfort  化学で彩りと快適を提案する―
DICは印刷インキ、有機顔料、PPSコンパウンドで世界トップシェアの化学メーカーです。
1908年、印刷インキの製造と販売で創業し、その基礎素材である有機顔料、合成樹脂をベースとして、
自動車、家電、食品、住宅などの様々な分野に事業を拡大。
現在、世界の60を超える国と地域にグローバルに事業を展開しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

世界を、塗り替えろ。

「現状維持では、後退するばかりである」。その昔、世界的企業の創業者は、そんな言葉を残しました。変革を続ける企業だけが、時代を超え、生き続けていける。だからこそDICは、印刷インキや有機顔料で世界トップシェアという地位に甘んじることなく、攻めの姿勢を貫いています。新興国市場への積極的な進出。ライフサイエンスやエレクトロニクスなど新領域での技術開発。M&Aを駆使した事業拡大。さまざまな挑戦を重ね、マーケットの勢力図や化学の常識、世界の日常を塗り替えていきたい。せっかくなら、冒険的な人生を。DICからの、メッセージです。

事業優位性

世界No.1を誇り、挑戦し続ける。

DICは、有機顔料の世界トップシェアを誇っています。中でも液晶ディスプレイに使われるグリーン顔料は、実に世界シェアの85%を占めます。競争の熾烈なグローバル市場で、首位をつかみ、維持するには『日々挑戦し続けること』が欠かせません。主力のグリーン顔料では業界標準の製品が持つ課題であった「消費電力」と「輝度」の壁を乗り越えた製品開発で圧倒的な首位の座をつかみました。ただ、競合他社も必死で企業努力を続けています。油断すれば、あっという間にシェアを逆転される可能性もあります。だからこそ、他社の追随を許さない圧倒的な技術を追求し続けなくてはなりません。DICの挑戦は続きます。

社風・風土

DICというフィールドで、積極的に失敗してください。

DICの歴史は失敗の歴史です。商業化できるかわからないまま開発したものの、やっぱりビジネスにならなかった。そんな製品が山のようにあります。それでもチャレンジした社員が責任を問われることはありません。なぜなら素材は、いつ日の目を見るかわからないから。私たちの合言葉は、ずばり「失敗を恐れずチャレンジしよう!」。また、業界でいち早く育児休暇制度を導入したり、最近ではテレワークを取り入れるなど、DICは性別問わず働きやすい環境が整っています。トップダウンではなく、現場が主体的に動くボトムアップ型の風土が根付いていますから、若いうちからのびのびと働けます。

会社データ

事業内容 印刷インキ、有機顔料、合成樹脂等の製造・販売
創業 1908年2月15日 (明治41年)
設立 1937年3月15日 (昭和12年)
資本金 966億円
従業員数 連結 20,513名 単体 3,593名 (2019年12月31日現在)
売上高 7,686億円(2019年12月期)
代表者 代表取締役 社長執行役員 猪野 薫
事業所 ◎本店
〒174-8520 東京都板橋区坂下三丁目35番58号 (DIC 東京工場)

◎本社
〒103-8233 東京都中央区日本橋三丁目7番20号 ディーアイシービル

◎国内事業所
本社、2支店、9工場、研究所、美術館
グループ会社数 174社 (国内32社、海外142社) (2019年12月31日現在)
経営の基本的な考え方(The DIC WAY) ●経営理念
絶えざるイノベーションにより豊かな価値を創造し、
顧客と社会の持続可能な発展に貢献する

●経営ビジョン
化学で彩りと快適を提案する
- Color & Comfort by Chemistry -

●行動指針
進取、誠実、勤勉、協働、共生
沿革 1908年2月
 川村インキ製造所として創業(東京・本所)

1937年3月
 大日本インキ製造株式会社を設立(資本金100万円)

1945年3月
 本店を本所から板橋(現・東京工場)に移転

1949年3月
 東京営業所(現日本橋本社)を開設

1950年5月
 株式を東京証券取引所に上場

1961年10月
 株式を大阪および名古屋証券取引所に上場

1962年10月
 日本ライヒホールド化学工業株式会社を吸収合併し、
 商号を大日本インキ化学工業株式会社に変更

1986年12月
 米国サンケミカル社のグラフィックアーツ材料部門を買収

1987年9月
 米国ライヒホールド社を買収

1990年5月
 川村記念美術館(現DIC川村記念美術館)を開館

1999年12月
 仏国トタルフィナ社の印刷インキ部門(コーツ)を買収

2005年9月
 ライヒホールドグループを売却

2008年4月
 創業100周年を機に、商号をDIC株式会社に変更

2009年10月
 ザ・インクテックと国内の印刷インキ事業を統合し、DICグラフィックス株式会社を設立

2017年1月
 太陽ホールディングス株式会社と資本業務提携契約を締結
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)