株式会社しんきん情報システムセンター
シンキンジョウホウシステムセンター
2022
業種
信用金庫・信用組合・労働金庫
情報処理/政府系・系統金融機関/ソフトウェア
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

みなさんは信用金庫を利用されたことはありますか?
都市銀行とは異なる信用金庫は地域を支える金融機関として地域活性に貢献しています。
その中で当社は、全国の信用金庫をネットワークでつなぎ、銀行に負けない利便性の高いシステムサービスと信用金庫だからこそ大切にしたい絆、その両立を目指す情報技術を信用金庫業界に提供しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

【社会的使命】中小企業を支え地域活性に貢献する

当社は、全国の信用金庫の総意に基づき、信用金庫業界のシステム化を担う中枢機関として昭和60年2月に設立された会社で、以来さまざまな金融システムサービスを信用金庫へ提供し、地域社会の発展に貢献してきました。私たちの直接のお客様は信用金庫ですが、その先には地域を支える中小企業や個人ユーザーがいます。そのため、当社は、信用金庫の経営・発展に寄与しながら、地域社会の再生・活性化にも貢献していきます。いわば地域社会のインフラを支える、公的使命を帯びた会社といえます。

技術力・開発力

【業界を支えるITソリューション】最先端の技術と金融知識が強み

地域社会の発展を使命とする全国の信用金庫が抱える課題を解決すべく、ITインフラやテクノロジーを提供します。 信用金庫業界全体のITソリューション提供を担う当社はコンサルテーションから、要件定義、開発、運用・保守と一貫サービスを提供し、信用金庫業界そのもののビジネスの変革、成功に貢献します。経済の血液とも言われる金融情報システムには絶対的な正確性と安全性、そしてさらなる発展性が求められます。また、近年におけるフィンテックの普及・拡大の動きを受け、当社においても信用金庫業界の関連団体と連携をとりながら、より利便性が高く、信用金庫に相応しい新たなサービスの提供に取り組んでいます。

会社データ

事業内容 全国にある信用金庫に金融系システムサービスを提供しています。
みなさんの身近な金融サービスであるCD/ATMサービス、インターネットバンキングサービス、電子マネーサービスなど多種多な金融システムサービスを信用金庫へ提供しています。

また、より利便性の高いサービスの提供を目指して、フィンテックを活用した新たな企画・立案の推進、サイバーセキュリティ事案に対する迅速な対応と未然防止の強化にも取り組んでいます。

当社はこれからも信用金庫や信用金庫を利用されているお客様の目線に立った金融システムサービスを企画・開発し、提供していきます。
設立 1985年(昭和60年)2月19日
資本金 45億円
従業員数 227名(2020年1月末現在)
売上高 208億円(2017年3月期実績)
194億円(2018年3月期実績)
197億円(2019年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 服部 順一
本社所在地 東京都中央区八重洲1-3-7 八重洲ファーストフィナンシャルビル12F
事業所 ■厚木センター(神奈川県厚木市)
■神戸センター(兵庫県神戸市)
株主
信金中央金庫

北海道信用金庫、室蘭信用金庫、空知信用金庫、苫小牧信用金庫、北門信用金庫、
伊達信用金庫、北空知信用金庫、日高信用金庫、渡島信用金庫、道南うみ街信用金庫、
旭川信用金庫、稚内信用金庫、留萌信用金庫、北星信用金庫、帯広信用金庫、釧路信用金庫、大地みらい信用金庫、北見信用金庫、網走信用金庫、遠軽信用金庫

東奥信用金庫、青い森信用金庫、秋田信用金庫、羽後信用金庫、山形信用金庫、
米沢信用金庫、鶴岡信用金庫、新庄信用金庫、盛岡信用金庫、宮古信用金庫、一関信用金庫、北上信用金庫、花巻信用金庫、水沢信用金庫、杜の都信用金庫、宮城第一信用金庫、
石巻信用金庫、仙南信用金庫、気仙沼信用金庫、会津信用金庫、郡山信用金庫、
白河信用金庫、須賀川信用金庫、ひまわり信用金庫、あぶくま信用金庫、二本松信用金庫、
福島信用金庫

高崎信用金庫、桐生信用金庫、アイオー信用金庫、利根郡信用金庫、館林信用金庫、
北群馬信用金庫、しののめ信用金庫、足利小山信用金庫、栃木信用金庫、鹿沼相互信用金庫、佐野信用金庫、大田原信用金庫、烏山信用金庫、水戸信用金庫、結城信用金庫、
埼玉縣信用金庫、川口信用金庫、青木信用金庫、飯能信用金庫、千葉信用金庫、
銚子信用金庫、東京ベイ信用金庫、館山信用金庫、佐原信用金庫、横浜信用金庫、
かながわ信用金庫、湘南信用金庫、川崎信用金庫、平塚信用金庫、さがみ信用金庫、
中栄信用金庫、中南信用金庫、朝日信用金庫、興産信用金庫、さわやか信用金庫、
東京シティ信用金庫、芝信用金庫、東京東信用金庫、東榮信用金庫、亀有信用金庫、
小松川信用金庫、足立成和信用金庫、東京三協信用金庫、西京信用金庫、西武信用金庫、
城南信用金庫、昭和信用金庫、目黒信用金庫、世田谷信用金庫、東京信用金庫、
城北信用金庫、瀧野川信用金庫、巣鴨信用金庫、青梅信用金庫、多摩信用金庫、
新潟信用金庫、長岡信用金庫、三条信用金庫、新発田信用金庫、柏崎信用金庫、
上越信用金庫、新井信用金庫、村上信用金庫、加茂信用金庫、甲府信用金庫、
山梨信用金庫、長野信用金庫、松本信用金庫、上田信用金庫、諏訪信用金庫、飯田信用金庫、アルプス中央信用金庫、コザ信用金庫

富山信用金庫、高岡信用金庫、新湊信用金庫、にいかわ信用金庫、氷見伏木信用金庫、
砺波信用金庫、石動信用金庫、金沢信用金庫、のと共栄信用金庫、北陸信用金庫、
鶴来信用金庫、興能信用金庫、福井信用金庫、敦賀信用金庫、小浜信用金庫、越前信用金庫

しずおか焼津信用金庫、静清信用金庫、浜松磐田信用金庫、沼津信用金庫、三島信用金庫、
富士宮信用金庫、富士信用金庫、島田掛川信用金庫、遠州信用金庫

岐阜信用金庫、大垣西濃信用金庫、高山信用金庫、東濃信用金庫、関信用金庫、
八幡信用金庫、愛知信用金庫、豊橋信用金庫、岡崎信用金庫、いちい信用金庫、
瀬戸信用金庫、半田信用金庫、知多信用金庫、豊川信用金庫、豊田信用金庫、碧海信用金庫、西尾信用金庫、蒲郡信用金庫、尾西信用金庫、中日信用金庫、東春信用金庫、津信用金庫、
北伊勢上野信用金庫、桑名三重信用金庫、紀北信用金庫

滋賀中央信用金庫、長浜信用金庫、湖東信用金庫、京都信用金庫、京都中央信用金庫、
京都北都信用金庫、大阪信用金庫、大阪厚生信用金庫、大阪シティ信用金庫、
大阪商工信用金庫、永和信用金庫、北おおさか信用金庫、枚方信用金庫、奈良信用金庫、
大和信用金庫、奈良中央信用金庫、新宮信用金庫、きのくに信用金庫

神戸信用金庫、姫路信用金庫、播州信用金庫、兵庫信用金庫、尼崎信用金庫、日新信用金庫、淡路信用金庫、但馬信用金庫、西兵庫信用金庫、中兵庫信用金庫、但陽信用金庫

鳥取信用金庫、米子信用金庫、倉吉信用金庫、しまね信用金庫、日本海信用金庫、
島根中央信用金庫、おかやま信用金庫、水島信用金庫、津山信用金庫、玉島信用金庫、
備北信用金庫、吉備信用金庫、備前日生信用金庫、広島信用金庫、呉信用金庫、
しまなみ信用金庫、広島みどり信用金庫、萩山口信用金庫、西中国信用金庫、東山口信用金庫

徳島信用金庫、阿南信用金庫、高松信用金庫、観音寺信用金庫、愛媛信用金庫、
宇和島信用金庫、東予信用金庫、川之江信用金庫、幡多信用金庫、高知信用金庫

福岡信用金庫、福岡ひびき信用金庫、大牟田柳川信用金庫、筑後信用金庫、飯塚信用金庫、
田川信用金庫、大川信用金庫、遠賀信用金庫、唐津信用金庫、佐賀信用金庫、
伊万里信用金庫、九州ひぜん信用金庫、たちばな信用金庫

熊本信用金庫、熊本第一信用金庫、熊本中央信用金庫、天草信用金庫、大分信用金庫、
大分みらい信用金庫、日田信用金庫、宮崎第一信用金庫、延岡信用金庫、高鍋信用金庫、
鹿児島信用金庫、鹿児島相互信用金庫、奄美大島信用金庫

2020年2月現在
沿革 ■1985年 株式会社 しんきん情報システムセンター設立

■1986年 しんきんデータ伝送システム稼働
       しんきん個人信用情報システム取扱開始

■1987年 しんきんCDキャッシングシステム取扱開始

■1991年 CDオンライン業態間提携
       厚木センター開設

■1994年 神戸センター開設
            
■1995年 厚木・神戸両センターによるバックアップ体制の構築
            
■1998年 Face To Faceネットサービス取扱開始
       投信窓販共同システム取扱開始

■2002年 しんきん保証システムのサービス取扱開始
       しんきんインターネットバンキングシステムのサービス取扱開始

■2003年 セブン銀行とのATM提携サービスを開始
       しんきん法人インターネットバンキングシステムのサービス取扱開始

■2005年 統合ATMシステムにおける新規業務開始に伴う対応
       ペイジー口座振替受付サービスの取扱開始
               
■2007年 セブン銀行・イーバンク銀行との受取人口座確認業務提携

■2008年 ネット口座振替受付サービス、
              しんきん携帯電子マネーチャージサービスの取扱開始
       イオン銀行とのATM提携サービスを開始

■2009年 JR東日本とのATM提携サービスを開始
       投信インターネットサービスを開始

■2012年 業界インターネットバンキング統合開始

■2013年 しんきん電子記録債権サービスを開始

■2014年 投信窓販システムにおけるNISA制度取扱開始
       JICC個人信用情報システム取扱開始

■2015年 本社を東京都中央区八重洲に移転

■2017年 スマホ口座開設サービスを開始
              サイバーセキュリティ対策にかかる共同利用型サービス開始

■2019年 しんきんバンキングアプリサービス取扱開始
             しんきん即時口座振替サービス取扱開始
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)