社会福祉法人わらしべ舎
ワラシベシャ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

社会福祉法人わらしべ舎

カレーショップ/無添加石鹸/バイオディーゼル燃料/工芸品/アート
  • 正社員/契約社員
業種
福祉・介護
本社
宮城

私たちはこんな事業をしています

私たちわらしべ舎は、仙台市太白区に拠点を置き、障害者支援事業をおこなっている社会福祉法人です。障害を抱えていても社会と関わり、自立した生活ができるようカレーショップ「桜蔵」で就労を支援。レトルトカレーの製造・販売や、移動販売車出店により、働くことのやりがいを学んでいます。地域環境美化活動や無添加石けんの製造、2021年4月には新施設にアートギャラリーを設置し、アート活動を通して社会へ発信していきます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

職員も利用者の方も強みを活かして働きます

障害を持つ利用者の方たちは苦手なこともありますが、強み(得意)もたくさんあります。私たち職員も同じこと。それぞれの強みを活かした仕事、作業、役割、環境等を作って支援をしています。支援員は利用者さんの魅力を引きだすプロフェッショナル。支援員も個性的で、同じく魅力的。自分の自己実現も可能にしていける、職場環境づくりを行っています。また、わらしべ舎は国道沿いにあり、人々が暮らす地域の中にあります。地域の一員として、地域の一つの資源として、地域の中で役割を担っていくことも大切にしています。

待遇・制度

契約社員でも正社員とほぼ変わらない福利厚生あり

わらしべ舎では働くスタッフに健康で元気に仕事をしていただくため、福利厚生や制度を整え、長く続けて頂ける職場環境になっています。契約社員のうちからでも正職員とほぼ変わらない福利厚生があり、交通費支給や財形貯蓄制度もあり。正社員登用後にはさらに住宅手当、家族手当、退職金制度、昇給や3.5ヶ月+α(仕事に対する評価)の賞与もお渡ししています。元気に楽しく、そして責任感を持って仕事をすることのできるメリハリのある職場です。また、育児休暇もしっかり取得することが可能。働くスタッフの中には、育児休暇後に復帰して働いている方が数多くいます。

採用方針

適性をしっかり判断して仕事をすることが可能

当法人は、正社員のほか入社後半年間(試用期間2カ月間)を契約社員として働き、仕事などを通して判断して頂いたあと、半年後から正社員として働くかどうかを決めることも可能です。また、選考の際には施設実習なども行います。入社前に仕事を経験して頂くことで、入社前と入社後のギャップを少なくすることが可能です。基本は人対人で「誰かと関わること」が仕事になりますが、多様なライフスタイルや個性豊かな人々とのかかわりの中で、広い視野を持ち豊かな経験を得ることができるでしょう。皆様のお越しをお待ちしております!

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆生活支援員
障害を抱える利用者様に向けて、日中活動の支援や生活支援をおこなっていただきます。
◆看護師
医療ケアの必要な利用者様の吸引経管栄養管理、健康管理などをおこなっていただきます。

会社データ

事業内容 ■多機能型事業所運営(就労継続支援B型事業、生活介護事業):レトルトカレー製造・販売、カレーショップ「桜蔵」営業、移動販売車出店
地域環境美化活動(沼の浄化)、EM製品づくり(発酵液、だんごなど)、工芸品作り(サッサドール、コースターなど)、BDF(バイオディーゼル燃料)製造、無添加粉石けん・固形石けん製造・販売、廃油回収

■共同生活援助事業所(3ホーム運営)
■日中一時支援事業所・短期入所事業所
■生活介護事業所(令和3年4月1日オープン):アート活動、アートギャラリー運営、工芸品づくり、デザインTシャツの製造・販売、リサイクル活動
設立 2001年7月
資本金 社会福祉法人のため、なし
従業員数 70人
売上高 社会福祉法人のため、なし
代表者 理事長 中村晴美
事業所 ■本部
〒982-0034
宮城県仙台市太白区西多賀三丁目1-25
沿革 1990 わらしべ舎設立のため第一回準備会開催(7月)
わらしべ舎開所式。仙台市青葉区川平のアパートにて、作業所スタート(12月)
1991 わらしべ舎後援会設立(1月)
みやぎ生協で石けん販売スタート(11月)
1992 第一回入舎式(利用者2名)(4月)
1994 青葉区中山に仙台市有地を借用し、プレハブの舎屋を建設し、移転(8月)
1997 「わらしべ石けん」がみやぎものづくり大賞奨励賞受賞(12月)
2001 社会福祉法人取得(7月)
太白区西多賀に、仙台市有地の提供を受け、わらしべ舎西多賀工房建設着工
2002 わらしべ舎西多賀工房落成式・入舎式(利用者30名)(4月)
カレーショップ「桜蔵」オープン(7月)
2003 レトルトチキンカレー(スパイシー・マイルド)製造・販売開始
2004 自立体験ステイモデル事業として「なかまの家」開始
アビリンピック(喫茶サービス事業部門)にて、利用者が最優秀賞受賞
2006 利用者1名 施設内就労(給食厨房)開始
牛たんカレー製造・販売開始
天沼にEM活性液を投入し、水質浄化活動開始
ケアホーム「ハーモニー人来田」開所
2007 利用者1名 「レオック東北」に給食調理業務として、就労
2008 利用者2名 「びすたーり」と「新陽ランドリー」に就労
県・市からの補助金の助成を受け、カレー厨房増改築、回転式圧力釜及び大型冷蔵庫、BDF(バイオディーゼル燃料)工房増設
カレー移動販売車・BDF製造装置寄贈
ケアホーム「ハーモニー緑ヶ丘」開所
2009 カレー移動販売車による楽天・宮城教育大学の販売開始
BDFを送迎バスに使用開始
2010 障害者自立支援法の多機能型施設(就労継続支援B型事業・生活介護事業)として、移行
2011 東日本大震災にて、ケアホーム「ハーモニー緑ヶ丘」被災。「ハーモニー金剛沢」として移転(5月)
2013 グループホーム「ハーモニー日本平」開所(3月)
2014 グループホーム「ハーモニー山田北前」開所(10月)
2泊3日大阪利用者旅行実施(11月)
2015 カレーショップ「桜蔵」改修工事。リニューアルオープン(4月)
2016 仙台市障害者家族支援等推進事業「ひだまりステイ」開所(2月)
2017 建て貸し方式によるグループホーム「ハーモニー西の平」開所(11月)「ハーモニー西の平」開所に伴い、「ハーモニー人来田」、「ハーモニー日本平」は閉鎖、「ハーモニー金剛沢」、「ハーモニー山田北前」は自立型ホームとしてリニュアルスタート
2020 仙台市障害者家族支援等推進事業「ひだまりステイ」閉所(9月)
2020 日中一時支援事業・短期入所事業「ひだまりステイ」開所(10月)
2021 生活介護事業所「わらしべ舎羽黒台工房」開所予定(4月)

  
ホームページ http://www.warashibesha.com
【 新型コロナウイルス感染症への対応 】 ・ 説明会会場でマスクのない方には配布します。(数に限りがございます。)
・説明会会場にアルコール消毒薬を用意します。
・予定どおり自社にて説明会を実施します 。
 体調不良の方、来社 に不安のある方は、個別に電話にて面談等の相談に応じます 。

連絡先

社会福祉法人わらしべ舎
〒982-0034
宮城県仙台市太白区西多賀3丁目1-25
担当:山田
TEL:022-307-6320
掲載開始:2021/03/01

社会福祉法人わらしべ舎に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人わらしべ舎に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2022における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)