ヒビノ株式会社
ヒビノ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

ヒビノ株式会社

JASDAQ上場/音響/映像/音楽/PA/イベント/ライブ/コンサート/LED
  • 株式公開
  • OpenES
  • 正社員
業種
家電・AV機器
商社(電機・電子・半導体)/芸能・芸術/機械設計/その他サービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

私たちは、<音と映像のプロフェッショナル>として、
日常生活からエンターテイメントのシーンまで、
音と映像に関して、広く事業を展開しています。

例えば、テレビやラジオから流れるサウンド、
ライブやコンサートのスピーカーやモニター、
街頭や商業・スポーツ施設のディスプレイなど。

これまでにない新しい価値や体験から生まれる、
「!」=「夢」や「感動」をお客様に提供し続けることが私たちの使命です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

<音と映像のプレゼンテーター>

ヒビノは、音と映像の分野において、販売とサービスの事業を展開しています。販売事業ではプロ用音響機器を輸入し、ホールや放送局等へ納入しています。ただ機器を販売するのではなく、システム設計から施工・修理まで一貫したサービスを提供し、メーカーと同等のサポート体制を築いています。私たちは販売する商品に愛と矜持と技術力を注ぎ、お客様が求める最高のモノを提供しています。サービス事業では、ホール等の会場に音響・映像機器をレンタル・設置し、業界トップクラスのエンジニアがオペレーションを行います。音と映像に関するモノとサービスを提供し、<音と映像のプレゼンテーター>として感動を届けることが私たちの仕事です。

戦略・ビジョン

成長の”その先”を見据え進化する

設立56周年を迎えたヒビノは、最新鋭の機材とプロフェッショナルな人材のもと、音と映像の「こだわりカンパニー」という業界のなかでも稀有な存在として成長してきました。ヒビノはいま、「売上高1,000億円」、「世界のヒビノ」という壮大なビジョンを掲げています。実現するために不可欠なのは、社員一人ひとりが「進化」をしていくこと。どの分野においても、最前線の現場に立つ社員が現状に甘んじることなく、未来を切り拓いていくことで、ヒビノは次なる100周年に向けた「進化」をしていきます。

社風・風土

<ヒビノイズム>

私たちは、創業時から大切にしていることがあります。それは、「今までやったことがないこと」、「オンリーワンであること」へ挑戦し続ける<ヒビノイズム>を継承すること。例えば、現在の「夏フェス」の先駆けとなる、1971年の野外フェスティバル<箱根アフロディーテ>への機材サポートや、20万人を集客する国内最大規模のコンサートの音響と映像の演出を担当するなど、これまでに誰も挑戦したことがない取り組みを実現してきました。私たちは、これまで培ってきた技術やノウハウを活かし、音響や映像のリーディングカンパニーとして、今後も更なる取り組みにチャレンジし、エンターテイメント業界に貢献していきます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

