丸彦渡辺建設株式会社マルヒコワタナベケンセツ

丸彦渡辺建設株式会社

総合建設業(ゼネコン)
業種 建設
建築設計/設備・設備工事関連
本社 北海道
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

札幌支店 土木部 工事グループ
三島 孝信(32歳)
【出身】北海道工業大学(現北海道科学大学)  工学部 社会基盤工学科 卒
【年収】非公開
人を巻き込むコーディネーター
これが私の仕事 未開の土地を切り開き、発電所をつくる!!
現在、徳島県阿南市にて木質燃料を用いたバイオマス発電所の建設工事の現場で働いています。その中で発電所内の道路や、排水路等を計画し工場内の交通を整備する、外構工事を担当しています。この外構工事はメインの建築工事、機械設備工事があるなかで機械の配置や施工箇所について日々打ち合わせし、進めていきます。現場の人員が毎日50人以上入構し、躯体工事が始まるころにはさらに多くなるので大変ですが、他の現場スタッフと一丸となり現場を進めていっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
遂に完成!つながった水道!
入社二年目についた水道工事の現場で、推進工法という立坑という開口部を二か所掘り、その一か所の立坑からもう一か所の立坑に向けて掘進機とドリルがついた機械を先頭につけ、水道管を推し進めていく工法を用いた工事にて、日々狭い管の中を測量して現在の掘進機の位置を確かめながらゴールへと向かい進めていくのですが無事到達させた時が一番嬉しかったです。
今は目に見える部分はマンホールの部分しかないですが、その場所を通る度にその時のことを思い出します。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き カッコいい人材の宝庫!
私が丸彦渡辺建設を知ったのが、同じ大学の先輩に誘っていただいたことから始まりました。就活が始まった大学4年目。先輩がゼミの先生に用事があって大学を訪れており、その時に先輩と話したのが始まりでした。話すまでは、「現場監督をやりたい」としか未来のビジョンがありませんでしたが、資格をたくさん取得しバリバリと仕事をこなしているそんな先輩の話を聞き、この会社に入ればプロフェッショナルになれるのかもと思い話をしているうちに、先輩から「将来何目指してるの?」と聞かれ「現場監督です!」と答えました。先輩はすぐさま「そしたらうち受けてみなよ!」と快く言ってくれ、丸彦渡辺建設を選ぶきっかけになりました。
 
これまでのキャリア 土木施工管理(10年目)
取得資格 : 1級土木施工管理技士、2級土木施工管理技士

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

現在は新型コロナウイルスの影響もあり、私が就活していた時とまた違う悩みや不安があると思いますが、会社は1社だけではないので自分自身も納得できる職場選びをしてください!
その中で、丸彦を選び一緒に仕事ができたら嬉しいので、ぜひお待ちしています。

丸彦渡辺建設株式会社の先輩社員

建設工事の現場監督

札幌支店 建築部 工事グループ
軽部 剛
北海道職業能力開発大学校(応用課程) 建築施工システム技術科
[指向タイプ]ポジティブな実践派

土木工事の現場管理業務

札幌支店 土木部 工事グループ
佐藤 昂樹
札幌工科専門学校 環境土木工学科
[指向タイプ]堅実なサポート役

下水道の布設替え工事の現場監督。測量や写真を行っています。

苫小牧支店 土木課
T.S
北海学園大学 工学部 社会環境工学科
[指向タイプ]頼りになるオーガナイザー

現場管理業務

名古屋支店 工事部 建築工事グループ
A.K
日本工学院北海道専門学校 工業専門課程 建築学科
[指向タイプ]堅実なサポート役

若手に実力を発揮させる仕事、面白さを最大限に

総務人事部人事グループ
岩浪 治郎
北海道大学 大学院 建築工学科専攻
[指向タイプ]活動的なイノベーター

現場管理

東京支店 工事課
S.I
北海道科学大学 工学部 建築科
[指向タイプ]堅実なサポート役

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる