株式会社角田鉄工所
カクタテッコウショ
2022
業種
輸送機器
金属製品/自動車/機械/その他製造
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

当社は昭和20年に創業以来、一貫して、自動車部品などの各種鍛造部品の生産を事業としてきました。高いレベルでの品質が要求される自動車部品において、特にクランクシャフトなどの非常に重要な部品の製造を主におこない、卓越した技術でお客さまの求める精度と性能に応え続けてきました。今後も、最新設備を取り入れ技術を磨くことを通じて、より良い製品の製造をめざし、鍛造業界の発展に寄与することを目標としています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

卓越した鍛造技術と最新設備でユーザーの要求に完全対応

昭和20年に創業して以来、蓄積してきた鍛造技術を駆使しこれまでに多くの製品を製造してきた実績がある企業です。特に信頼性が要求される自動車部品においては、クランクシャフトなどの主要部品の製造で、当社の高い技術力と経験を活かした高品質の製品を提供しています。また、グローバル化による競争の激化に対応するため、最新の設備を導入することで、お客さまの要求に確実に応えることができる生産体制を構築しています。長年蓄積された技術や知識・ノウハウを活用しながら、常に世界の動向にも目を向けて最先端の技術を取り入れ、進化を続けてきた企業です。長年の安定した経営と、高い実績を積み重ね今日まで成長を続けています。

仕事内容

職人の技が求められる鍛造技術を身につけることができる職場

鍛造は金属を叩いて成形することで製品を作る技術です。鋳型に流し込む鋳造と異なり、鍛える(叩く)ことで高い強度が要求される部品などの製造に適しています。そのため、自動車のクランクシャフト他部品など、高い信頼性と耐久性が求められる部品が鍛造に向いている製造方法です。当社では、全自動大型鍛造プレスから汎用小型プレス機をオペレーションや高品質な製品管理をはじめ顧客ニーズに応じた生産を続けるべく、それぞれも分野で各職種が活躍しする仕事でもあります。みなさんには、まずは現場で鍛造製法の基本的知識から身につけていただき、いずれは当社の技術を受け継ぐ管理技術者として活躍していただく予定です。

会社データ

事業内容 ○自動車・オートバイ・エレベーター・汎用エンジン等の各種精密鍛造部品の製造
設立(創業) 昭和26年1月(創業昭和20年)
資本金 9,750万円
従業員数 140名
売上高 45億円(2018年3月期)
代表者 代表取締役社長 角田 邦夫
事業所 ■本社
〒174-0071
東京都板橋区常盤台二丁目12番10号
■三芳工場
〒354-0041 
埼玉県入間郡三芳町藤久保1003
■美里工場
〒367-0118
埼玉県児玉郡美里町大字広木1195
沿革 昭和20年10月 東京都北区滝野川町に個人経営にて機械器具部品および農機具製造工場を設立し製造を開始
昭和25年12月 設備拡張のため板橋区志村に移転し、自動車・オートバイ部品の精密鍛造を推進
昭和26年 1月 株式会社に変更
昭和28年 3月 隣接工場を譲り受け本社.工場を拡張
昭和36年 3月 埼玉県入間郡三芳町藤久保1003番地に埼玉工場を新設
昭和39年10月 東京工場を埼玉工場に移転統合
総合設備の合理化.新工場の増設を進め増産体制に入る
昭和42年 9月 1,600トン鍛造プレス1号機新設
昭和44年 5月 1,600トン鍛造プレス2号機新設
昭和47年 1月 板橋優良申告法人に指定される
昭和47年 6月 3,000トン鍛造プレス新設
昭和50年 3月 1,600トン鍛造プレス3号機新設
昭和52年 9月 154,000ボルト特別高圧変電所を新設し受電設備完了
昭和52年10月 4,500トン鍛造プレス新設
昭和52年10月 第9回国際鍛造会議技術見学工場に指定され各国代表来社
昭和54年 3月 イオン窒化装置1トン炉新設
昭和54年11月 埼玉県知事より経営合理化優秀工場として表彰される
昭和56年 4月 埼玉県標準工場に指定される
昭和56年10月 2,500トン鍛造プレス新設
昭和57年 1月 4,500トン鍛造プレス2号機新設
昭和57年 6月 東京通商産業局よりエネルギー管理指定工場に指定される
昭和58年 3月 中小企業庁長官賞受賞(経営合理化優秀工場)
昭和59年10月 埼玉県児玉郡神川町・児玉工業団地内に児玉工場用地取得
昭和61年 7月 2,500トン鍛造プレスに三次元トランスファー装置設置
昭和61年12月 2,500トン鍛造プレスの600KW高周波誘導加熱炉を900KWに増設
平成 2年 3月 4,500トン2号機連続焼準炉.ショットブラスト.自動検査、一貫ライン設置
平成 5年10月 4,500トン鍛造プレス3号機新設
平成 9年 8月 2,000トン鍛造プレス新設
昭和12年 3月 4,500トン鍛造プレス3号機新設 自動化に改造
平成13年 2月 ISO 14001 環境マネジメントシステム認証 取得
平成13年 8月 彫型工場に直彫機導入
平成14年 4月 4,500トン鍛造プレス2号機用 高周波加熱炉(200KW)更新
平成14年11月 ISO  9001  品質マネジメントシステム認証 取得
平成15年 3月 1,000トン切断機新設
平成16年 7月 4,500トン鍛造プレス2号機 自動化に改造
平成17年 4月 第18回国際鍛造会議技術見学工場に指定され各国代表来社
平成17年 8月 4,500トン鍛造プレス1号機用 高周波加熱炉(2,400KW)更新
平成19年 6月 154,000ボルト特別高圧変電所.受電設備更新
平成21年 9月 鍛造離型剤の廃液処理機の更新
1,600トンプレス3号機用ヒーター(500KW)更新
平成25年10月 埼玉県児玉郡美里町に美里工場を新設
同工場に5000トン鍛造ブレス一貫製造ライン設備を設置
ホームページ http://www.kakutaforge.co.jp/
主要取引先 本田技研工業株式会社、スズキ株式会社、SUBARU、ヤマハ発動機株式会社、株式会社ボッシュ、川崎重工業株式会社、株式会社JSテック、柳河精機株式会社、株式会社大村製作所 他
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)