ヒビノでは事業部門ごとに業務が異なるため、各事業部ごとに採用を行っています。

<ヒビノプロオーディオセールスDiv.>
 事業部内総合職

<ヒビノクロマテックDiv>
 ソリューション営業/フィールドエンジニア

<ヒビノサウンドDiv.>
 サウンドシステムエンジニア

<ヒビノビジュアルDiv.>
 映像オペレーター

会社データ

事業内容 業務用音響機器の販売・システム設計及び施工・メンテナンス
映像ディスプレイ及び周辺機器の開発・製造・販売
コンサート・イベント用音響システム及び映像システムの企画立案、機器の貸出、オペレート
コンサート・イベントの録音、中継、トラックダウン、オーサリング
設立 1964年11月13日
資本金 17億4,865万円(2020年9月30日現在)
従業員数 単体:559名(2020年9月30日現在)
連結:1,319名(2020年9月30日現在)
売上高 単体:180億円(2019年度)
連結:408億円(2019年度)
代表者 代表取締役社長  日比野 晃久
事業所 ■本社:東京都港区港南3-5-14
■日の出:東京都港区海岸
■東雲:東京都江東区
■札幌:北海道札幌市西区
■仙台:宮城県仙台市太白区
■横浜:神奈川横浜市港北区
■名古屋:愛知県名古屋市中村区
■大阪:大阪府吹田市豊津町
■福岡:福岡県福岡市博多区
沿革 1956年:ヒビノの前身となる、テレビ販売修理店を開業
1964年:ヒビノ電気音響株式会社を設立。
      業務用音響機器の設計・販売・修理業務を開始
1971年: コンサート音響事業へ参入
1984年: 映像部を設置し、本格的に映像業務を開始
1988年: 社名を、ヒビノ電気音響株式会社から「ヒビノ株式会社」へ変更
2002年: 映像製品の開発・製造・販売事業へ進出
2006年: ジャスダック証券取引所(※1)に株式を上場(証券コード:2469 )
             (※1現 東京証券取引所JASDAQ<スタンダード>)
      株式会社メディア・テクニカル(※2)を完全子会社化
     (※2 現商号:ヒビノメディアテクニカル株式会社)
2007年: Hibino Europe Limitedを設立
       Hibino Asia Pacific Limitedを設立
       株式会社ヘビームーン(※3)を完全子会社化
             (※3 現商号:ヒビノインターサウンド株式会社)
2008年: スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト株式会社を完全子会社化
2010年: Hibino Asia Pacific(Shanghai) Limitedを設立
      ビクターアークス株式会社(※4)を持分法適用関連会社化
     (※4 同社は2014年7月、株式会社JVCケンウッド・アークスに商号を変更。)
2013年: 株式会社ベスコ(※5)を完全孫会社化
     (※5 現商号:ヒビノベスコ 株式会社)
       株式会社エィティスリーを完全子会社化
       株式会社ファーストエンジニアリング(※6)を完全子会社化
     (※6 現商号:ヒビノライティング株式会社)
2014年: コバレント販売株式会社(※7)を完全子会社化
     (※7 現商号:ヒビノイマジニアリング株式会社)
       設立50周年
       株式会社メディアニクスを完全孫会社化
2015年: 日東紡音響エンジニアリング株式会社(※8)を完全子会社化
     (※8 現商号:日本音響エンジニアリング株式会社)
2016年: 株式会社エレクトリを完全子会社化
      株式会社JVCケンウッド・アークス(※9)を子会社化
     (※9 現商号:ヒビノスペーステック株式会社)
2017年: アメリカに現地法人(完全子会社)Hibino USA, Inc.及びH&X Technologies, Inc.を設立
2018年: 子会社日本音響エンジニアリング株式会社がタイに現地法人(子会社)NOE Asia        
              Pacific Company Limitedを設立
2018年: ヒビノエンタテインメント株式会社を設立
            株式会社テクノハウスを完全子会社化
2019年: 1月 韓国Sama Sound Inc.、Sama D&I Co., Ltd.及びSama CDS Inc.を子会社化
              2月 子会社Hibino USA, Inc.がアメリカTLS PRODUCTIONS, INC.を子会社化
              4月 日本板硝子環境アメニテイ株式会社を完全子会社化
       (※10 現商号:日本環境アメニティ株式会社)
              8月 子会社日本音響エンジニアリング株式会社が株式会社サンオーを完全子会社化
     12月 オランダ王国に現地法人(完全子会社)Hibino Europe B.V.を設立
2020年: 2月 株式会社シグマ映像を完全子会社化
グループ会社 ヒビノスペーステック株式会社
ヒビノインターサウンド株式会社
株式会社エレクトリ
ヒビノイマジニアリング株式会社
株式会社テクノハウス
日本環境アメニティ株式会社  
日本音響エンジニアリング株式会社
株式会社サンオー
ヒビノメディアテクニカル株式会社
株式会社シグマ映像
ヒビノベスコ株式会社
ヒビノライティング株式会社
ヒビノエンタテインメント株式会社
株式会社エィティスリー  
Sama Sound Inc.
Sama D&I Co., Ltd.
Sama CDS Inc.
NOE Asia Pacific Company Limited
Hibino Asia Pacific Limited
Hibino Europe Limited
Hibino Asia Pacific (Shanghai) Limited
Hibino USA, Inc.
TLS PRODUCTIONS,INC.
H&X Technologies, Inc.
平均年齢 43歳9ヶ月(2020年3月31日現在)
従業員比率 男性:80%
女性:20%

連絡先

〒108-0075
東京都港区港南3-5-14
ヒビノ株式会社 新卒採用担当

TEL:03-5715-1665
Email:saiyo_jinji@hibino.co.jp
URL:http://www.hibino.co.jp/
掲載開始:2021/02/15

ヒビノ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ヒビノ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2022における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)