山崎製パン株式会社
ヤマザキセイパン
2022

山崎製パン株式会社

パン・和菓子・洋菓子等の製造販売、自社業態店の運営
  • 株式公開
業種
食品
その他専門店・小売/外食・レストラン・フードサービス/コンビニエンスストア
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

「お客様にご愛顧頂き、売上高(連結)17年連続増収」
私たちは、創業時より「良品廉価」「顧客本位」の企業理念のもと、潜在需要に着目し、イノベーション(技術革新)によって需要を創造するべく、日々挑戦を続けています。ヤマザキは、最終消費者向けの製品を製造しているBtoC(Business to Consumer)の会社!お客様の笑顔に貢献でき、それを実感できる仕事がしたいあなた、ヤマザキにはその体制が整っています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

ヤマザキの事業特徴は「安定性・成長性・オンリーワン」

ヤマザキは、主食であるパンや嗜好品としての和洋菓子などを製造し、日本の食文化を支えており、17年連続増収している食品メーカーです。また、生産から物流、販売まで手掛けるオンリーワンのビジネスを展開しています。高品質な製品を追求し、お客様に責任を持ってフレッシュな製品をお届けし、市場動向を掴むことができる会社です。

仕事内容

圧倒的な新製品開発力!

製パン業界売上No.1の実績を持つヤマザキですが、若手のアイデアを積極的に取り入れ、多様化するお客様のニーズに応えるべく、新製品開発を行っています。生産部門、営業部門が一体となり、お客様が何を求めているのか追求し、事業所ごとに製品開発をしています。市場に出る新製品は年間約3000品!!この圧倒的な新製品開発力がヤマザキの成長の原動力となっています。

企業理念

「良品廉価」「顧客本位」

常に高品質で安全な製品(良品)をお買い求め頂きやすい価格(廉価)でご提供すること、これが「良品廉価」であり、ヤマザキの姿勢です。『顧客本位』とは文字通り「顧客:お客様」、「本位:第一」であり、物流から販売まできめ細かいサービスを行い、お客様の求めていることに応えるという、営業部門の原点となる考え方です。

会社データ

事業内容 パン、和・洋菓子、調理パン・米飯類の製造・販売、製菓・米菓の販売、ベーカリーの経営、コンビニエンスストア事業
設立 1948(昭和23)年6月
資本金 110億1,414万3,000円
従業員数 1万9,490名(2019年12月期)
売上高 単体:7,537億円(2019年12月期)
連結:1兆611億円(2019年12月期)
経常利益 276億21百万円(2019年12月期)
代表者 代表取締役社長 飯島延浩
事業所 ○本社:東京

○工場:北海道、青森、宮城、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡、熊本に全国計28ヵ所

○海外:アメリカ、フランス、中国、香港、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナムの10カ国・地域
売上構成比(単体) (2019年12月期)
食パン  13.7%
菓子パン 47.9%
和菓子  10.3%
洋菓子 15.1%
調理パン・米飯類 6.3%
製菓・米菓・その他商品類 4.8%
ようかん・デザート 0.6%
冷凍パン生地 1.3%
ヤマザキグループ (株)不二家
(株)サンデリカ
ヤマザキビスケット(株)
(株)ヴィ・ド・フランス
(株)東ハト
(株)イケダパン
大徳食品(株)
ヴィ・ド・フランス・ヤマザキ,Inc.
(株)ヴイ・ディー・エフ・サンロイヤル
(株)スリーエスフーズ
(株)サンキムラヤ
(株)高知ヤマザキ
(株)末広製菓
(株)ヤマザキ物流
(株)サンロジスティックス
(株)ヤマザキエンジニアリング

上記16社含 国内40社 海外14社 計54社
自社業態店 デイリーヤマザキ
ニューヤマザキデイリーストア
ヤマザキショップ
ヴィ・ド・フランス
デリフランス
サンエトワール
サンブーランジュリ
ハースブラウン
シェ・レカミエ   他
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)