丸善石油化学株式会社マルゼンセキユカガク

丸善石油化学株式会社

基礎石油化学品の製造・販売、塗料・新素材等の研究・開発・販売
業種 化学
プラント・エンジニアリング/その他製造/重電・産業用電気機器/機械
本社 東京

先輩社員にインタビュー

設備管理部 計電課
朝野 雄貴
【出身】中央大学大学院  電気電子情報通信工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 学生時代に学んだ電気工学をいかし、最先端の技術を工場へ導入
現在、工場の電気・計装を扱う部門に所属し、工場スマート化に向けて設備のIoT化の計画を行っています。
当社は1959年に設立し、2019年には60歳の会社になりました。そのような会社なので設備の経年劣化が徐々に目立ってきています。そこで、私に任された業務はメーカーや近隣企業と意見交換しながら、IoT技術を検討し、設備保全の更新を提案するといった業務です。
最先端の技術に触れながら、知見を広げることができるので、自分の成長にも繋がります。一から自分で計画し、大変なこともありましたが、更新機器が正常に動いたときはやりがいを感じました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
工場全体を見渡す大きな仕事に携われること
現在は突発保全業務のゼロ化を目標として仕事をしています。
工場には様々なセンサーなどが張り巡られており、不具合を発見します。そのような不具合をIoTを導入することで、センサー本体の故障なのか、運転上の問題なのかを瞬時に判断できたり、センサー自体の劣化傾向を管理できれば、故障が出る前に部品交換や機器更新を行えますので、突発保全業務を減らすことができます。
また、さらに発展させることができれば工場の無人化が可能になります。もちろん、IoT技術による情報過多を整理・判断する人材が必要となりますので、現状すぐに導入するのは厳しい状況です。
しかし、様々なメーカーが持つ技術を活用できるユーザーとして成長していき、当社の工場に落とし込めばいつかは実現できると夢見ています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 面接官と意気投合 楽しく面接ができました
もともとインフラ業界中心に就職活動を行っていました。
説明会では「いいな」と思う一方、面接では私の表面的な一面しか見てもらえていないように感じてしまうことが多々ありました。だんだんとこの業界や社風には向いていないのではないかと感じるようになり、もっと自分のことを深くまで理解してくれる会社に就職したいという想いが強くなってきました。
そのような中で当社の面接は学生目線で話を聞いてくれる点が印象的でした。
役員面接でも「工場の課題に対してどのような技術で解決できるか」ということについて話をすることが出来、新しい技術を取り入れようとする姿勢を強く感じました。
また面接官である現場の社員が魅力的で意気投合し、この人たちと一緒に働きたいと思い、当社に入社することを選びました。
 
これまでのキャリア 2018年入社→設備管理部 計電課へ配属

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

将来の自分を思い描いて会社を選ぶことが重要です。私は当初、企業ブランドや安定性といった点を重視していましたが、就職活動を進めていくうちに働く環境や場所等、私が思い描いていた将来像とは異なることに気づきました。もちろん仕事内容や収入、一緒に働く人も重要な会社選びの一つだと思います。
企業選びは盲目的にはならず、余裕があるうちにぜひ様々な企業を訪問し、多くの人に話を聞いてみてくださいね。一緒に働けることを楽しみにしています。

丸善石油化学株式会社の先輩社員

技術発展スピードの早い分野で最先端の仕事を

研究所 機能性樹脂開発課
榎本 紗希子
千葉大学大学院 工学研究科 共生応用化学専攻

会社の10年後を見据えた新事業の開発

研究所 新商品開発室
藤浦 健斗
筑波大学大学院 数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻

「研究室で黙々・・・」というイメージとは違う、やりがいのある仕事

研究所機能性樹脂開発課
野嶋 雅貴
神奈川大学大学院 工学研究科応用科学専攻

どこの家にもある洗剤を、作るための材料を扱っています。

基礎化学品二部
峯崎 慶人
千葉大学 園芸学部 応用生命化学科

今後の仲間と真っ先に会う仕事。

事務部 勤労課
吉丸 遥
中央大学 法学部・政治学科

副生する成分を、もっと有効利用するための研究

化成品研究室
川手 崇裕
長崎大学院 工学研究科 総合工学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる