株式会社気象工学研究所
キショウコウガクケンキュウショ
2022

株式会社気象工学研究所

関西電力グループ
業種
コンサルタント・専門コンサルタント
シンクタンク/その他サービス/ソフトウェア
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

平成16年9月27日、「気象工学」を通じて、社会の安全・安心に貢献することを目的に当社は設立されました。
「気象工学」とは、社会が求める気象関連のニーズに対応するため、
サイエンスとしての気象学と観測・データ処理・モデル化といった
工学的プロセスを融合させた新たな研究・技術開発分野。
この技術を防災をはじめ、様々な産業に応用することで、
リスク管理など安全・安心、生産性向上などに寄与していきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

関西電力グループの一員として社会の安全と安心に貢献しませんか

気象工学研究所は、関西電力と京都大学のサポートのもと誕生しました。ゲリラ豪雨・台風・雷・暴風・豪雪・地球温暖化・・・増大する様々な気象災害への挑戦と自然エネルギーの活用をテーマに日本だけではなく、海外とも積極的に技術交流を行い、最先端の気象及びIT技術を駆使することで、社会に貢献しています。私たちの特徴は、気象情報に関するあらゆるニーズに、最高峰の技術で対応できること。気象・防災・自然エネルギーに関わる、種々の研究及びシステム開発・構築・運用を通じ、官公庁、国内外の研究機関、大手電力会社等から高い評価を得ています。このような当社で、あなたも活躍してみませんか!!

技術力・開発力

研究成果を海外で発表!!

様々な産業に対応したデータ解析だけが私たちの仕事ではありません。新しい気象に関する研究・技術開発していくのも私たちの大切な役割です。現在、カタチになりつつあるもののひとつに、ゲリラ豪雨の予測方法の研究。これは産学共同で研究を行っていて、すでに国内の学会でも発表を行っています。このように新しい気象技術を研究し、国内で4~5回、年に一度は米国や欧州の学会にも参加する機会があります。少数精鋭ということもあり、手をあげれば全員に学会に参加するチャンスがあり、コンサルティングと並行して、より高度な気象研究・技術開発のできる環境となっています。

技術力・開発力

積乱雲を3D化!!

私たちの特徴は、気象データ解析や気象研究・技術開発だけでなく、それをより使いやすいIT技術を駆使していることにあります。当社には、気象学の専門家だけでなく、ITの専門家であるシステム技術者の採用も積極的に行っています。また、自社のシステムだけではなく、大手の電力会社から受注したシステムを設計から手掛けるなど、システム開発部門としての機能もあります。このように、気象という専門性も高めながら、幅広くシステム開発に関わることで技術力を高めることも可能です。

会社データ

事業内容 ●気象および防災全般に関する調査・研究
●国立大学法人京都大学の気象及び防災全般に関する学術的研究成果を活用した事業
●気象及び防災情報の観測、予測、加工、配信、提供及び解説
●気象及び各種観測装置の販売、リース、設置、修理及び保全点検、並びにこれらに付帯する土木建築工事
●気象及び防災コンサルティング
●気象に関する講演、講習、シンポジウムの開催及び資料提供
事業登録 ●国土交通省
・建設コンサルタント 建01第8270号

●気象庁
・予報業務許可事業者 第88号

●測量業者
・第(1)-32102号

●建設業
・大阪府知事許可(般-1)第139370号(電気通信工事業)
・大阪府知事許可(般-1)第139370号(土木工事業)
設立 平成16年(2004年)9月27日
資本金 1000万円
従業員数 48名
売上高 6億7,435万円(2019年3月期)
代表者 代表取締役 小久保鉄也
出資企業 合同会社 K4 Ventures(ケイフォーベンチャーズ)
関連会社 関西電力株式会社
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)